« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月の9件の記事

日本へ引越します。

実は、3月末で日本へ引越すことになりました。

学校は、途中になるのですが、もう仕様が無いという感じです。

一応東京に帰るのですが、家探しは3月に入ってから主人が出張して決めるそうです。

部屋選びのポイントは、ただ1つ・・・。

「部屋は狭くていいから、収納が多いところにして・・・。」

私は中国家具も興味なく、お茶道具もなく、お洋服も少ない、のないないづくしですが、本が大量にあるんですね・・・。

うちは夫婦で本の趣味が違うので、持って帰りたい本もばらばら。

私は中医学関係の本は根こそぎ持って帰ることを予定しているので、どうやってその場所を確保するかが一番の問題です。

もともと片付けベタの夫婦です。夕べは作戦会議をして(笑)、まずは空いている部屋に旦那さんのもの、私のもの、共通のものを分類して出してみることにしました。

そうすれば、旦那様は空いている時間に目を通すことができます。難点はただでさえ雑然とした部屋が、さらに汚くなってしまうことcrying

昨日、知り合いの方が貸してくれた雑誌に、原文子さんという91歳の画家の方のエッセイがでていたのですが、引越しを繰り返して物を減らすという文章で、本当にタイムリーでしたcoldsweats01

これを機会に本当に必要なもの以外は処分しなきゃ・・・。

3月は2週目まで大学に通って、後は片付けに没頭します。ブログは息抜きがてらちょこちょこ更新する予定です。

| | コメント (4)

方剤学の覚え方2(瀉下剤)

さて、昨日に引き続いて、方剤学の歌訣を記載します。

出典は、实用趣味方剂手册 上海中医药大学出版社

大承气汤

大承气汤用芒硝, 枳实大黄厚朴标, 泻热救阴功偏擅, 急下阳明有数条.

大陷胸汤

大陷胸汤治结胸, 心坚硬满便难通, 泻热逐水为峻剂, 芒硝甘遂大黄供.

大黄附子汤

金匮大黄附子汤, 细辛散寒止痛良, 冷积内结成实证, 功走温下妙非常.

温脾汤

温脾参附与干姜, 甘草当归硝大黄, 寒热并行治寒积, 脐腹绞结痛非常.

麻子仁丸

麻子仁丸治脾约, 大黄枳朴杏仁芍, 胃热津枯便难解, 润肠通便功效高.

济川煎

济川归膝肉苁蓉, 泽泻升麻枳壳从, 肾虚津亏肠中燥, 寓通于补法堪宗.

十枣汤

十枣逐水效堪夸, 大戟甘遂与芫花, 悬饮内停胸胁痛, 大腹肿满用无差.

黄龙汤

黄龙厚朴枳硝黄, 参归甘桔枣生姜, 阳明腑实气血弱, 攻补兼施效力强.

この中で注意するのは、十棗湯は湯となっているけど、棗以外の生薬は粉末にして棗を煮た汁で服用する方法ですかね。

どの薬も中病即止といって、便を排泄してすっきりしたら、薬は中止することが大事です。溜め込みはよくありませんが、使いすぎには注意しましょう。

| | コメント (0)

方剤学の覚え方(解表剤)

3月に入ると中間試験があるので、そろそろ勉強を開始しなければなりません。(まるでひとごとのような話し方ですcoldsweats01

そこで、活用してくれるのが歌訣です。私が利用する本はこちら。

実用趣味方剤小册 上海中医薬大学出版社

方剤学の最初に出てくる解表剤の歌訣をご紹介。

麻黄汤

麻黄汤中用桂枝, 杏仁甘草四般施, 发汗解表平咳喘, 伤寒无汗服之宜.

桂枝汤

桂枝汤治太阳风, 芍药甘草姜枣同, 解肌发表调营卫, 风寒表虚一方通.

九味羌活汤

九味羌活地防风, 细草苍芷芩川芎, 外感寒湿里蕴热, 发汗祛湿清里功.

