« ツボの位置の覚え方7(督脈&任脈) | トップページ | 5日は芒種でした。 »

高血圧の薬膳

今日は午前中が上海語で午後は薬膳の授業でした。

授業中、空がみるみる暗くなり、大雨、雷になってしまいました。幸い帰る頃には小ぶりになったので、良かったです。

今日の薬膳の授業は高血圧に対する薬膳の紹介でした。予定されていた先生が来れなくなり、ピンチヒッターで先週担当してくれた先生が来たのですが、自分が作った資料じゃないので、パワーポイントは開いているものの、内容はまったく別のことで、ついていくのが大変でした・・・。

終わる20分くらい前まで、高血圧の病態や養生するのにどの点に注意すればよいかを話されて、薬膳は20分くらいであっという間に説明し終わりました。

食べたほうが良いものは、ナズナ、セロリ、菊花、クコ、杜仲、サンザシなどです。

この暑い時期は、こちらの方は菊花とクコのお茶を飲んでいますが、このお茶も高血圧に良さそうです。

糖尿病や高脂血症などの合併症がある場合の薬膳も紹介してくれました。

高脂血症の場合は、サンザシが効果があるそうで、「サンザシと菊花のお茶」など取り入れやすそうです。

肥満の場合は、食事療法と運動療法を組み合わせなければ効果はないということで、食品でしいてあげると、「荷葉」をお茶にして飲むとよいそうです。ちなみに減肥茶にはこの荷葉が含まれることが多いそうです。

荷葉:苦、平。肝、脾、胃経 清暑利湿に働く。

糖尿病の場合、山芋を使った食事が良いようです。

こちらでは豚の内臓なども料理に使うので、ええっ、あまり美味しくないのでは(笑)と思うものも多いんです。

この授業もあと1回でおしまいです。単位をとるためには、3000字ほどの薬膳に関するレポートを書いて出さないといけません。先生からネットで検索したものを参照してもいいが、出典を記載すること、コピー&ペーストで済ませないことというお達しがでました。

私は聴講なので、義務はないのですが、まとめのレポートを作ってみようかしら。

|

« ツボの位置の覚え方7(督脈&任脈) | トップページ | 5日は芒種でした。 »

学校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツボの位置の覚え方7(督脈&任脈) | トップページ | 5日は芒種でした。 »