« 今日は清明節 | トップページ | ツボの復習(胆経) »

ツボの復習(心包経&三焦経)

今日は、2回目の投稿。試験勉強の追い込みのために、心包経と三焦経の2つを一度に復習したいと思います。

1.手厥陰心包経循行

心主手厥阴心包络之脉, 起于胸中, 出属心包, 下膈, 历络三焦.

其支者, 循胸出胁, 下腋三寸, 上抵腋下, 循臑内, 行太阴,少阴之间, 入肘中, 下臂, 行两筋之间, 入掌中, 循中指, 出其端.

其支者, 别掌中, 循小指次指, 出其端.

胸中から起こり、出て心包絡に属し、下へ向って横隔膜を通過し、胸から腹に至り、上焦、中焦、下焦の順に三焦と連絡する。

支脈は、胸中に沿って、脇部に出て、腋の下3寸の所に至り、上行して腋窩中に至り、上腕内側に沿って手太陰経、少陰経の間をめぐり、肘窩の中央に入り、下へ向って前腕の両筋(長掌筋腱と橈側手根屈筋腱)の真中を行き、掌中に入り、中指に沿ってその末端に至る。

支脈は、労宮穴から分かれ出て、環指に沿ってその末端に至り、手少陽三焦経と連接する。

2.手厥陰心包経の重点ツボ

全部で9つのツボがあり、重点ツボは7つ

1)天池(てんち):乳中の外1寸、第4肋間に取る。前正中線から離れること5寸。

2)曲沢(きょくたく):肘窩横紋上、上腕二頭筋腱の尺側に取る。

3)間使(かんし):大陵から曲沢に向かい3寸に取る。

4)内関(ないかん):大陵から曲沢に向かい2寸に取る。

5)大陵(だいりょう):手関節前面横紋中央、橈側手根屈筋腱と長掌筋腱の間に取る。

6)労宮(ろうきゅう):手掌の第2、第3中手骨の間、第3中手骨寄りに取る。

7)中衝(ちゅうしょう):中指先端の中央に取る。

3.手少陽三焦経循行

三焦手少阳之脉, 起于小指次指之端, 上出两指之间, 循手表腕, 出臂外两骨之间, 上贯肘, 循臑外上肩, 而交出足少阳之后, 入缺盘, 布膻中, 散络心包, 下膈,  遍属三焦.

其支者, 从膻中,表面上看上出缺盘, 上项, 系耳后, 直上出耳上角, 以屈下颊至zhuo.

其支者, 从耳后入耳中, 出走耳前, 过客主人, 前交颊, 至目锐眦.

環指の末端から起こり、上に向かい第4、5中手骨の間に出て、手背に沿って前腕外側の橈骨と尺骨の間に出て、上に向って肘の尖端を通り、上腕外側に沿って肩部に達する。足少陽経の後面から交会して出、前に向って欠盆部に入り、胸中に分布し、心包に連接する。下に向って横隔膜を通過し、胸から腹に至り、上・中・下焦の三焦に属す。

支脈は、胸から上に向かい、欠盆部に出て、上がって項部に達し、耳の後に沿って上行し、耳の上角に出て額角をめぐり、再び湾曲して下に行き、顔面頬部にいたり、眼の下縁に至る。

支脈は、耳の後から耳の中に入り、再び出てきて耳の前面に行き、頬部で前述の支脈と交接し、眼の外眼角に至り、足少陽胆経と連接する。

4.手少陽三焦経のツボ

全部で23個あり、重点ツボは11個。

1)関衝(かんしょう):薬指爪甲根部の尺側、その角を去ること1分に取る。

2)中渚(ちゅうしょ):手背、第4、5中手指節関節の上に取る。

3)陽池(ようち):手関節背面横紋の中央、総指伸筋腱と小指伸筋腱との間の陥凹部に取る。

4)外関(がいかん):陽池の上2寸、橈骨と尺骨の間に取る。

5)支溝(しこう):陽池の上3寸、橈骨と尺骨の間に取る。

6)天井(てんせい):肘頭の上、1寸陥凹部に取る。

7)肩髎(けんりょう):肩髃の後、肩峰外端の後下際に取る。

8)翳風(えいふう):耳垂の後方、乳様突起と下顎枝の間の陥凹部に取る。

9)角孫(かくそん):耳郭を前に折り、その上角のあたるところで、耳輪の直上髪際に取る。

10)耳門(じもん):耳珠の前上方、聴宮の上に取る。

11)絲竹空(しちくくう):眉毛外端の陥凹部に取る。

*日本と中国ではツボの位置が違うものがあるので注意が必要です。

|

« 今日は清明節 | トップページ | ツボの復習(胆経) »

ツボ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は清明節 | トップページ | ツボの復習(胆経) »