« 1週間の予定 | トップページ | 健康のために。 »

昨日は春分でした。

最近、ブログが滞りがちです。ということは、復習が滞りがちということですが(笑)。

金曜日は、2回目の点穴(ツボの位置の確認)の授業でした。欠席者が多く、先生が本当に困ってました・・・。先生曰く、昔の留学生はまじめな人が多かったが、最近の留学生は高いお金を払ってきているのに、授業に出ない人が多い、どうなっているんだと怒っていました。

さて、20日、金曜日は春分でした。春分は昼と夜の時間が同じになり、この日を堺に昼の時間が長くなります。<春秋繁露・陰陽出入上下篇>に「春分者、陰陽相半也、故昼夜均而寒暑平」とあり、この時期は、体内の陰陽を調整することが大事になってきます。

陰陽の調整方法としては、<素問・骨空論>に「調其陰陽、不足則補、有余則寫」とあり、補う方法は、益気、養血、滋陰、助陽、填精、生津など、寫としては、解表、清熱、利水、寫下、袪寒、去風、燥湿などの方法があります。補うことと寫すことは、相反する作用ですが、どちらか一方だけ採用するのではなく、補う中にも寫あり、寫の中に補ありとバランスをとることが大事になってきます。

飲食の方面では、例えば蟹などの寒性の食材を使うときには、ねぎや生姜などの温性の食材を加えること、にらやニンニクなどの助陽の食材を取るときには、卵などの滋陰の食材を組み合わせることで、陰陽の調節を図ります。

春は肝の気が旺盛になり、怒りっぽくなるようですので、一日数分でも静かに座る時間を持つとよいです。(ヨガの瞑想や座禅などよいのではないでしょうか?)

さらに、適度な運動としては、動物のまねをして家の中を四つんばいで動くこともよいそうです。でも突然やりだすと家族がびっくりするかも知れませんね(笑)。

中国の古代の有名な医者の華陀は五禽戯という5つの動物(虎、鹿、鳥、熊、猿)の動作を真似て作った適度に体を動かし鍛える健康法に似ています。

動くことと休むことは、やはり陰陽の関係になりますので、適度な運動、適度な休憩というバランスが大事ですね。

|

« 1週間の予定 | トップページ | 健康のために。 »

二十四節気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1週間の予定 | トップページ | 健康のために。 »