香苏散

香苏散内草陈皮, 外感风寒气滞宜, 寒热头痛胸脘闷, 解表又能疏气机

小青龙汤

小青龙用桂芍麻, 干姜细夏草味加, 外感风寒内停饮, 温肺化饮效甚夸.

桑菊饮

桑菊饮中桔杏翘, 芦根甘草薄荷饶, 清疏肺卫轻宣剂, 风温咳嗽服之消.

银翘散

银翘散主风热疴, 竹叶荆牛豉薄荷, 甘桔芦根凉解法, 发热咽痛服之瘥.

麻黄杏仁甘草石膏汤

麻杏甘石汤法良, 辛凉宣泄有擅长, 邪热壅闭气喘急, 清肺平喘效力强.

柴葛解肌汤

陶氏柴葛解肌汤, 邪在三阳热势张, 芩芍桔甘羌活芷, 石膏大枣与生姜.

升麻葛根汤

阎氏升麻葛根汤, 芍药甘草合成方, 麻疹初期发不透, 解肌透疹此为良.

败毒散

人参败毒茯苓草, 枳壳柴前羌独芎, 薄荷少许姜三片, 时行感冒有奇功.

麻黄附子细辛汤

麻黄细辛附子躺, 助阳解表代表方, 阳虚外感风寒证, 寒中热轻脉沉良.

加减葳蕤汤

加减葳蕤用白薇, 豆豉生葱桔根随, 草枣薄荷八味共, 滋阴发汗此方魁.

この歌訣は方剤名、成分、効能が含まれているので、これを覚えておけばその方剤の特徴をつかめます。

方剤学の先生曰く、歌で覚えておくと臨床に出たときに、思い出しやすいそうです。

中国語が母国語ではないので、なかなか口で覚えるのは大変ですが、漢字で覚えると結構役に立つのではないかと思っています。

他には語呂合わせ的な趣記というものがあります。

一例はこちら。

麻黄湯 干妈贵姓?→意味は、甘麻桂杏?

これは音から入っているので、ちょっと難しいかな・・・。

| | コメント (0)

便秘の話

便秘・・・。

お腹がはったり、食欲がなくなったり、女性の場合、お肌にも影響が出てきますよね。

中医学でも1日に1回は排便していくことが大事だと考えています。

それはそうですよね。1日3回食事をして、さらにおやつなんかを食べていたら、毎日出さないと、食べたものはいったいどこへsign02

私は昔から便秘に悩まされていまして、時々はお薬のお世話になることもあります。

西洋薬でも腸の蠕動をよくするものや、かさを増やして排便させるものなど種類がいろいろあります。

中医学でも瀉下剤は、寒下、温下、潤下、逐水、攻補兼施に分けられ、便秘の種類によって使い分けられます。

恐らく多くの便秘で悩んでいる方は、野菜が足りていなかったり、朝ゆっくりトイレに座る習慣が無かったりという現代医学でいう習慣性便秘(食生活や生活習慣によって起こる便秘)に当たるのではないでしょうか。この場合、潤下剤の麻子仁丸が効果があるといわれています。

麻子仁丸

麻子仁、芍薬、枳実、大黄、厚朴、杏仁

薬に頼るのはいけないとはいっても、便を出さないのはもっと良くないということで、方剤の先生が勧める方法はこちら↓

最初の2週間 麻子仁丸

次の2週間 五仁丸 (桃仁、杏仁、松子仁、柏子仁、郁李仁、陳皮)

次の2週間 潤腸片(当帰、生地、麻子仁、桃仁、枳殻)

麻子仁丸は大黄を含んでいて、これは長期に服用すると同じ量を飲んでいても効き目が悪くなってくるんですね。

そのため、最初の2週間にとどめ、その後の4週間は大黄を含まない潤す作用がメインの薬を使って、合計6週間で毎日排便する習慣を作ります。

麻子仁丸は常備しているのですが、他の薬は近くの薬局に無かったので、冬休みを利用して大きな漢方薬局に買いに行きたいと思っています。

でも、五仁丸を見てもらうと分かるように、くだものの種がメインなんですね。アーモンドとかナッツ類をおやつにするのもよいのではないでしょうか?

| | コメント (0)

上海へ戻ってきました。

昨日、上海へ戻ってきました。

成田空港では、まず出国審査のところで、松井カズオ選手を発見!

