« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の17件の記事

今日分からなければ。

タイトルの言葉は、学校で仲良くしてくれている韓国人の女の子から送られた言葉です。

全文はこちら。

今日不通, (今日分からなければ)

明日再读. (明日もう一度勉強すればよい)

今年不精, (今年理解が深まらなければ)

明年再读.  (来年、もう一度勉強すればよい)         曾国藩

この言葉を書いた方は名中医と呼ばれる方だそうです。

中医を志すからには、ずっと勉強を続けることが大事だということを教えてくれています。

(あきらめないことも・・・。)

最近、覚えることが多くて、半分あきらめかけていたのですが、この言葉を教えてもらって、もう一度頑張ろうと思いました。

ちなみに彼女はこの言葉をノートの第1ページに書いて、いつも見直しているそうです。

私は手帳に書き込んでみました。

明日からは8連休です。有意義に過ごしたいと思います。

| | コメント (0)

病気にならない智慧

何年か前に日本でも「病気にならない生き方」という本が売れたみたいですが、中国でも同じような本が沢山出版されています。

その中で、シリーズ化しているのが、「病気にならない智慧」(中国名:不生病的智慧)。

今4巻くらいまで出ているようですが、書いている人が違います。

友達に薦められたのは「马悦凌」という方が書いた第1巻です。

詳しいプロフィールは書いていないのですが、小さい頃から体が弱くて、若い頃に事故にあって、頭痛などの症状がさらに加わってつらくなったため、色々と中医学の智慧を使って、体調を回復した人のようです。

本の中身はというと、食べ物に気をつけること、冷えに気をつけること、按摩を定期的に行うことなどです。

日本でバナナダイエットが流行りましたが、バナナは体を冷やすので大敵だそうです・・・。

(ちなみにこのバナナダイエットの本も中国語に翻訳されたものが売っています。)

食べ物としては、補うことを重点に置いているので、「固元膏」という阿胶、棗、黒ゴマ、胡桃、氷砂糖で作ったものを1日2回、1回1さじずつ食べることを勧めています。糖尿病の人は砂糖を入れないで代わりにクコの実をいれる、便秘がちな人は松の実を加える、寒がりの人は龍眼を入れる、不眠の人は酸棗仁を入れるなどのアレンジを加えるそうです。

膏の内容を見ると、これからの時期に良い感じです。上海で毎年冬になると処方される膏方に似ています。

あとは、掌から体の状態を判断する方法や、経絡に沿った按摩の方法などが紹介されています。

特別な道具を買わないでできる養生法が載っているので、中医学に興味がある方は一読してみてください。

不生病的智慧  马悦凌 著   凤凰出版传媒集团 江苏文艺出版社

| | コメント (2)

せっかくの日曜日が!

何度か記事にしていますが、10月1日から8日まで国慶節&中秋節のお休みのため、昨日(日曜日)は、10月7日に行われるはずの授業が組まれました。

私は、午前中は中医外科、午後は中薬学があるため、9時40分からの授業に備えて学校に行きました。

しかし、生徒皆で待っていても、外科の先生が来ませんsign01

待ちかねて、班長さんが教務係かなにかに連絡をとると、「今日はありません」という答えが・・・。

ああ、早く言ってもらえば、午後からゆっくりこれたのにweep

午後の中薬学は、しっかり授業がありました。しかも今日も授業があったので、復習が追いつきません。

でも、水曜日の午後の授業がなくなって、今日清熱薬までの復習問題をもらって、それを自習することになりました。

中間試験が、10月21日にあるので、国慶節は勉強です。

(ちなみに10月26日には中医内科の試験もあります・・・。)

そうそう、同級生からの情報で、前に中医基礎理論の先生が、中国人の学生の間で、試験前に帰脾湯を飲むのが流行っていたと話してくれたそうで、私たちも試してみることに。

明日は授業が無い日なので、早速買いに行かなくっちゃ。

ちなみに、帰脾湯の効能は、「益気補血、健脾養心」で、試験前のストレスなどで弱った体に良さそうです。

| | コメント (0)

