« 方剤学の覚え方(解表剤) | トップページ | 日本へ引越します。 »

方剤学の覚え方2(瀉下剤)

さて、昨日に引き続いて、方剤学の歌訣を記載します。

出典は、实用趣味方剂手册 上海中医药大学出版社

大承气汤

大承气汤用芒硝, 枳实大黄厚朴标, 泻热救阴功偏擅, 急下阳明有数条.

大陷胸汤

大陷胸汤治结胸, 心坚硬满便难通, 泻热逐水为峻剂, 芒硝甘遂大黄供.

大黄附子汤

金匮大黄附子汤, 细辛散寒止痛良, 冷积内结成实证, 功走温下妙非常.

温脾汤

温脾参附与干姜, 甘草当归硝大黄, 寒热并行治寒积, 脐腹绞结痛非常.

麻子仁丸

麻子仁丸治脾约, 大黄枳朴杏仁芍, 胃热津枯便难解, 润肠通便功效高.

济川煎

济川归膝肉苁蓉, 泽泻升麻枳壳从, 肾虚津亏肠中燥, 寓通于补法堪宗.

十枣汤

十枣逐水效堪夸, 大戟甘遂与芫花, 悬饮内停胸胁痛, 大腹肿满用无差.

黄龙汤

黄龙厚朴枳硝黄, 参归甘桔枣生姜, 阳明腑实气血弱, 攻补兼施效力强.

この中で注意するのは、十棗湯は湯となっているけど、棗以外の生薬は粉末にして棗を煮た汁で服用する方法ですかね。

どの薬も中病即止といって、便を排泄してすっきりしたら、薬は中止することが大事です。溜め込みはよくありませんが、使いすぎには注意しましょう。

|

« 方剤学の覚え方(解表剤) | トップページ | 日本へ引越します。 »

方剤」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 方剤学の覚え方(解表剤) | トップページ | 日本へ引越します。 »