« 良い睡眠のために | トップページ | 今日は白露です。 »

夏休みの総括(読書編)

明日から新学期が始まります。

月曜日は午前中が中薬学で、午後は中医内科学ですが、どちらも教科書が分厚くて

予習を兼ねて、教科書をちらみした後は、図書館に返す予定の本で読み終わっていないものをなんとか読了。

この夏に読んだ本はこちら。

1.中医火神派三书 医理真传, 医法圆通, 伤寒恒论

2.火神派学习与临证实践

3.实用中医拔罐学

4.中医美容学

この4冊は図書館から借りたもの。特に2番の本は後半は医案になっていて、診断の仕方と薬剤の選び方がなかなか勉強になりました。

麻黄附子細辛湯や四逆湯の応用が実際に使えそうです。

5.思考中医

これは、以前に読んだ火神派の本で紹介されていた先生の書いた本です。

古典を研究されていて、この本では傷寒論について詳しく説明しているのですが、ところどころで「●●はどうしてそう考えられるのか?」と各自に問いかけてくるので、読むのに時間がかかります。そのため、まだ読んでる途中です

まあ、この本は自分で買ったので、ゆっくり読むことにしましょう。

学校が始まると予習復習に時間が取られるし、試験も気になるので、本を読む時間が少なくなりそうですが、今学期は少し余裕をもった時間割にしたので、大丈夫かしら。

とりあえず、癌と老人の関係の本は読みたいです・・・。

|

« 良い睡眠のために | トップページ | 今日は白露です。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良い睡眠のために | トップページ | 今日は白露です。 »