内経のテスト

今日は雨が降りそうな、蒸し暑い1日でした。

金曜日は朝8時から夕方4時まで授業があるので、ぐったりです。

さらに、今日は朝から内経選読のテストでした。

先生曰く「期末試験だけだと、それで合格点をとれなかったら救えないので、小テストをします。本をみて解答していいので、緊張しないように」とのことでした。←昨日の話。

が、突然テスト用紙を配りながら、「教科書は見てはいけません。」

sign02

文章を読んで、3つの問いに答えるもので、時間は10分間。

しかも授業の最後の10分だったので、私は次の授業が違う建物で行われるため、何が何でも早く終わらせなければなりません・・・。

内容は、霊枢・本神から

肝藏血, 血舍魂, 肝气虚则恐, 实则怒. 脾藏营, 营舍意, 脾气虚则四支不用, 五藏不安, 实则腹胀, 经溲不利. 心藏脉, 脉舍神, 心气虚则悲, 实则笑不休. 肺藏气, 气舍魄, 肺气虚则鼻塞不利, 少气, 实则喘喝胸盈仰息. 肾藏精, 精舍志, 肾气虚则厥, 实则胀, 五藏不安. 必审五藏之病形, 以知其气之虚实, 谨而调之也.

この文章を読んで、1)重要な臓器を2つ挙げよ。2)情緒(気持ちなど)に関係する臓器を2つ挙げよ。3)臓器と形体の関係について述べよ。の3つに答えます。

まるで高校のときの古文の問題です・・・。しかも、この文章、教科書には載っていなくて、留学生には解説しないそうです。

(中国人学生は勉強するそうで、この内容は重要とのこと。それなら授業で教えてください。先生!)

という感じで朝から疲れた後、午後の中医内科で病案(カルテ)の解説になって、自分が用意した答えと全然違っていてがっくりです。

ああ、国慶節明けには、中薬学の試験があるし、8連休は部屋の掃除&復習です。

| | コメント (0)

今日は秋分です。

日本はシルバーウィークという連休だったのですね。

中国は、10月1日から8日までが、国慶節と中秋節を合わせた連休になります。(8連休になる代わりに、9月27日の日曜日と10月10日の土曜日が出勤・登校になります・・・。)

ところで、今日は秋分の日というとおり、24節気の秋分となります。

昼と夜の時間がほぼ同じで寒さと暑さも安定しています。秋分を境に、大雨は減るのですが、小雨の日が続きます。

1つの節気は3つに分けられるのですが、この秋分以降の日々を中国では、「一候雷始收声, 二候蛰虫坯户, 三候水始涸」といいます。

これは、陽気が盛んなことを示す雷は秋分以降少なくなり、その後虫達は冬眠の準備を始め、乾燥した季節のため、湖の水などが減っていくことを表しています。

この時期は、陰陽の平衡を保つことが重要です。また食べ物では、今までのような暑くて乾燥した季節から、寒くて乾燥した季節に移るために、温めて潤す作用のあるものをとることが重要です。

お勧めの食べ物は、黒ゴマ、くるみ、蜂蜜、もち米、サツマイモなどです。

料理では、「なつめ、リュウガン、栗のスープ」(文字通り、この3つを煮詰め砂糖を加えてスープにします)がお勧めです。

また、乾燥した季節のため、便秘になりがちなので、松の実などナッツ類を入れたお粥などもお勧めです。

上海は、ここ数日は雨の日が続いています。教室で勉強していると、なんだか蒸し暑く感じるのですが、朝・夕の登校のときは、肌寒くなりました。

この時期は、月餅といわれるお菓子がいたるところで売られています。伝統的なものは、外側がクッキーのような生地(もっとしっとりしています)で、中身は小豆や、塩卵、お肉などバラエティーに富んでいます。最近は、ハーゲンダッツがアイスの月餅を作ったり、スターバックスが作ったりとますます種類が増えてきましたが、その分値段も高くなっていますthink

個人的には、台湾の台中(台南だったかも?)で売られていた、外側がパイのような皮の月餅が好きです(笑)。

| | コメント (0)

中級保健按摩師合格!

