« やっぱりビーズが好き。 | トップページ | ブログで紹介した本が! »

ツボの暗記

このブログを見に来てくれる方が、どんなキーワードで検索しているかを調べてみると、やっぱりツボの暗記についてが多いんですね。暗記はつらいですから・・・。

ブログでは、ツボの位置を盛り込んだ歌訣をご紹介していたのですが、実際に私がどのように暗記したかを紹介します。

1.カードをつくる

これは単語帳ではなくて、5cmX5cmくらいの紙を用意します。

表にはツボの名前のみ書きます。裏には、それが何の経絡に属しているか、位置、効用、特定穴だったらその名前を書きます。

(例)表 孔最

裏 手太阴肺经 在前臂掌面桡侧, 当尺泽与太渊连线上, 腕横纹上7寸 清热解表, 润肺止血 郄穴

(中国語で勉強したので、中国語で書いてます。すいません。)

これ、とっても面倒ですが、1度作るとずっと使えます。点穴の場合は、場所だけ覚えればいいですし、効能を覚えるときも使えます。何度もカードを作り直すよりいいと思います。

2.骨格模型を使って、点穴の練習

カードを混ぜる。それを1枚ずつとって、表のツボを見た後、骨格模型を使って、ツボの位置を押さえ、声に出して位置を言う。

3.正しいかどうか、裏をみて確認する

正しかったら、そのカードは別にして、間違ったらまたカードの束に戻す。これを繰り返していく。

骨格模型が無い場合は、自分の体を押さえてもいいのですが、そうすると実際に人のツボを探すときに、ちょっと違和感があったりするので、できれば模型を使ったほうが良いと思います。一緒に勉強する人がいれば、お互いに練習したらもっといいでしょう。

あと、声を出すのがポイントです。書いて覚えて、さらに口にすることで、より記憶に定着しやすくなると思います。

私は試験前に、うちの骨太くん(骨格模型)相手に、ぶつぶつ言いながらやっていたら、旦那さんから「怖い・・・。」と言われました。

でもおかげで、試験では良い成績をとることができました。

一瞬で暗記できる方法があればいいのですが、やはり暗記は時間と労力がいるかなと思います。がんばりましょう。

|

« やっぱりビーズが好き。 | トップページ | ブログで紹介した本が! »

ツボ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっぱりビーズが好き。 | トップページ | ブログで紹介した本が! »