« 何首烏入りシャンプー2 | トップページ | 中国における癌治療のQOL評価 »

穀雨の説明

4月20日は穀雨でした。中国語では谷雨と書きます。

春の季節の最後の1節気になります。

この時期は、気温が高くなり、雨の量も増え、作物にとっては成長に欠かせない時期です。桑の葉の新芽もでて、蚕農家は大忙しになる時期です。

中国では、新茶、牡丹の時期で、特に牡丹は大きな花を沢山咲かせて華やかな雰囲気です。

うちの学校の植物園では牡丹はまだ見ごろではありませんが、たんぽぽの綿毛が沢山まっていて、やはり楽しい季節になっています。

ただ、この時期は湿気が多くなっており、関節炎などを抱えている方は症状が悪化することがあります。

体を中から整えるため、チキンスープ、魚のスープ、羊の骨でとったスープなど体を温めて補うスープを取ることをお勧めします。

それから日本もゴールデンウィークに入りますが、中国も労働節の3連休を迎えます。この季節の良い時期に、小旅行などに行かれることがあると思いますが、そこで持っていくのが良い漢方薬があります。

その名は、藿香正気散。ちょっとした風邪、腹下し、車酔い、食あたりなどの症状に効く、袪湿剤です。

こちらでは、錠剤、液剤、カプセル剤などさまざまな形のものが売られています。

この時期、野菜も美味しい時期になりますね。中国では、なずな、こよなめ、どくだみ、タンポポなども食べられるようです。

うちは、この時期から空心菜の炒め物が食卓によくのぼります。この野菜、その名の通り茎の中が空洞です。ニンニクとごま油でさっと炒め、味付けは顆粒チキンスープの元と塩です。

こちらは野菜にまだ季節感があって、季節でない野菜はレストランで注文しても今は時期じゃないから無いといわれます。

そうそう、マンゴーやパイナップルも果物屋さんの店頭に並ぶようになりました。でもアレルギーのある方は注意してくださいね。口の周りが痒くなったり、喉がいがいがするようだったら要注意です。

それでは、春の最後の季節を楽しく過ごしましょう。

|

« 何首烏入りシャンプー2 | トップページ | 中国における癌治療のQOL評価 »

二十四節気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何首烏入りシャンプー2 | トップページ | 中国における癌治療のQOL評価 »