« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の16件の記事

1年間ありがとうございました。

今年の1月から始めたブログですが、三日坊主の私が、1年間無事に続けることができました。

年初に一応、その年の目標を決めるのですが、今年の達成率は6割という感じでしょうか。

(どういう目標かは内緒ですcoldsweats01

いつまで上海生活が続くか分かりませんが、とりあえず毎日楽しく過ごしたいと思います。

ということで、肝に銘じておきたい文章をご紹介。

The Present

1. Be in the Present

When you want to be happier and more effective, focus on waht is right now. Respond to what is important today.

2. Learn from the past

When you want to make the present better than the past, look at what happened in the past. Learn something valuable from it. Do things differently today.

3. Help create the future

When you want to make the future better than the present, imagine what a wonderful future would look like. Make a realistic plan. Do something today to help it happen.

Realize your purpose.

Explore ways to make your work and life more meaningful.

これはThe Presentという本からの文章です。日本語ではプレゼントは贈り物の意味ですが、現在という意味もあり、今というときが最高の贈り物だよということを老人が若者に諭していくという形式で書かれた本です。日本語の翻訳本もあると思いますので、ご興味のある方は一読を。

来年ももっと良い年でありますようにhappy01

| | コメント (0)

今年の授業は今日で終了。

今日は、朝8時から中医婦人科学、9時40分から方剤学の授業でした。

婦人科は選択していないのですが、漢方薬とか中医学が有効な場合が多いので、本科生に混じって、聞いてきました。

でも、朝早いのが難点ですね・・・。

方剤学は、去年上級生に混じって授業を受けていたのですが、今年は正式に選択してきちんと試験も受けなければなりません。

去年と同じ先生だったので、「え、何で授業に出てるの。去年、覚え切れなかった?」と聞かれ、去年は傍聴でしたというと、「じゃあ、ちゃんと勉強しなさい」ということで、しっかり顔もおぼえられていることだし、頑張ります。

この先生、前にブログでも良い先生について記事にしたときに登場した先生で、今日も小芝居を交えながら、楽しく授業をしてくれました。

出席などは厳しいのですが、先生曰く「教科書以外のことをしゃべるから、必ず授業に出るように。」とのことです。

試験に向けてだけの勉強ではないので、試験重視の生徒にとってはいやなものですが、患者さんと向き合うときに必ず役に立つと思います。

ところで、年末年始で、自主休講している人も多く、昨日もそうだったのですが、今日も教室はがらがら。

昨日は中医内科(2)だったのですが、先生がよく質問をする先生で、3つも質問されるし、前に出て回答は書かされるし、大変でした・・・。本気でお医者さんになる生徒さんたち、頑張ってください・・・。

実は私も1月1日がお休みのため、明日から日曜日まで休暇になりました。試験休みが無かったので、ここらで一休みします(リラックマみたいに)。

そうそう、最後にちょこっと自慢happy01

ものすごく力を入れて勉強した中薬学のテストが95点でした。他の人に聞くと、結構成績の悪い人が多かったらしく、先生の事務室に点数が低い理由を聞きに行くといっていました。先生の点数のつけ方が悪いのか、それとも生徒の方のミスなのか、謎ですcoldsweats01。でも先生に聞きにいくっていうことは、自信があったんでしょうね。

| | コメント (0)

冬は食べて美しくなろう。

いつも買っている新聞に2週続けて、食べて美しい肌になりましょうという記事が載ったので紹介します。

前に五臓を整えて肌を美しくするという記事と若干重なりますが、いいものは何度も紹介して、実践してもらえればと思います。

1.棗・マイカイ花茶

棗4個、マイカイ花4、5個、西洋参片6g

上記の材料を急須に入れ、熱湯を注いで5分したら、OK。お好みで氷砂糖や蜂蜜を加えても可。

棗:補虚益気、養血安神、健脾和胃の効果があります。

マイカイ花:利気、養血作用があります。

西洋参:補気養陰、清熱生津作用があります。

この3つを配合すると、気・血のめぐりを良くし、肌に潤いを与えてくれます。

2.棗・茯苓粥

棗10個、茯苓30g、白米100g

棗は種をとって、茯苓は砕いて、米と一緒にお粥にする。

茯苓:利湿健脾、寧心安神作用があります。

胃腸の調子が悪く、顔色が冴えなくて、元気が出ない方におすすめです。

3.百合粥

百合根40g、白米100g、氷砂糖適量

材料を一緒に煮て、お粥にします。(乾燥の百合根の場合、量を減らしてください。)

