« 今日は小寒 | トップページ | ツボ、ツボ、ツボ! »

手の動き

新学期は、推拿手法という授業があり、理論の勉強と手の動かし方の練習をします。

今日は、丁氏滾法(dingshigunfa)という手の動きを習いました。

これが本当に難しい。手首を柔らかくして、第5中手指関節を支点にして動かすのですが、何度やっても手首の動きが固く、まるでロボットのよう・・・。

毎日練習しないとこれまただめなようです。

今までで2つの手法を習ったのですが、力を入れるより、力を抜くほうが難しいことをつくづく感じています。

うまくリラックスできる方法を研究しなければいけませんね。

そうそう、この手を揺らして行う手法は、中国の推拿独特なものだそうで、他のさすったり、押したりする方法は色々な国の伝統的なマッサージに取り入れられているそうです。

こういう歴史も調べてみると面白そうです。

でも、まずは手の動きの練習から始めます。

|

« 今日は小寒 | トップページ | ツボ、ツボ、ツボ! »

学校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は小寒 | トップページ | ツボ、ツボ、ツボ! »