« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月の18件の記事

しばらくお休みします。

ちょっと色々と立て込んでおりまして、しばらくブログはお休みします。

落ち着いたら、バージョンアップして再開したいと思います(笑)。

| | コメント (0)

ものはいいよう?

昨日からの懸念事項が解決しました。

うちの年配のドクターは40代若手ドクターの処方が気に入らないのか、薬局にぼやきにやってきます。

昨日は、そのとばっちりで、なんと私が若手ドクターに処方の変更をお願いしに行くことに・・・。まあちょっと多めに投与されているので気になっていたことなんですが・・・。

あまり強く言うと、拒否されるので、それとなくドクターに話してみたら、まだ使いたいというばかり。

ドクターが使うんだったら、仕方が無いと思って薬局に引き上げると、薬局長からじゃあ何を指標にしてどこまで使うのか聞かなきゃと逆に責められる始末・・・。

夕べはもう必死に臨床検査値の本とか、内科系の治療法をまとめた本を読んで、なんとか今日もう一度ドクターに話をする準備をしました。

そして、今日、お昼ご飯の後、くつろいでいるところをめがけて、「添付文書(薬の説明書)ではこんな風に書いてあるので、そろそろ投薬を中止したほうがよいかと思われますが、本だけの知識なので、臨床で実際にどんな風に使われているかよろしかったら教えていただけますか?」と下手に出つつ、言ってみました。

そうすると、「検査値を確認しながら投与しているし、他に使える薬剤が無いときは1ヶ月くらい使うよ」とのお返事。

昨日のにわか勉強で、多分そろそろ検査値も改善してくる頃だし、採血してみてはといいたいところでしたが、「わかりました。ありがとうございました」と引き下がって、週末分の注射薬を準備して病棟に出したところ、看護師さんが「中止になりました」と返品してきました。

ああ、読みが当たった。というか、過量投与にならなくてよかった。

一応、年配のドクターのぼやきもクリアできたし、患者さんへの負担も軽くなったはず。

こういうことは色々調べたりして勉強になるので平気なのですが、他にも嫌な役回りを押し付けられるので(昨日は別のことでも大変だったんです)、温厚な(笑)私もさすがに切れそうになりました。

修行が足りないのかな・・・。

| | コメント (0)

方剤の歌訣(駆虫剤&涌吐剤)

なんと、今日で最終回ですsign01頑張りました。(←自画自賛)

今日は、駆虫剤と涌吐剤の紹介です。

驱虫剂

乌梅丸

乌梅丸用细辛桂, 黄连黄柏及当归, 人参椒姜加附子, 清上温下又安蛔

涌吐剂

瓜蒂散

瓜蒂散中赤小豆, 豆豉汁调酸苦凑, 逐邪涌吐功最捷, 胸脘痰食服之瘳

出典:实用趣味方剂手册 上海中医药大学出版社

烏梅丸の方は、最近は虫下しというよりは、胃腸炎などの下痢の症状に使われたりするようです。

次は何のシリーズを紹介しようかな・・・。

| | コメント (0)

方剤の歌訣(消導化積剤)

さあ、もう終わりが見えてきました。

今日は、消導化積剤を紹介します。

1. 消食化滞

保和丸

保和神曲与山楂, 苓夏陈翘菔子加, 炊饼为丸白汤下, 消食和胃效堪夸

枳实导滞丸

枳实导滞曲大黄, 芩连白术茯苓襄, 泽泻蒸饼糊丸服, 湿热积滞能攘

木香槟榔丸

;木香槟榔青陈皮, 枳柏黄连莪术齐, 大黄黑丑兼香附, 泻利湿重热滞宜

2. 健脾消食

健脾丸

健脾参术苓草陈, 肉蔻香连合砂仁, 楂肉山药曲麦炒, 消补兼施此方寻

枳实消痞丸

枳实消痞四君全, 麦芽夏曲朴姜连, 脾虚气滞寒热证, 消中有补两相兼

出典:实用趣味方剂手册 上海中医药大学出版社

| | コメント (0)

方剤の歌訣(祛痰剂)

今日、2つ目の記事は方剤の歌訣です。今日は祛痰剂の紹介です。

1. 燥湿化痰

二陈汤

二陈汤用半夏陈, 益以茯苓甘草臣, 利气和中燥湿痰, 煎加生姜乌梅存

温胆汤

温胆汤中苓半草, 枳竹陈皮加姜枣, 虚烦不眠证多端, 此系胆虚痰热扰

茯苓丸

<指迷>茯苓丸半夏, 风硝枳壳姜汤下, 中脘停痰肩臂痛, 气行痰消痛自罢

2. 清热化痰

清气化痰丸

清气化痰星夏橘, 杏仁枳实瓜蒌俱, 苓苓姜汁糊为丸, 气顺火消痰自去

小陷胸汤

小陷胸汤连下蒌, 宽胸开结涤痰优, 膈上热痰痞满痛, 舌苔黄腻服之休

滚痰丸

滚痰青礞逐痰方, 大黄黄芩与沉香, 百病皆因痰作崇, 顽痰怪证力能匡

3. 润燥化痰

贝母瓜蒌散

贝母瓜蒌花粉研, 橘红桔梗茯苓添, 呛咳咽干痰难出, 润燥化痰病自安

4. 温化寒痰

苓甘五味姜辛汤

苓甘五味姜辛汤, 温阳化饮常用方, 半夏杏仁均可入, 寒痰冷饮保安康

三子养亲汤

三子养亲祛痰方, 芥苏莱菔共煎汤, 大便实硬加熟蜜, 冬寒更可加生姜

5. 治风化痰

止咳散

止咳散内桔梗陈, 紫菀荆芥百部寻, 白前甘草共为末, 姜汤调服止咳频

半夏白术天麻汤

半夏白术天麻汤, 苓草橘红大枣姜, 眩晕头痛风痰证, 热盛阴亏切莫尝

定痫丸

定痫二茯贝天麻, 丹麦陈远菖蒲夏, 胆星蝎蚕草竹沥, 姜汁琥珀与朱砂

出典:实用趣味方剂手册 上海中医药大学出版社

| | コメント (0)

