« 悪夢再来・・・ | トップページ | どう診断するか? »

今日は大寒です。

昨日は、暖かい1日だったのですが、一転して曇りの寒々とした日になってしまいました。

ところで、今日は二十四節気の大寒です。

1年で一番寒い時期に入っていますね。

過去の記事はこちら↓

http://zhaoliangyao.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-9598.html

来週の土曜日から一時帰国をするので、実家に久しぶりに電話をすると父親が風邪を引いていました。

体は頑丈なほうで、風邪を引くと、高熱を出してしまうタイプなのですが、今回は熱が上がらないとのこと。

うーん、年をとって、体も弱って熱を出す力がなくなってきたのかとも思いましたが、本人は鼻が詰まるだけでつらくないというので、ゆっくり休んで、調子が戻らないようだったら、医者に行くようにとだけ伝えました。

中医学でいうと、高熱がぱーっと出るのは、正気と邪気が体の表面で戦うからだと考えられています。で正気の十分にあるこのタイプには邪気を発散させるのを助ける方剤を使います。

逆に、もともと正気が不足しているところに、邪気が侵入してくると、熱がでなかったり、でても低かったりというタイプの風邪になります。この場合は、邪気を発散させると同時に正気も補ってあげなければなりません。

栄養をつけて、ゆっくり寝ていたほうが良いタイプはこちらでしょうか?

ちなみに、父の風邪の原因は、毎日夕方1時間ほどウォーキングをしているときに、汗をキチンとふかなかったことのようです。

健康のためにやっていることで、風邪を引くとは・・・

父上さま、お互い1年ごとに年を取っていますので、養生しましょう。

|

« 悪夢再来・・・ | トップページ | どう診断するか? »

二十四節気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 悪夢再来・・・ | トップページ | どう診断するか? »