もうずっと前に受けていた中級保健按摩師の試験ですが、無事合格してました。

猫姐さん、お知らせありがとうございます。

丁度、今週の始めに教えてくれていたYao老師とばったり会ったので、「証書は来ましたか?」と聞いたところ、「来たよ、でもぼくは成績みていないんだ。何、心配なの?」と逆に聞かれました。

その後、授業で行ったりきたりして、慌しくて取りに行っていませんでした。

昨日、学校の先輩とお昼を食べたときに、証書が出来ていることを聞いて、早速今日取りに行ってきました。

昼休みの後半に行ったのですが、鍵が閉まってるsign01

あきらめかけたときに、見知らぬ人が鍵を開けて入っていく姿が・・・。

急いで、「証書とりにきたんです。」と言うと、アルファベットで何から始まるかと言われ、私は漢字表記で登録していたので、Jで探すと1番上にありました。

サインをして持っていってといわれたので、自分の名前を探して書き書き。(こっちのほうが時間がかかりました・・・。)

中には、写真がばっちり貼られ、さらに点数まで書かれていますcoldsweats01

とりあえず、合格で良かったです。

やっと週末ですが、また中医内科で病案解析の宿題が出ているので、復習しなければ。

あ、でも明日は学校の友達とブラジル焼肉?を食べに行くので、ちょっと楽しみです。

| | コメント (0)

中薬学の授業

月・水・金にそれぞれ3コマ、中薬学の授業があります。

先生は女性で機関銃のように話をして、PPTもあっという間に次のものに移ってしまいます・・・。

2年生と一緒に授業を受けているのですが、2クラスあって、うちのクラスは中国語ができる人向けのクラスのようで、容赦のない感じですcoldsweats01

もう1クラスの方はゆっくりペースで進んでいると聞き、同じ時間に設定されているので、クラスを変わろうかとも思ったのですが、今の先生は教科書以外の話などもしてくれるので、やっぱりこの先生についていこうと頑張っています。

今日からは、いよいよ各論で「解表薬」に入りました。

先生のスピードもUPsign02

しかも重点といわれる部分が多すぎて・・・。

帰りに同級生たちと復習も必要だけど、予習も絶対いるので、先生に次の授業で何をやるかを言ってもらったほうがよいのではということになりました。

先生曰く、中薬学と方剤学は暗記が大変で、試験の合格率も低い科目なので、心してやるようにとのことです・・・。

10月の国慶節を明けると、すぐに中間試験があります。ちなみに私は中医内科も試験があるので、もう今からブルーです。

中医内科はとりあえず宿題をきちんと出していけば、平常点ももらえるので、それにかけます。1学年上の先輩と午前中の授業が一緒だったので、参考になる本を聞いたのですが、方剤学をしっかりするのが大事みたいです。でも、昔の舌診の本を紹介してもらったので、明日図書館で探そうと思います。

ちなみに、その先輩と一緒だった中医外科学でいきなり小テストがありました。もちろん本を見てよかったのですが、教科書のあちこちに書いてあるので、探すのが大変でした。

(本当は、単位を申請しないので、受けなくても良かったみたいですが、せっかく授業にでているので、やってみました。)

ああ、だれか記憶力の良くなる薬を開発してくれないでしょうか?(アルツハイマーの薬とはちょっとちがうんですよねbearing

| | コメント (0)

秋の味覚

月曜日と金曜日は朝8時から授業があるので、早起きして出かけます。

今までは、行きは地下鉄で帰りはバスというパターンでしたが、万博に向けての工事の関係で渋滞がひどいため、帰りも地下鉄で帰っています。

最寄の駅で地下から上がってくると、ぷーんと甘い香りがsign01

甘栗の季節です。

そばには、ざくろやぶどう、なんだか角が生えたような形の食べ物(たぶん菱角、日本語ではひしの実)が売られていますし、その向こう側には、焼き芋やさんが・・・。

うちは路上の食べ物の買い食いは禁止のため(笑)、いつも見るだけですが、ざくろなんて1個1個が大きくて、とても美味しそうです。

で、最近中医学的なことを書いていないので、秋の味覚の効能をご紹介します。

:温、甘、脾、胃、腎 

養胃健脾(胃腸などを丈夫にする)、補腎強筋(腎を補養し、筋肉や関節を丈夫にする)、活血止血(血行をよくし、うっ血性出血を止める)

ざくろ:温、甘、肺、胃、大腸

生津止渇(唾液の分泌を促進してのどの渇きを解消する)、渋腸止瀉(大腸の機能をよくして下痢を止める)

ぶどう:平、甘、酸、肺、脾、肝、腎

止渇除煩(喉の渇きを緩和し、イライラを解消する)、益気養血(気と血を補う)、滋補肝腎(肝と腎を潤し養う)、利尿(利尿作用がある)、安胎(胎児を安定させる)

