« 血圧はいつ測る? | トップページ | ツボの位置の覚え方2(肺、大腸、胃、脾経) »

旬のものを美味しく食べる

今日は、中国人のお友達(といっても日本語ぺらぺらの奥さんです)と一緒にマンションの近くの市場に買い物に行ってきました。

今までは、スーパーでパックになっているものしか買ったことが無かったのですが、前々から市場の野菜が気になっていたんです。

このお友達はとても健康に気を使っていて、野菜なども詳しいので、是非一緒に行ってもらおうと誘ってみました。実は彼女も最近まではスーパーの野菜をメインに買っていたらしいのですが、市場の方が当然値段は安く、卵や野菜など案外新鮮で美味しいことを再発見していたところでした。

お昼前に市場に到着し、探索開始!

戦利品はというと、新じゃがいも3個、ヒユ菜1束、インゲン豆、蚕豆、ウコッケイの卵2個、草鶏卵(放し飼いの鶏が産んだ卵)5個、ニンニク1個、細長いナス4本、おまけで青葱をつけてもらいました。

今晩は、ヒユ菜の炒め物、蚕豆のゆでたもの、じゃがいもの味噌汁、イカと里芋の煮物(これは前に材料を買ってました)に決定。

帰ってからはヒユの根っこをとって、水にさらし、蚕豆をさやから出して塩ゆでにしてみました。

蚕豆はふかふかのベッドにちょこっと眠っている感じでとってもかわいいheart01塩茹でにしたものをつまみ食いすると、とろっとした食感がなんとも美味しいhappy01

インゲン豆は明日胡麻和えにする予定ですが、今まで買っていたものは外側がちょっと固めで美味しくなかったのですが、ふんわりやわらかそうで、これも楽しみです。

長いナスは、日本のものより紫が強く、細長いんですが、友達曰く、手でちぎって大めの油を引いたフライパン炒め、ちょっとの水としょうゆ、砂糖で味付けをして食べるのがよいそうで、こちらも明日の晩御飯にする予定です。

この市場、野菜コーナーも卵も冷蔵施設はないところです。当然その季節にとれるものしか売っていません。友達は何度も、「これ新鮮?」と聞きますが、お店の人は「新鮮だよ」と笑いながら答えるだけで、あとは自分の選択眼を信じるしかありません。私のように自信がない人は信頼できる友達を誘いましょう(笑)。

この時期、きゅうりも美味しいようで、友達は2箇所で買って味比べをするようです。友達曰く、旬のものは塩だけとか、しょうゆと砂糖の紅焼にして食べるだけで十分美味しいということなので、私も旬のものを食べていきたいと思います。

最後に戦利品(笑)の中医学的性質を説明します。

じゃがいも:平・寒、辛・甘、小毒 健脾益気、和胃調中、止痛

なす:寒、甘 清熱、活血止血、消腫止痛、祛風活絡

インゲン豆:微温、甘 健脾利湿、和中消暑

蚕豆:平、甘、アレルギー源性 健脾利湿、補中益気

にんにく:温、辛、小毒 除風寒、温胃破積消食、止痢殺虫、通五臓、止咳、消腫痛

卵:平・黄身は温、白身は微寒、甘 安五臓、寧心、養血安胎、止痢

ヒユ菜:涼、甘 清熱解毒、通腸潤便、収斂止瀉

参考図書:東方栄養新書(メディカルユーコン)、野菜養生事典(汕頭大学出版社)

|

« 血圧はいつ測る? | トップページ | ツボの位置の覚え方2(肺、大腸、胃、脾経) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 血圧はいつ測る? | トップページ | ツボの位置の覚え方2(肺、大腸、胃、脾経) »