百合:養陰潤燥、補肺陰、清肺熱、養心陰、益心気

不眠症、夢をよく見る、顔色が冴えない、更年期症状(顔のほてりなど)がある方にお勧めです。百合根は冷やす作用があるので、風寒感冒、お腹が冷えて下しやすい方は控えてください。

4.龍眼・蓮の実粥

龍眼、蓮の実各30g、もち米100g

これも一緒に煮て、お粥にします。

龍眼;益心脾、補気血作用があります。

蓮の実:補脾益腎、養心安神作用があります。

顔色に血の気がない方、頬に赤味がさすようになります。心の働きを高めます。

5.白きくらげ・菊花・クコ粥

白きくらげ、菊花、クコ各10g、もち米60g

白きくらげは先に戻しておきます。全部一緒に煮込んでお粥にします。氷砂糖、蜂蜜で甘みをつけてもOK。

クコ:滋補肝腎、養肝明目、消除疲労作用があります。

菊花:散風清熱、平肝明目作用があります。

肌に光沢がない方にお勧めです。肝の働きを高めます。

私は、生理の後などで顔色が悪いときには、棗と龍眼をお茶に加えて飲んだりしています。

薬で治すのは、食べて治すのに及ばないという言葉もありますので、日々の食べ物にちょっとして工夫をするのも良いと思います。

| | コメント (0)

週末は読書三昧。

今朝テレビを見て知ったのですが、昨日は雪が降っていたんですね・・・。雨だとばっかり思っていました。

土曜日はお昼ご飯を食べに外に出たのですが、それ以降、一歩も外へ出ず、家にこもりっきりでした。

で、何をしていたかというと、読書です。NHKで放送されていた「坂の上の雲」を文庫本8巻まで読んでしまいました。

実は、試験中にどうしても読みたくて、2巻の途中まで読んだのですが、試験勉強が間に合わないことが分かってからは泣く泣くやめていましたweep

で、試験が終わったので、早速続きを読み始め、途中、ロシア人の長い名前に悪戦苦闘しながら、無事日曜日の晩に読み終わりました。

ドラマは第1部終了で、次は来年なんですね・・・。

この本、小説なんですけど、途中に解説が一杯入っていて、日本史ベタの私にとっては読みやすい本でした。最後に地図が載っていて、どうせめたかも分かるし。

司馬遼太郎の本は、前に胡蝶の夢という江戸の蘭学(蘭方医)の話を読んで、それも面白かったのですが、やはり人気があるのが分かります。

うちには、司馬遼太郎の本が沢山あるので、しばらくはブームが続きそうです。

| | コメント (0)

中薬学と中医内科の試験に出た問題

試験が終わってほっと一息ですが、中薬学と中医内科で試験にでたものを書いておきます。

<中薬学>

選択問題:単選択30問、双選択10問

穴埋め:10問(郁金と姜黄の使用部分が出ました。覚えてなかった・・・。)

正誤問題:6問

効能記述問題8問:川芎, 益母草, 桔梗, 苏子, 磁石, 天麻, 当归, 阿胶

比較問題:半夏VS天南星, 龟甲VS鳖甲

論述題:止血剤の定義、分類及び効能・主治などを述べよ

<中医内科>

名詞解釈:劳瘵, 中风, 偏头痛, 噎膈

選択問題5問

簡答題5問:痢疾的病机, 便秘的病性, 呕吐与胃痛的区别, 肺张的病机, 理中丸, 丁香散, 补中益气汤的呃逆的治疗上的区别

病案分析4問:多分、胃痛, 中风, 泄泻, 肺张

病案では病名、治療法、代表的な方剤と分量などを答えます。

来学期は方剤学と中医内科をとって、時間があるときに中医婦人科を聞きに行く予定です。

方剤学と中医内科の試験が今回みたいに続けて設定されませんように・・・weep

| | コメント (0)

試験終了!