菱角(ひしの実):涼、甘

抗癌、清暑、止渇、補中、解毒

さつまいも:平、甘、脾、胃、腎

健脾益気(胃腸を丈夫にして元気をつける)、和胃生津(胃腸の働きを回復させ、唾液などの分泌を促進する)、寛腸通便(便通を促す)

(東方栄養新書及び蔬菜养生事典を参照)

こうみると、疲れた胃腸を整えて、秋の乾燥した季節にぴったりな食べ物ばかりのような気がします。

旬のものを美味しく食べて、秋を楽しみましょう。

| | コメント (0)

検索ワードについて

最近の検索ワードで目に付いたのが、「国家基本薬物リスト」です。

これは、中華人民共和国の衛生部のHPに公開されています。

当然中国語で書かれていますが、第一部分の化学薬品と生物製剤については、英文名称がついているので、日本人の方でもどんなものかは分かると思います(私も英語をもとにして記事を書きました)。

ちなみに、第二部分の中成薬については、中国語しか載っていません。これは漢方や中医学を勉強されている方に聞いてみるのが一番です。

コンスタントに多い検索ワードは「ツボの覚え方sign01

はい、やはり簡単に覚えられるものがあったら、私も知りたいです(笑)。歌形式のものを載せていますが、なんせ中国語です。ほとんどお役に立っていないと思いますwobbly

新学期から中薬学の授業が始まって、内科の関係で方剤学まで一緒に覚えないといけない状態なので、もう少ししたら、中薬学と方剤学の覚え方を載せる予定です。

あ、でもこれも中国語ですね・・・。

最後に、「おねしょの治しかた」でもたびたび検索されています。記事を読み返すとたいしたことを書いていないので、申し訳ありませんcoldsweats01

中医学的には「遺尿」、一般市民は「尿床」というのですが、何か有効なものはないかと探しているのですが、未だに探しきれていません。

今年中にはまとめたいな・・・。

そうそう、なぜかコメントのお返事ができるようになりました。

コメントは承認制にしていますので、「コメントしたのに画面にでない」というときには、私がサボっているときです(笑)。しばらくお待ちください。

| | コメント (0)

またまた本購入

今学校の本屋さんは15%オフをやっています。

今日は、教科書を買うついでに、他の本もと探していると、4年生の韓国人の女の子が声をかけてくれました。

「姐姐(ジエジエ)」と言って、いつも話しかけてくれるのですが、彼女も沢山の本を買っていました。

この子はとても良く勉強しているので、中医内科の参考になる本を聞くと、方剤をきちんと勉強すれば大丈夫ということで、方剤の本を薦めてもらいました。

で、今日買ったのは、「経方100首」。

甘草湯から始まり、簡単な処方から複雑なものに進んでいくという方式らしく、初心者にお勧めということで、早速読み始めました。

そうそう、その前に、夏に色々と読んだ火神派の「火神派方薬臨証指要」も買ったので、今月は方剤の勉強を中心にしたいt思います。

その他には一応内科の勉強のために、「中医内科考試題析」を購入しました。

内経を教えてくれる先生が言っていたのですが、中医は暗記ができなければだめだそうです。買った本の10分の1でいいから、頭にしっかり入ってくれればcoldsweats01

| | コメント (0)

教科書が違う!

今週は毎日学校に行っています。

昨日は、朝地下鉄のトラブルで、学校に着くまでに約2時間かかりましたcrying

本当は午後から中薬学を受けるだけだったのですが、空いている時間に他の科目も聞いてよいということになったので、中医外科学を聞くことにしました。

蜂窩織炎とか糖尿病の方の下肢の壊死の写真などが提示されると、ああっという声があちこちから聞こえます。

そうそう、若い方たちはそんな病気の人などは見たことないですよね・・・。

そして、今日は、内経選読ということだったのに、みんなと教科書が違う!

