« やっぱり月餅は人気です。 | トップページ | 今日は寒露です。 »

中薬学、暗記はどうする?

中薬学の試験が10月21日に迫っているので、連休中は暗記の毎日です。

でもすぐに忘れるんですよね・・・。

とういことで、暗記法の本を探してみました。

その名も「新编 中药记忆法」。

中身は、というとこちら。

1. 中药记忆法要领

2. 健脑益智助记忆

3. 记忆法概说

4. 中药记忆法由来

5. 中药记取十法

6. 中药归纳四法

7. 易记的中药常识

8. 常用中药简介表

2.の健脳のところは、脳に良い食べ物や体操などが紹介されています。

肝心の暗記法は、五行にのっとって色、味で分類し暗記するやり方、使用部位(根だとか花など)で分類する方法、名前の由来から覚える方法、そして、歌形式で覚える方法などが載っています。

この歌形式、中医学を学ぶ人は必ず暗記しろと脅されています

それが、こちら。

1. 药性赋

寒性: 诸药赋性, 此类最寒. 犀角解乎心热, 羚羊清乎肺肝, 泽泻利水通淋而补阴不足・・・

2. 药性歌括四百味

诸药之性, 各有其功, 温凉寒热, 补泻宣通.

君臣佐使, 运用于衷, 相反畏恶, 立见吉凶.

人参味甘, 大补元气, 止渴生津, 调营养卫・・・.

3. 十八反歌

4. 十九畏歌

5. 妊娠服药禁忌歌

6. 六陈歌

2.の歌は400個の中薬が紹介されているため、15ページほどになっています。

これをどうやって暗記しているんだろう?毎日歌わないとだめですかね・・・。

さてさて、ブログはここまでにして、暗記に戻ります

|

« やっぱり月餅は人気です。 | トップページ | 今日は寒露です。 »

中薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっぱり月餅は人気です。 | トップページ | 今日は寒露です。 »