やっと、試験が終わりました。これで楽しいクリスマスが迎えられます。

昨日は中薬学で、今日は中医内科です。どちらも必須科目で、単位を落とす人も多いとの噂も・・・。

今日は、試験場に10分前に入ると、普通は自分の名前が印刷された紙が机に貼ってあるので、それを探して座るのですが、教室中を見ても、私の名前が無いsign02

進修生はおまけのようなものなので、別の教室かとあせったのですが、同じ進修生の韓国人2人組も探している・・・。

先生のところにいくと、ちょうど名前の書いた紙を切ろうとしているsign01

「ごめんごめん、今、紙を見つけたの。席が無かったでしょう。後の空いているところに適当に座っていいわ。で、あなたの名前はこの中のどれ?」

と言われながら、結局先生と一緒に後の席へ。韓国人たちも手招きして、無事に席ができましたが、すぐに試験となり、覚えたことが一瞬で真っ白にgawk

ま、終わったからいいでしょう。重点といわれていたところ以外もしっかりでていたので、いい点数は望みません(笑)。

(実は昨日、試験疲れと暗記ものが間に合わないとのあせりから、旦那様に八つ当たりをしてしまいました。ごめんなさいweep今日は罪滅ぼしに、好物のエビチリを作るから許してください・・・。)

明日は先輩とお疲れ様会と称して、美味しいご飯を食べに行ってきます。

(1年生は明日中医基礎理論があるから、誘えなかったんですよね・・・。Mさん、今度ご飯食べに行きましょう。試験頑張ってね。)

| | コメント (0)

今日は冬至です。

明日は試験だというのに、やっぱり今日は冬至なので、記事を書いてしまわないと気がすまない・・・。

冬至は夜の時間が一番長い日になります。中国の民間では、冬至から81日間は寒い時期が続きます。9日間を1区切りとして、最初の12日間はポケットから手を出せないくらい寒いという感じだそうです。

中医学でいえば、陰極まれば陽と転ずということで、寒いながらも段々と陽気が増してくる時期になります。

ということで、冬は陰を養う時期ですが、その中でも陽気を補うことを少しずつ増やしていくことが大切です。陽気を高めていくと、次の春に病気になりにくくなります。

冬は補う季節とはいっても、何回も書いていますが、気が足りない人、血が足りない人、陽が足りない人、陰が足りない人とさまざまな体質がありますので、各自の体質に合わせて補うべきものも違ってきます。

が、日常の養生では平補を心がけるとよいと思います。そして、中医学でいう脾は後天の本とも言われているので、脾を健康に保つことに重点をおきましょう。

この時期にお勧めの食材はほうれん草です。寒くなると美味しくなりますよね。本では、ほうれん草のおひたしを醤油&鰹節で作るのではなく、ごま油で合える料理が紹介されていました。ごま油は潤す作用があるので、乾燥するこの時期には良いですね。

それから、寒くてしょうがない方、羊を試してみますかcoldsweats01

葱、生姜、花椒、八角を入れて煮込み、六分くらい煮上がったら鍋から出します。

この肉をいためて、もう少し火が通ってきた段階で葱と生姜のみじん切りを加え、さらに炒めます。

このお肉をもとのスープに戻し、塩で味を調えて、出来上がり。食べるときに、胡椒、香菜、葱のみじん切り、ごま油などを加えます。

家では羊の肉を煮ることはないのですが、外食するときに、寒くなると食べる頻度が増します。中国でも西域の方は、羊料理が多いので、色々と楽しめますので、食べられる範囲で探してみてはいかがでしょうか?

では、落ち着いたところで、明日とあさっての準備に入ります・・・weep

| | コメント (0)

木曜日の楽しみ

今日は金曜日ですが(笑)、木曜日にいつも楽しみにしていることがあります。

それは、近所の新聞スタンド店に「健康財富」と「中医薬報」という新聞を買いに行くことです。歩いて10分くらいのところなので、丁度散歩に最適。

試験勉強中ですが、どうせお昼ご飯を食べた後は眠くなるので、昨日も行ってきました。

ついでにこの時期、新聞店の近くの甘栗屋さんで甘栗を買うのがコースになっています。(←こっちのほうがメインかもcoldsweats01

昨日は、出来立てほかほかのものをお店の人がケースに移していたので、速攻買いに行きました。(でも中国人のおばさんに先をこされましたが・・・。)

いつもは5元分購入するのですが、前のおばさんが「半斤」と叫んでいるので、私も真似して「半斤」を購入、丁度7元です。

日本でも甘栗大好きだったのですが、500gで1000円くらいしたような気が。こっちでは私のお気に入りのお店は一番高いので500g13.8元(日本円で200円くらい?)です。

もちろんいつも一番高いやつを買っていますhappy01

栗の効能は、養胃健脾(胃腸などを丈夫にする)、補腎強筋(腎を補養し、筋肉や関節を丈夫にする)、活血止血(血行を良くし、うっ血性出血を止める)、甘・温の性質があるので、冬のこの時期におすすめです。