よくよくみると、「中医古典理論精華」となっている・・・。

内容は内経の話ですが、科の名前が変わっているみたいです。

とりあえず学校の売店で教科書を買いなおし(前に買ったやつは書き込みをしてしまったので、返品できずbearing)、明日は事務担当の先生に確認しに行かなければ。

ああ、新学期が始まってまだ1週間たたないのですが、もう疲労の色が・・・。

(今年は特に1人で色んなところへ授業を受けに行かなければならないので、ストレス倍増ですgawk

| | コメント (0)

今日から上課

いよいよ今日から大学も2年目に入ります。

鍼灸・推拿をやめて、中医(中薬・方剤・中医内科)に換えたので、早速今日からは「中薬学」と「中医内科」の授業が始まりました。

で、2年生と一緒に受けたり、3年生と一緒に受けたりと学校内を歩き回るので、自転車が欲しいくらいです。

しかも、どちらも暗記科目で、特に中薬学は先生が機関銃のように話をするので、夏休み明けの頭にはちょっときつかったですcoldsweats01

中医内科は患者さんが来たときにこういう風に弁証して、方剤を決めるのかというのがわかってなかなか面白そうです。

でも、中薬学や方剤学を習った上での授業なので、ついていくのがちょっと大変です。

まあ、今回はあとは内経選読だけなので、予習復習をすればなんとかなるでしょう。(←かなり楽観的)

そうそう、上海に来てもうすぐ丸4年経つのですが、そろそろ帰る時期がくるような話が出てきました。

最後まで学校に残れない可能性も出てきたので、毎日毎日をしっかり目的をもって過ごしたいと思います。

(日本に帰ってからの再就職の準備もしなければ・・・。)

| | コメント (0)

今日は白露です。

今日は、二十四節気の白露です。

あっという間に、次の節気がくるので少々焦り気味ですcoldsweats01

白露は、陰気が段々重くなり、明け方に露が出てくる時期です。よって、朝晩は涼しく、日中は暑いという気温の差が激しい時期でもあります。

昔からの言い伝えで、「白露到, 不赤膊, 不赤脚」といって、暑いからといって薄着で過ごすと、朝夕の寒さにやられるので、注意が必要です。

また、秋は「燥」のため、鼻や喉の乾きを感じる方が多いと思いますので、十分な水分をとりましょう。

体育の秋というように、この時期、健美操という体操を行うとよいそうです。前屈をしたり、弓を引く動作をしたりする体操のようですが、日本人ならラジオ体操がお勧めかもしれません。

さて、食べ物ですが、清燥潤肺、養陰生津の作用のある食べ物、梨、トマト、百合根、柿、白きくらげなどがお勧めです。

例えば、「蓮の実と百合根のスープ」、「ギンナンと鶏肉の炒め物」、「胡桃と蓮の実の甘いスープ」などはいかがでしょう。

そして、中医美容学の本にも載っていたのですが、「珠玉二宝粥」。

これは、山芋とはと麦を柔らかく煮て、最後に干し柿を一口大に切ったものを加える料理です。

美白効果と肌の潤いを保つ効果があるようです。

夏の疲れがでている肌にはもってこいの料理ですね。

あ、ギンナンは食べ過ぎると体に悪いので、10粒以下に抑えてくださいね。

| | コメント (0)

夏休みの総括(読書編)

明日から新学期が始まります。

月曜日は午前中が中薬学で、午後は中医内科学ですが、どちらも教科書が分厚くてweep

予習を兼ねて、教科書をちらみした後は、図書館に返す予定の本で読み終わっていないものをなんとか読了。

この夏に読んだ本はこちら。

1.中医火神派三书 医理真传, 医法圆通, 伤寒恒论

2.火神派学习与临证实践

3.实用中医拔罐学

4.中医美容学

この4冊は図書館から借りたもの。特に2番の本は後半は医案になっていて、診断の仕方と薬剤の選び方がなかなか勉強になりました。

麻黄附子細辛湯や四逆湯の応用が実際に使えそうです。

5.思考中医

これは、以前に読んだ火神派の本で紹介されていた先生の書いた本です。

古典を研究されていて、この本では傷寒論について詳しく説明しているのですが、ところどころで「●●はどうしてそう考えられるのか?」と各自に問いかけてくるので、読むのに時間がかかります。そのため、まだ読んでる途中ですcoldsweats01

まあ、この本は自分で買ったので、ゆっくり読むことにしましょう。

学校が始まると予習復習に時間が取られるし、試験も気になるので、本を読む時間が少なくなりそうですが、今学期は少し余裕をもった時間割にしたので、大丈夫かしら。

とりあえず、癌と老人の関係の本は読みたいです・・・。

| | コメント (0)