手荷物検査場からエスカレーターで降りるときになんだかガラスに人が張り付いていて、フラッシュがたかれてたんですね・・・。

振り返るとサングラスをかけたイケメンの男性が!

出国審査で隣の列になって、観察していると、サングラスを外したので、ようやく分かりました。かっこよかったですよ。

で、うきうきしながら最後の買い物をとぶらぶらしていると、春節の時期で大量の中国人の方が旅行に来ていたようで、一気に中国に戻りました(笑)。

いつも買うめんたいこのコーナーでは、売り切れ続出、お菓子も根こそぎなくなっているところもありました。

機内にも大荷物を持ち込むので、上の棚は争奪戦状態・・・。

でも浦東空港での入国はスムーズだったので、イライラ感はほとんどありませんでした。

来月は中間テストがあるし、来週一週間は中国語のリハビリですcoldsweats01

最近、中医学の話題も少なくなってきたので、気合を入れなおさなきゃ・・・。

| | コメント (0)

漢方の本

今回は、雑誌の増刊号を中心に漢方に関する本を買ってみました。

最初はこれ。

日経Health Premie編 漢方でアンチエイジング

これは、日経HealthやPremieで特集されたものを再編集したものです。雑誌はそんなに長く保存しておかないし、切り抜いてとっていても、整理下手の私はなかなか使いきれなかったので、このようにまとめなおしてもらえるとうれしいです。

次は、これ。

オレンジページムック 自分で不調を治す 漢方的183のアイディア

これもオレンジページの増刊号で元気が出るからだの本というものの漢方部分を集めたものです。女の養生10カ条というのも載っていますし、日常生活には取り入れやすそうです。ところで、183って何か意味があるんでしょうか?

最後はこれ。

図解 東洋医学のしくみと治療法がわかる本 ナツメ社

これは丁先生という方が書かれた本です。最初に生薬のカラー写真が載っているのですが、この生薬たちがきれい!ウチダ和漢薬さんが提供しているみたいです。東洋医学の基本から診断法、症状別でよくつかわれる方剤が載っています。ツボの図もあるので、全体的に勉強したい方はお勧めです。

こういう本を読むと、自分もこんな感じの本を書いたり、説明したりできるようになりたいなと夢は広がりますが、先は長いですね・・・coldsweats01

| | コメント (2)

本の虫 in 日本

今日も良いお天気の1日になっています。

午前中は、ムーミン展に行ってきました。

ムーミンは体型が自分に似ているせいか?、昔から大好きなキャラクターの1つです。

雑誌の挿絵になり、ムーミンの原型になったものや、ムーミンの本9冊の挿絵が飾られていたり、立体模型があったりとなかなか楽しかったです。

グッズを何か買おうと思ったのですが、気に入ったものがなく、結局隣のコーナーの相田みつおさんのものを買ってきました・・・。

運転免許を持たない私にとっては、お出かけするのは一苦労になるので、実家に帰るともっぱら本の虫になります。

今、読んでいるのはこちら。

ちょっとした勉強のコツ 外山滋比古

カラダがよろこぶ76の習慣 海原純子監修

どちらもPHP文庫のもの。下のほうは、最近出版されたもので、よく健康法などについて聞かれるので、目を通してみました。

あとは、日経ヘルスなどの雑誌および増刊号などを買ってぼちぼち読んでいます。

でもすぐに眠くなったりしてあまりはかどらないんですよね・・・coldsweats01

と思っていたら、外山さんの本に、「勉強もそうだが、頭を使う作業では、あまりたっぷり時間があってはいけない。たとえば、日曜日。そのつもりになれば1日中勉強ができる。あれもこれもと欲ばった計画をたてるが、その通りにいったためしがない。」

