« 便秘の話 | トップページ | 方剤学の覚え方2(瀉下剤) »

方剤学の覚え方(解表剤)

3月に入ると中間試験があるので、そろそろ勉強を開始しなければなりません。(まるでひとごとのような話し方です

そこで、活用してくれるのが歌訣です。私が利用する本はこちら。

実用趣味方剤小册 上海中医薬大学出版社

方剤学の最初に出てくる解表剤の歌訣をご紹介。

麻黄汤

麻黄汤中用桂枝, 杏仁甘草四般施, 发汗解表平咳喘, 伤寒无汗服之宜.

桂枝汤

桂枝汤治太阳风, 芍药甘草姜枣同, 解肌发表调营卫, 风寒表虚一方通.

九味羌活汤

九味羌活地防风, 细草苍芷芩川芎, 外感寒湿里蕴热, 发汗祛湿清里功.

香苏散

香苏散内草陈皮, 外感风寒气滞宜, 寒热头痛胸脘闷, 解表又能疏气机

小青龙汤

小青龙用桂芍麻, 干姜细夏草味加, 外感风寒内停饮, 温肺化饮效甚夸.

桑菊饮

桑菊饮中桔杏翘, 芦根甘草薄荷饶, 清疏肺卫轻宣剂, 风温咳嗽服之消.

银翘散

银翘散主风热疴, 竹叶荆牛豉薄荷, 甘桔芦根凉解法, 发热咽痛服之瘥.

麻黄杏仁甘草石膏汤

麻杏甘石汤法良, 辛凉宣泄有擅长, 邪热壅闭气喘急, 清肺平喘效力强.

柴葛解肌汤

陶氏柴葛解肌汤, 邪在三阳热势张, 芩芍桔甘羌活芷, 石膏大枣与生姜.

升麻葛根汤

阎氏升麻葛根汤, 芍药甘草合成方, 麻疹初期发不透, 解肌透疹此为良.

败毒散

人参败毒茯苓草, 枳壳柴前羌独芎, 薄荷少许姜三片, 时行感冒有奇功.

麻黄附子细辛汤

麻黄细辛附子躺, 助阳解表代表方, 阳虚外感风寒证, 寒中热轻脉沉良.

加减葳蕤汤

加减葳蕤用白薇, 豆豉生葱桔根随, 草枣薄荷八味共, 滋阴发汗此方魁.

この歌訣は方剤名、成分、効能が含まれているので、これを覚えておけばその方剤の特徴をつかめます。

方剤学の先生曰く、歌で覚えておくと臨床に出たときに、思い出しやすいそうです。

中国語が母国語ではないので、なかなか口で覚えるのは大変ですが、漢字で覚えると結構役に立つのではないかと思っています。

他には語呂合わせ的な趣記というものがあります。

一例はこちら。

麻黄湯 干妈贵姓?→意味は、甘麻桂杏?

これは音から入っているので、ちょっと難しいかな・・・。

|

« 便秘の話 | トップページ | 方剤学の覚え方2(瀉下剤) »

方剤」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 便秘の話 | トップページ | 方剤学の覚え方2(瀉下剤) »