« 高血圧の薬膳 | トップページ | 薬膳の最後の授業 »

5日は芒種でした。

6月5日は二十四節気の芒種でした。この芒種は穀物の種を蒔く良い時期です。この時期を逃すと、作物の成長が悪いことから、農民の間では、「芒種、忙忙種」と言っていたそうです。

この時期は、気温も高くなり、雨も多く、暑さと湿気の多い時期になります。食物などが腐りやすい時期でもあり、食中毒には注意が必要です。中国では梅雨のことを、「黄梅天」といいます。

暑さと湿気で体がだるく、だらだらした日々を送りやすいため、努めて体質強化に励み、この時期に多い、おたふくかぜや水疱瘡などの感染を防ぎましょう。

夏の時期は、遅寝早起きが良いのですが、昼間の時間が長いので、30分ほどの昼寝もお勧めです。

また、汗をかくので、夜はやはりお風呂でさっぱりしたいところですね。そこでいくつかの入浴剤を紹介します。

1)甘草菊花浴

甘草と野菊花、ざくろの皮をガーゼにいれ、水200ccほどで煮出します。この液をお風呂のお湯に入れて、入浴する。清熱解毒、殺菌止痒の作用があります。

2)精油浴

ラベンダー2滴、スイートオレンジ2滴、乳香3滴をお風呂に入れて入浴します。細胞活性化、リラックス効果があります。(柑橘系のオイルが入っているので、入浴後は日光を避けてください。)

その他に、西瓜浴!、赤ワイン浴などありますが、取り入れやすいのは精油浴でしょうか(笑)。

食べ物については、清淡なもので野菜と果物を沢山とりましょう。お勧めは「トマトと卵の炒め物」、「冬瓜と椎茸の鶏がらスープ煮」、「五味子とクコのお茶」などです。

昨日お食事にいったお店で食べたスープもお勧めです。材料は、トマト、冬瓜、竹の子、ハムです。鶏がらスープにいれて煮ます。あっさりしていて、夏のスープにぴったり。フカひれ味のスープは濃厚すぎたので、やっぱり夏はあっさりめの方がいいみたいです。

本当は、昨日はしゃこがとても食べたくて、避風塘というチェーン店に行こうとしたのですが、まだ夜の6時前なのに人が沢山!待っている人も沢山だったので、違う店にしました。避風塘の殻付きのしゃこをニンニクで炒めたものはとっても美味しいです。しゃこ好きな方は食べてみてください。

|

« 高血圧の薬膳 | トップページ | 薬膳の最後の授業 »

二十四節気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高血圧の薬膳 | トップページ | 薬膳の最後の授業 »