« 病院見学2日目 | トップページ | 病院見学4日目 »

病院見学3日目

今日は、朝から病棟に行きました。

回診をするDrと鍼を打つDrが違うため、どちらについていくか迷ったのですが、鍼を打つほうを見学しました。

患者さんも顔を合わせるのが2回目になるし、Drもなんとなく打ち解けて質問に答えてくれたり、あっちを見学したほうがいいと言ってくれたりしてなかなか良かったです。

患者さんで日本のものが大好きなおじいさんがいて、鍼のときに膝の下に温熱パットを置いているのですが、それが日本製だと教えてくれました。中央医療機器?という会社のもので、TOKYOと表示がありました。病院には日本の機械が沢山有るよとにこにこ笑いながら教えてくれます。

入院患者さんの大半は、脳梗塞後の後遺症で入院されていて、発語が難しい方も多く、ほとんどの病室に家族の人が付き添って、色々お話をしてくれます。

頭に沢山鍼を刺されていた患者さんは、昔ロケットを作る機構で働いていたようで、奥さんが写真を見せてくれました。年齢も高いため、老年性痴呆も入っていて、意思疎通は難しいのですが、顔を覚えていてくれて、見かけるたびに手を振ってくれました。

じっくり1つのところで研修すると治療の流れが見えてよいかも知れません。でも明日からは推拿の外来です。噂では、暑さのためほとんど患者さんがいないそうですが・・・。

コメントのお返事

パロタン様。恐らく鍼を刺すときに患部と手を消毒綿で拭いているので、OKとしているんだと思います。

私も以前映画か何かで、服の上から注射しているのを見たことがあります。日本人にはやはり衝撃的ですよね(笑)。

|

« 病院見学2日目 | トップページ | 病院見学4日目 »

学校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 病院見学2日目 | トップページ | 病院見学4日目 »