ちなみに、買ったお店の袋に中国の3大名産地である天津、福建、安徽の栗を用いて、日本の「吉栗太郎」の炒る技術を取り入れていると書いてあるのですが、吉栗太郎って・・・。

日本に居るときは、甘栗太郎というのを聞いたことがありますが・・・。試験が終わったら調べてみます。

そうそう、メインの新聞には冬の美肌料理が載っていたので、こちらも来週以降にご紹介します。

| | コメント (0)

ただ今試験勉強中・・・

今週は授業が無いので、全て試験勉強に当てられるんですが、色々な用事が出てきて・・・。

(ちょっと言い訳になっていますcoldsweats01

何にせよ、中薬学と中医内科が一緒になってしまったので、生薬を200個くらい覚えたり、12個の疾患の症状、治療法、方剤名を覚えたり(1つの病気につき6、7個分類があるんです・・・)と、暗記しても暗記しても次の日になると記憶が途切れがちに。

毎晩、夜に暗記した内容を復習して、次の日の朝にまた復習していくしかありませんね。

私は書いて覚えるタイプなので、旦那さんが会社から持ってきた裏紙を利用してますが、紙が貴重な時代だったころは皆さんどうやって暗記していたんでしょう。

学校では中国人学生が本を片手に暗誦している光景が見られるので、何度も口で言うしかないのかしら・・・。

そうそう、試験があるということで、旦那さんに「試験頑張ってね」と言ってくれと頼んだところ、「試験を頑張るのは当然です」という、ごもっともな答えが返ってきましたweep

今日はちょっと愚痴が入ってしまいました。さあ、気分を入れ替えて勉強しようっと。

| | コメント (0)

授業が無かった・・・。

記事を書いていたら、突然ネットワークが切れて、無くなってしまいました・・・weep

今日は、中医内科の最後の授業(2学期もありますが・・・)だったので、学校へいくと誰も教室にいません。

1時半ごろ、2人の韓国人のお兄さんが入ってきたので聞くと、「僕たちも進修生だから分からない。午前中はあったみたいだけど。」

そこで、韓国人のネットワークを使って、問い合わせてくれたら、授業は無くなって、特別講座を講堂に聴きに行っているとのこと。

お二人は聴きに行くということで、私は帰る事にしてcoldsweats01、途中まで歩きながら世間話をすると、韓国では韓医の勉強をしていて、1年間交換留学生として来ているそうです。

日本のこともちょっと話ながら、また今度ということでお別れしました。

ぶらぶら校内を歩いていると、今度は4年生の韓国人の女の子が前から歩いてきます。

やはり特別講座のために来たということ。

誘われたのですが、断って帰ろうとしたときに、彼女が中医内科の試験を受けることを思い出し(去年不合格だったそうです・・・。)、「重点ある?」と聞くと、無いということで、私の持っている分をコピーしに引き返しました。(まだ校内で良かった・・・)。そのまま、私は帰宅の途につきました。

帰りは久しぶりにバスに乗りましたが、渋滞にもはまらず、乗り換えも順調でほっと一安心。

授業が無くなったのはショックでしたが、新しい知り合いができて、韓国人の女の子に重点も渡せたし、とりあえず良しとしましょう。

さあ、これから24日まで、試験勉強の日々です。

| | コメント (0)

内経選読の試験終了

期末試験、1つ目の内経の試験が終わりました。

前半の選択問題と穴埋め問題は何も見ずに答えます。

後半の名詞解釈、簡答題、論述題は資料を見て答えられます。

途中で4回も授業を休んでいて、最後になんとか重点を教えてもらって準備をしたのですが、重点以外から、結構沢山出ていて、玉砕です・・・crying

とりあえず、合格さえしていれば。

名詞解釈は10問、簡答題は、2問(養生について、腹部の病気の鑑別)、論述題は病機19条の中から5蔵に関わるものを記載し、分析すること、でした。

黄帝内経は、中医のバイブルなので、勉強していて楽しかったのですが、原文を細切れにして勉強するので、ちょっと理解が難しかったです。やはり原文をゆっくり読みながら復習したいと思います。

試験の後、事務所によって2学期の授業について相談しましたが、方剤学と中医内科をとるだけで、他の科目は取れない感じです。空いている時間は自分の勉強に当てたいと思います。