良い睡眠のために

最近、夕方は涼しくなるのですが、寝苦しい夜が続いています。

秋冬の養生としては、夜十分な睡眠をとることが大事です。

ということで、「健康財富9月6日号」から睡眠についての記事を紹介します。

night睡眠中に健康になろう

良い睡眠は気分を爽快にし、仕事や生活を充実させます。

長期間睡眠不足が続くと、心や体が弱ってしまいます。

よく眠るために以下の点に注意しましょう。

1.夜更かししない。

夜の11時からは胆経の時間に入り、陽気が動き出すため、精神が興奮し、寝付けなくなります。

また、肝胆の気を傷め易くなります。

そのため、夜更かしはやめましょう。

2.食べ過ぎない

中医では、「胃不和則寝不安」と言われており、夕食を食べ過ぎると脾胃に負担がかかり、脾胃の陽気を乱し、睡眠に影響を与えます。

そのため、夕食は腹7、8分目でとどめ、またあっさりとした食事にして脾胃の気を守りましょう。

3.動きすぎない

寝る30分前には、激しい運動は避け、テレビをみることや人と討論することは控える方がよいでしょう。

4.思い過ぎない

夜読書をしたり、文章を書いたりするのが好きで、深夜は静かで思考が深まると感じる人がいます。

しかし、過度の思考は脾を痛め、また考えすぎることによって心を乱したりするため、夜寝付けなくなることがあります。

「先睡心後睡眼」という言葉があるとおり、寝る前は心を落ち着けましょう。

ああ、読書は好きだし、夕飯は沢山食べてしまうし、寝付けないのは自分のせいですねcoldsweats01

これから読書の秋で、読みたい本があるのに・・・。

(でも昼間の読書ではすぐ居眠りしてしまうのはなぜ?)

| | コメント (0)

新学期の科目選択

こちらの大学は、9月始まりなので、今入学シーズンです。

今日は、科目選択のために、午後から学校に行ってきました。久しぶりに同級生や上級生に会えて、なかなか良かったです。中国語も少し戻ってきたみたいだし。

2年目からは中医専攻に変えるので、何の科目を選択できるかまったく未知でしたが、一応希望通りのものが選択できました。

選択したのは、以下の科目。

中薬学、中医内科学(この2つは必修科目)、内経選読(選択科目)

科目数は少ないのですが、ほぼ毎日学校に行くことになります。

時間割は以下の通り。

月 午前:中薬学 午後:中医内科学

火 午後:中医内科見学(第3週から)

水 午後:中薬学

木 午前:内経選読

金 午前:内経選読(2コマ)、中薬学(3コマ) 午後:中医内科学

火、水、木は少しゆっくりなので、まあ大丈夫でしょう。

無理そうだったら、内経選読はだんだん疎遠になるかもcoldsweats01

一応全ての本を買って、今日の予定は無事終了しました。

そういえば、今年の新入生の中に4人ほど日本人の方がいました。

皆さん、とりあえず1年間頑張りましょう。

| | コメント (0)

とりあえず1ヶ月

最近、体が重い・・・。

原因ははっきりしていて、食べすぎsign03

一時帰国の間は、ずーっと中国では食べられないからと沢山食べてはビールを飲んでいました・・・。

上海へ戻ってきてから、少し抑えればよいものの、学校が始まったら会えなくなるしと、またまた友達とご飯を食べに行く毎日。

人からダイエットのことを聞かれたら、食事と運動です!と答えている手前、これではいけないと一念発起して昨日から運動することにしました。

同じマンションの知り合いと夜の8時からスポーツジムに行くことに。

本当はストレッチなどをしようと言っていたのですが、結局は2人でTVを見ながら、ウォーキングマシン30分、ステッパー10分、筋トレ10分というメニューに変更。

参加者を募っていたけど、結局参加したのは、言いだしっぺの私と知人の2人のみgawk

彼女は20日に日本へ一時帰国するということで、2週間チャレンジ。

私はとりあえず1ヶ月間続けることにして、お互いこっそり開始時点の体重を量って、どのくらい効果があったか報告することにcoldsweats01(本当は体脂肪も測ろうということだったんだけど、ジムの体脂肪計の使い方が分からなかったんです・・・。)

10月になったら結果報告しますpaper

(一ヶ月続くかもちょっと不安・・・)

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »