« 先生のお勧め2 | トップページ | 引越しの下見終了。 »

運気学説

今日は、小雨交じりが雪になり、途中晴れ間もでたのに、寒い1日になりました。

帰りに図書館の本屋でまた本を購入して、有軌電車の駅に向かうと寒そうな姿の女の子が・・・。

あ、去年一緒に授業を受けた鍼灸が専門の3年生の韓国人です。学校から地下鉄の駅へ行く途中にあるマンションに住んでいて、いつもは歩いているようですが、今日はあまりの寒さで電車に乗るということで、一緒になりました。

冬休みは韓国に帰って、ご両親に推拿をやってあげたら、痛いって言われた・・・と残念がってました。彼女、細身ですが、結構ぐいぐい力が入るタイプです。頑張ってね。

ところで、昨日の記事で紹介した先生のお勧めの中の1冊に運気学説があります。

先生が授業中に言っていたのは、任さんという方(馴れ馴れしいですね・・・)の「運気学説」ですが、見当たらなくて、うろうろしていたら、目に入ったのが、「実用運気学説」。

最初に総論があって、その後各論で1984年から2043年までの60年間について、どのような病気が起こりやすくて、どのような治療が良いということが書かれています。

ちなみに2009年、去年は風気、湿気、寒気が主要な運気だったようです。今年は、庚寅で、火気と風気が主要な運気だそうです。

まだ総論のところを少しかじっているだけなので、各論のところを見てもまだ何がなんだかわかりません(笑)。

運気学説を勉強されたい方、「実用運気学説 気候与疾病防治」(学苑出版社)、一読されると面白いかもしれません。

|

« 先生のお勧め2 | トップページ | 引越しの下見終了。 »

中医学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 先生のお勧め2 | トップページ | 引越しの下見終了。 »