« 中医内科の試験終了。 | トップページ | トリック オア トリートメント »

とりあえず補気養血を。

昨日の試験で気力と体力を使い果たしたのと、最近食事にあまり気を使ってなかったので、ここら辺で体の建て直しを図ります。

ということで、まずはスーパーで買える生薬類を買出しに午前中は古北のスーパーへdash

(本当の目的は、いつも使っているトイレットペーパーが近くの店で取り扱わなくなったので・・・。)

午前中のうちに戻ってきて、ちょっと休んだ後、はと麦を水につけている間に近所のスーパーへGO。

帰ってきたら、まずはと麦を茹でます。これは大量に茹でて、小分けして冷凍し、ご飯を炊くときに混ぜています。健脾化湿の効果があります。消化器系は後天の本といって、人間が生きていく上での必要なエネルギーを生み出してくれるところなので、大事にしましょう。

はと麦を茹でている間、買ってきた生薬をガーゼの袋に詰めます。これを水に浸した後、1時間ほど煮込んで、生薬スープにして、煮物などのベースにします。

用意した生薬はこちら。

沙参、麦冬、百合、クコ:補陰作用(潤す作用があり、秋の乾燥した季節に良い)

杜仲:補陽作用(肝、腎を補います。)

何首烏;補血作用(これまた肝腎を補います。髪を黒くする作用も)

龍目肉:補血作用(精神を安定させます。)

党参、太子参、黄蓍、甘草、大棗:補気作用(気を作ってくれる作用があり、風邪予防や元気がないときに良い)

杏仁;咳止め作用。秋の乾燥した時期におすすめ。

茯苓:健脾化湿作用(胃腸の働きを整えます)

陳皮:理気作用(気のめぐりを良くします)

サンザシ:消化作用

霊芝:養心安神作用(虚を補い、不眠などに良い)

芡実:補脾止瀉作用

3年生の女性がスーパーで買える生薬を使って、スープベースを大量に作りおきし、毎日料理に使って体調が良くなったというのを聞いて、試してみました。

彼女曰く、診療所に通うとお金もかかるし、中国ではスーパーで色んな生薬が手に入るんで、せっかく勉強しているんだから、自分でやってみるべきということです。

ということで、まねしてみました。あと少しで煮あがります。思ったより生薬くさくないです。

今日は、ダブルきくらげ(白・黒)&きのこのスープと紅焼肉を煮込むベースに使ってみたいと思います。

|

« 中医内科の試験終了。 | トップページ | トリック オア トリートメント »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中医内科の試験終了。 | トップページ | トリック オア トリートメント »