« 今日は雨水 | トップページ | 中間試験! »

ツボの復習(胃経)

今日は、昨日学校で習った足陽明胃経のツボの復習を。

1.経脈の循行

胃足阳明之脉, 起于鼻, 交頞中, 旁约太阳之脉, 下循鼻外, 入上齿中, 还出挟口, 环唇, 下交承浆, 却循颐后下廉, 出大迎, 循颊车, 上耳前, 过客主人, 循发际, 至额颅.

其支者, 从大迎前, 下人迎, 循喉咙, 入缺盆, 下膈, 属胃, 络脾.

其直者, 从缺盆下乳内廉, 下挟脐, 入气街中.

其支者, 起于胃下口, 循腹里, 下至气街中而合.  以下髀关, 抵伏兔, 下入膝膑中, 下循胫外廉, 下足跗, 入中指内间.

其支者, 下膝三寸而别, 下入中指外间.

其支者, 别跗上, 入大指间, 出其端. "灵枢 经脉"

足陽明胃経は、鼻翼の両側から起こり、上行して鼻根部に至り、傍らの足太陽経と交会する。下へ向って、鼻の外側に沿って上歯槽の中に入り、戻ってきて口唇を巡り、下へ向いオトガイ唇溝にて、承漿穴と交会する。再び退いて下顎の後下方に沿い、下顎の大迎穴に出て、下顎角の頬車に沿って上へ向い耳の前に行く。耳の前から足少陽経の上関を経過し、髪際に沿い前額部に到達する。

支脈は、大迎穴の前から下って、人迎に行き、喉頭に沿って、欠盆部に入り、下へ向って横隔膜を通過し、胃に属し脾臓に絡する。

支脈は、乳頭を経過し、下へ向って臍の傍らを挟んで少腹両側の気衝に入る。

支脈は、胃の下口から起こり、腹腔内を下行し気衝に至って会合する。さらにここから下へ向い、髀関穴に至り伏兎穴に達し、下に向かい膝蓋に至り、頸骨外側前縁に沿って、足背を経過し、足の中指の外側に入る。

支脈は、足背上から分かれ、足の親指内側端に入り、足太陰脾経と連絡する。

中文:经络腧穴学 中国中医药出版社

日本語:中医学の基礎 東洋学術出版社

簡単にまとめると、鼻の脇から始まって、足の中指で終わります。途中で顔面を上行するもの、体内へ入っていき胃に到達するもの、足背で親指へ向けて進むものなどに枝分かれをしています。

2.主治の概要

消化系統、神経系統、呼吸系統など、経脈が通る部位の不調を整える働きがあります。

3.ツボ

片側に45のツボがあります。

その中で重要なツボは、承泣(しょうきゅう)、四白(しはく)、地倉(ちそう)、頬車(きょうしゃ)、下関(げかん)、頭維(ずい)、人迎(じんげい)、缺盆(けつぼん)、乳根(にゅうこん)、梁門(りょうもん)、天枢(てんすう)、帰来(きらい)、伏兎(ふくと)、梁丘(りょうきゅう)、犢鼻(とくび)、足三里(あしさんり)、上巨虚(じょうこきょ)、下巨虚(げこきょ)、豊隆(ほうりゅう)、解谿(かいけい)、衝陽(しょうよう)、内庭(ないてい)、厲兌(れいだ)です。

承泣、四白、地倉、頬車、下関、頭維は頭・顔部にあります。

人迎、缺盆、乳根、梁門、天枢、帰来は頚、体幹部にあります。

伏兎、梁丘、犢鼻、足三里、上巨虚、下巨虚、豊隆は下肢にあります。

解谿、衝陽、内庭、厲兌は足背部にあります。

詳しい場所及び主治については、また追って記載したいと思います。

ツボのふりがな:経穴マップ(医歯薬出版社)より

|

« 今日は雨水 | トップページ | 中間試験! »

ツボ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は雨水 | トップページ | 中間試験! »