とか、

「もっとも多く時間のあるのは夏休みである。いくらでも勉強ができるように思うけれども、実際には、毎日をぼんやりすごして、どうしてもしなくてはならない宿題すらロクにできないまま、休みあけを迎える。」

なんて、書いてありました。結論は「勉強は、短時間に、集中してやるにかぎる。」

だそうです。小学校などで時間割が決められているのは良いことみたいですよ。

私も時間割を作ろうかな・・・。

| | コメント (2)

今日は立春です。

宮崎はよいお天気ですが、とっても寒い1日になっています。

昨日は、しっかり恵方巻を食べてから、飲みに出かけました。母親から鍵を預かっていくのを忘れていて、気が付いたら11時半・・・。

締め出されているかと思ったのですが、玄関のカギは開けてありました。母上様、ありがとう。土曜日は本番の同窓会?で遅くなると思うので、ちゃんと鍵を持っていきますcoldsweats01

で、今日は立春です。暦の上では今日から春ですね。

去年のブログを見たら、この時期は日本へ戻っていて、資料がなくて記事にしてませんでした。

今回も資料はないのですが、ブログにちょこっと書いた、中医内科の先生のお話を紹介します。

中国は旧正月を祝うしきたりですが、今年の旧暦の1月1日は2月14日になります。

そこで、先生が質問。「じゃあ、2月14日生まれは干支は何か?」

「トラでーす」

「じゃあ、2月13日生まれの干支は何か?」

「うしじゃないの?」

「じゃあ、いつが干支の変わり目かな?

「2月13日から14日変わる夜中の12時?」

先生、怒る・・・。「ちがーう、干支は24節気を1年として、立春を1年の始まりとするから、2月4日生まれからトラである。」

それからは、中医学を学ぶものは、十干十二支を知らないといけないという話になって、その年の暦から流行りやすい病気を予測するそうです。

十干と十二支はそれぞれ五行説に沿って分けられるのですが、十干と十二支が同じ木だったら、肝に関わる病気が多くなるとか、いろいろあるそうです。

先生曰く、絶対勉強しておけば、難治性の病気に対応する時に役に立つと言われました。

もともと占い好きの私、とっても興味がありますが、手をつけると大変なことになりそうなので、もうちょっと落ち着いたら勉強を始めようかな?

(↑こうやっているうちに、月日は経っていくんですよね・・・)

| | コメント (2)

明日は節分ですね。

またまた日本を満喫しています。

明日は節分ということで、新聞の折り込みチラシには「丸かぶりずし」の宣伝がいっぱい。

あるお店は、神社で祈願した太巻きを目玉にしていたり、ほかのお店は、いろんな種類を取りそろえていたり、七福神にちなんで7種類の具をいれたりと年々華やかになっています。

私の記憶では、これは関西起源のものだと思うのですが・・・。イワシの頭を柊にさして家の前にかざったりもしていたように思います。

うちでは、まず食べ終わるまで無言でいなければならないので、おしゃべりな父はできるだけ小さいのがいいと言っています(笑)。

年寄りだから福が来なくても、なんて言っているので、私や兄の福を呼び込んでくれないとというと一応納得していました…。

ちなみに、去年も今の時期に一時帰国していたのですが、買いに行ったのが遅かったので、なんだか海老フライが入ったものしかありませんでした。

母は、おいしいお酢があるから、自分たちで作ろうかとも話していますが、不器用親子の2人では、太巻きをうまく巻けるかが心配ですcoldsweats01(どちらが巻くかで譲り合いになりそうです。)

しかも、明日は幼馴染と飲みに行く約束になっているので、太巻きを食べて行くんだったら小さいのにしないとお酒が飲めません(どれだけ飲むつもりでしょう・・・)。

ということで、現時点では結論は出ていません。またご報告します(笑)。

そうそう、2月4日は立春ですよね。干支にちなんだお話を学校で聞いたので、また記事で紹介します。

| | コメント (3)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »