« 日本へのお土産 | トップページ | ぐーたらな夏休み・・・。 »

昨日は大暑でした。

毎日遊んでいて、二十四節気のことを忘れていました

昨日は、大暑。その名の通り、暑さのピークです。民間では、「稻在田里热了笑, 人在屋里热了跳」と言われ、稲などの農作物にとってはこの暑さは成長を促進する良いものですが、人にとっては、仕事や勉強などの効率が落ちてあまりよくないということのようです。

暑さと湿気のピークで、食欲も落ちる時期、お勧めなのはお粥です。有名な李時珍曰く、「每日起食粥一大碗, 空腹虚, 谷气便作, 所补不细, 又极柔腻, 与肠胃相得, 最为饮食之妙也」といって、お年寄りや胃腸の弱い方に、お粥を薦めています。

この時期、湿邪の影響を受けやすいため、食事では、清熱解暑、温熱昇陽のものをとるとよいそうです。

清拌茄子

茄子500g、香菜15g、にんにく、米酢、砂糖、ごま油、醤油、味の素、塩、花椒適量

なすは皮をむいて、小さく切り、塩をまぶしたあと、再度水洗いし、蒸す。

にんにくはすりつぶす。

ごま油を鍋であたため、花椒を加え香りを出した後、ボールに移し、そのほかの調味料を加えて混ぜ、蒸した茄子を加える。

最後に香菜を刻んで上からかける。

清熱通竅、消腫利尿、健脾和胃の効果があります。

緑豆南蛮湯

緑豆50g、かぼちゃ500g、塩少々

緑豆は塩をまぶしてしばらく置いてから、水洗いする。かぼちゃは皮をむいて、2cm角くらいの大きさに切る。

鍋に500ccの水を沸かし、先に緑豆を入れて沸騰した後、差し水をして、再度沸騰したらかぼちゃを加える。蓋をして弱火で30分ほどにて、緑豆が柔らかく煮えていたら、出来上がり。

清暑、解毒、利尿、生津益気の作用があります。

その他、はと麦と小豆のお粥なども湿気をとってくれます。

上海は、今週月・火は最高気温が40度になる天気でしたが、水曜日から天気がくずれ、湿気の多い日が続いています。

日本人学校も夏休みになり、沢山の方が日本へ一時帰国するようです。日本に帰ったら美味しいものがありすぎて、暴飲暴食になりがちなので、気をつけましょう。

|

« 日本へのお土産 | トップページ | ぐーたらな夏休み・・・。 »

二十四節気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本へのお土産 | トップページ | ぐーたらな夏休み・・・。 »