さあ、あとは23日の中薬学、24日の中医内科(連続であるのでつらい・・・)のテストに向けて頑張ります。

| | コメント (0)

昨日は大雪でした。

あっという間に24節気の大雪になってしまいました。

この時期は進補に最適な時期になります。

補うといっても体質によって補うべきものは違ってきます。

まずは冬になると顔色が悪くなることがありますよね。改善するためには、養血の作用のあるものをとるとよいでしょう。中国ではよく龍眼が食べられます。

また体の乾燥が気になる方、この場合は、陰を補うことが必要です。例えば百合根や蓮の実、白きくらげなどがお勧めです。

特に唇が乾燥する方、脾の働きが弱っているかもしれません。この場合、脾を養う食品、山芋、大根、なつめなどがお勧めです。

冬は蓄える時期なのですが、ずっと家にこもってもいけません。やはり適度な運動は必要です。ただし、外にでる場合は、できれば帽子をかぶりましょう。これで頭から熱が逃げていくのを防げます。

私は毛糸の帽子を探しているのですが、若者向けのものばかりで、なかなか気に入ったものが見つかりません。うーん、早く探さなければ・・・。

この時期のお勧め料理のレシピを見てみると、羊の肉が多く使われています。中には犬の肉とかいてあるものもcoldsweats02

羊の肉は一時期日本でも脂肪燃焼効果があるとかで、流行りましたよね。冷え性の方、試してみてはいかがでしょう。

で、普通に作れるものとしては、山芋で作る大学いもはいかがでしょうか?山芋を油で揚げて、砂糖で作った蜜にからめるのですが、その際に黒ゴマを沢山混ぜましょう。これで冬のおやつはばっちりです。

こちらでは、冬に飲む漢方薬で膏方というのがあるのですが、補う薬が沢山入っています。ただし、脾の働きが悪い方は、消化不十分になり、体に対して逆効果になります。脾の働きは舌についている苔で判断できます。苔が多めについている方は、まず脾を整える必要があります。これは、漢方薬では、佩兰 や苍术といった健脾化湿のものを用いていきます。

毎朝、顔を洗うときに、舌も確認してみてはいかがでしょうか?体調によって変わっていると思いますよ。

| | コメント (0)

上海中医薬大学出版社

来週から勉強に本腰を入れるので、ブログの更新がどうなるかわかりませんcoldsweats01

まだ、余裕があるうちにいつもお世話になる本たちについて紹介します。

こちらの本は日本に比べると随分安いのですが、うちの大学の出版社の本は、学校の門の脇のお店で買うと半額から2割引で購入できます。

色々持っているのですが、特に役に立っている本をご紹介します。

1. 中医临床[三基]手册

中医基礎理論、診断学、中薬、方剤、経典(黄帝内経、傷寒論、金匮要略、温病学)、臨床(内科、外科、婦人科、小児科、骨傷科、眼科、五官科、鍼灸、推拿)とすべての科目の基本的内容がQ&Aで書かれています。手元においていつも復習するのに使えます。

2. 便携式 学习记忆手册

シリーズもので、私は内経、推拿、中医内科学を持っていますが、コンパクトにまとまっています。日本のレジデントマニュアルといったポケットにいれるサイズの本に似ています。

3. 实用趣味方剂手册

これは方剤学のポケットブックです。日本の医療用医薬品集の方剤版ですね。これは先輩から入学祝いにいただきました。中医内科の授業のときにはいつも持っていきます。

4. 便携式 中药问答

こちらは中薬学のQ&A集です。中薬学の授業でいまいち分からなかったところを確認できます。

全部コンパクトにまとまっている本ばかりです。1度勉強し終わったものも繰り返し復習しないといけないので、こういう小さな本を用意しておいて、時間があるときに目を通すとよいと思います。

| | コメント (0)

感情が病気の原因に。

来週の火曜日に黄帝内経の試験があります。資料持込可の部分があるので、最低限のところを勉強しています。

この黄帝内経は、中医学の基礎となる経典に当たります。この中で、いつもなるほどと思う部分をご紹介します。

喜怒哀楽といいますが、人間には7つの感情があると言われています。これは、怒、喜、悲、惊、忧、恐、思というものです。

この感情がほどほどの時には、問題になりません。むしろ、色々な感情が出て、楽しい生活となります。

ところが、この感情が過度になると病気につながってしまいます。

それが、こちら。

怒則気上(怒りすぎると気が上がる。)

喜則気緩(喜びすぎると気が緩む。)

悲則気消(悲しみすぎると気が消える。)

恐則気下(恐れすぎると気が下がる。)

惊則気乱(愕きすぎると気が乱れる。)

思則気結(思いすぎると気が結ぶ。)

真っ赤な顔をして、怒っている人いますよね・・・。喜びすぎると浮き足立った感じでしょうか。悲しみすぎると元気がなくなりますし、恐れると及び腰になっている状態ですね。愕くと心臓がどきっとする感じになりますし、思いつめると胸やお腹が張った状態で、循環していない気がします。

ということで、何事も中庸が一番です。良いことも悪いことも、こだわりすぎないようにしましょう。

(↑私も試験のことで思い詰めすぎないようにしますcoldsweats01

| | コメント (0)

中医内科期末テストの重点

中医内科のテストは24日なのですが、先週末に重点が発表されてました。

掲示板に貼ってある紙をみるようにと書いてあったのですが、その紙がない・・・。

と心配していたら、韓国人の男の子が大量にコピーしてきて、1枚くれました。ありがとうhappy01

でも、テストの部分内容と書いてありますが、病案はすべての疾患が範囲になっていました・・・。

1)病案解析

厥证, 肺胀, 肺痨, 胃痛, 呕吐, 噎膈, 呃逆, 泄泻, 痢疾, 便秘, 头痛, 中风

2)名詞解釈

噎膈, 反胃, 关格, 偏头痛, 脑风, 真头痛, 中风, 仆击, 真中风, 肺痨, 痨瘵, 伏连

3)簡答題

1. 治疗痢疾应注意哪些方面?

2. 痢疾的主要病机特点有哪些?

3. 简述痢疾的病因

4. 便秘基本病机特点是什么?与哪些脏腑功能失调有关.

5. 便秘的病理性质有哪几方面?

6. 试述血虚便秘的主症特点, 治法, 代表方.

7. 胃阴不足型呕吐的主证特点, 治法和代表方.

8. 呕吐的虚实辨证.

9. 呕吐与胃痛均与肝气有关, 其病理变化及治疗有何异同.

10. 呃逆的寒热虚实如何辨别?

11. 呃逆和嗳气有何异同?

12. 理中丸, 丁香散, 补中益气汤治疗呃逆时有什么异同?

お休みした分と方剤学をきちんとやっていなかった分、大変です・・・weepでもこれを覚えておかなければ、結局どこが悪くて何の薬を使うかを理解していないことになるので、頑張ります。

| | コメント (0)

サムゲタン

昨日は本当にどんよりして寒い1日でした。温かいものが美味しい季節ですね。

そこで、来週からの試験ウィークにも備えて、今日はお友達と古北エリアにお買い物&サムゲタンを食べに行ってきました。

まずは、真珠城と呼ばれるアクセサリーを売っているお店へGOdash

あんまり早すぎて、お目当てのお店はまだ開店していませんでした(笑)。

そこで、ふらふら他のお店を見ていたら、UGGっていうんですか、中に毛が張ってあるブーツを売っているお店があって(もちろん偽物・・・)、2人で値切ってお買い上げしました。

これで、冬も万全です。

それから、アクセサリーのお店に戻ると、他のお店は空いているのに、まだ閉店中・・・。

しばらく待つと老板娘(オーナー)がやってきました。

友達の欲しいものが品切れだったので、注文して届けてもらうことに。

そして、今日のメインのサムゲタンのお店へGOdash

2人で1つ注文し、ほかにチャプチェを頼んで待っていると、キムチや小菜が沢山並べられて幸せな気分happy01

サムゲタンもお肉がとろとろに煮えていて、とっても美味しかったです。中に詰められた米もとろっとしていかにもあったまる感じですconfident

床暖房になっていて、居心地もよく、まったりと過ごした後、パン、焼きそばの面、皮付き豚のばら肉(紅焼肉にする用)を買って帰ってきました。

家で鶏肉を煮ても味が抜けてぱさぱさした感じになるので、サムゲタンの秘訣が知りたいです・・・。

で、自分1人美味しいものを食べたので、本当はあまり食欲はないのですがcoldsweats01、今、紅焼肉を作っています。今日は、消化を助けるサンザシとブクリョウを入れて(これはお茶パックに詰めて煮終わったら取り出します)、ついでに気を補うために棗を加えたバージョンです。

皮付きのお肉はしっかり煮えるので、日本でも手に入る場合はそちらで豚の角煮を作ると美味しいと思います。

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »