« 立冬と小雪 | トップページ | サムゲタン »

痛経について

女性が毎月迎える友達、月経について、特に痛みについての記事をいくつか紹介したいと思います。

中国の女性の間では「老朋友」とも呼ばれています。が、痛みに悩む方も多いのでは、ないでしょうか?

特に、寒い時期、気のめぐりが悪くなると、不通則痛といって、痛みがひどくなることがあります。

まず即効性のある、按摩から。

1)掌を重ねてお臍にあて、そこから時計回りに30回から50回、お腹をさする。

2)臍から人差し指と中指を揃えた幅分下がったところに気海というツボがあります。ここを指でぐりぐりと刺激を与えます。1分から3分。

3)臍から人差し指から小指まで揃えた幅分下がったところに関元というツボがあります。ここも指でぐりぐりと刺激を与えます。1分から3分。

4)両手を背中の腰の部分にあて、上下にさすります。3分から5分。温かく感じられればOK。

5)座って、内くるぶしから人差し指から小指まで揃えた幅分上の脛骨の脇に三陰交というツボがあります。そこを親指で押します。1分から3分。

次に、お茶をご紹介。

1)月季花茶

月季花(コウシンバラのつぼみ)30gにお湯を注ぎ、15分待ってから飲む。血の滞りをスムーズにしてくれます。月経不調(周期が定まらないなど)の場合、お勧めです。

2)玫瑰花姜茶

メイグイファ(マイカイのつぼみ)15gを取り、細切りにした生姜15gを加え、熱湯を注ぎ15分待ってから飲む。こちらも気や血のめぐりを良くし、血の滞りをスムーズにしてくれます。生姜は温める作用があります。甘くしたい場合は、黒砂糖を加えてください。

どちらもお花のお茶ですが、少し苦味があります。飲みやすくするには、ウーロン茶などに混ぜるとよいかもしれません。

毎月のものですので、なるべく快適に過ごしたいものですよね。お悩みの方、試してみてください。

|

« 立冬と小雪 | トップページ | サムゲタン »

中医学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 立冬と小雪 | トップページ | サムゲタン »