今日は処暑です。

おはようございます。今日は二十四節気の処暑です。朝夕の風が少し涼しく感じられるのは私だけでしょうか?日中は猛暑日になるようですが・・・。

中国では、処暑を過ぎても18日は暑い日が続くといわれているそうです。ということは9月初めまでは暑いんですね・・・。

今年参考にしている24節気養生法の中では、この時期は暑さと湿気でやられた体の毒素を排出するために、膀胱経を整えるとよいと書いてあります。

あれ、立秋のときも膀胱経だったような?まあ、節気が変わっても1連の流れですからね。で立秋のときに、刮痧を紹介しましたが、今回はその続きです。

刮痧をすると、当然皮膚に赤い筋がでます。この筋の出方で実か虚かが分かるのです。実の邪の場合、赤くはっきりした線がでますが、体が虚の場合、赤い線はあまりでません。さらに体が虚の場合は、刮痧をしてもすっきり感を感じられなかったりします。

そこで、体が虚の場合の膀胱経の整え方をご紹介。

1.両手指を組んで、首の後に置きます。そして、両手を狭めるようにして、首を軽く両側から圧迫します。

首の後は膀胱経のルートですから、こちらを刺激することによって、経絡を整えます。

2.下腰を握りこぶしを作って、軽くたたきます。場所は、尾てい骨の上で背骨の両側あたりです。ツボで言うと、八髎穴の位置になります。女性で生理の問題がある方は、この場所を軽く刺激してあげると良いでしょう。

さあ、次は食べものについてですが、この時期、暑さが治まりつつあるとはいえ、夏の疲れがでて、食欲が出てこないという方が増えてきますね。

この場合、脾胃を整えることが大事です。そこでお勧めなのが、お粥。それもお米のお粥ではなくて、粟のお粥です。

粟、とうもろこし、かぼちゃと棗を煮込んでお粥にします。色が黄色いので、黄金粥と呼ぶそうです。脾の色は黄色ですので、五行説にものっとっているんですね。どれも脾胃にやさしいものですので、食欲のない方、是非試してみてください。

別の本で紹介されていたのは、百合根です。これは秋の乾燥する時期に向かって肺を整えようというものです。白米のお粥に百合根を入れたり、百合根とはと麦を組み合わせてもよいようです。

最後に紹介したいのが、足指じゃんけん!

足の指を使って、ぐー、ちょき、ぱーをするんですが、私、ぱーができませんcoldsweats01。大きく開けば開くほど、経絡の通じがよくなるそうです。うう、毎日練習してみようかな。

ちなみにぐーが出来ない人は、頭部の血の巡りが悪いらしく、不眠に悩まされていたり、ストレスがかかっていたりするようです。

ちょきが出来ない方は、腰に問題がある人が多いようです。皆さんはいかがですか?

| | コメント (0)

方剤の歌訣(祛湿剂)

最近、操作を間違えて、タイトルだけ入力して、記事を公開してしまうことが多々あります・・・。

さあ、気を取り直して、今日は祛湿剂の紹介です。

1. 化湿和胃

平胃散

平胃散用朴陈皮, 苍术甘草姜枣齐, 燥湿运脾除胀满, 调胃和中此方宜

藿香正气散

藿香正气大腹苏, 甘桔陈苓术朴俱, 夏曲白芷加姜枣, 解表化湿法兼顾

2. 清热祛湿

茵陈蒿汤

茵陈蒿汤治阳黄, 栀子大黄组成方, 栀子柏皮加甘草, 茵陈四逆治阴黄

八正散

八正木通与车前, 萹蓄大黄滑石研, 草梢瞿麦兼栀子, 煎加灯草痛淋蠲

三仁汤

三仁杏蔻薏苡仁, 朴夏白通滑竹伦, 水用甘澜扬百遍, 湿温初起法堪遵

甘露消毒丹

甘露消毒蔻藿香, 茵陈滑石木通菖, 芩翘贝母射干薄, 湿温时疫是主方

连朴饮

连朴饮用香豆豉, 菖蒲半夏焦山栀, 芦根厚朴黄连入, 湿热霍乱此方施

当归拈痛汤

当归拈痛羌防升, 猪泽茵陈芩葛朋, 二术苦参知母草, 疮疡湿热服之应

二妙散

二妙散中苍柏兼, 若云三妙牛膝添, 四妙再加薏苡仁, 湿热下注痿痹痊

3. 利水渗湿

五苓散

五苓散治蓄水证, 泽泻白术与二苓, 温阳化气添桂枝, 利湿解表治水停

猪苓汤

猪苓汤用猪茯苓, 泽泻滑石阿胶并, 小便不利兼烦渴, 利水养阴热亦平

防己黄芪汤

防己黄芪金匮方, 白术甘草枣生姜, 汗出恶风兼身重, 表虚湿盛服之康

五皮散

五皮散用五般皮, 陈茯姜桑大腹奇, 或以五加易桑白, 脾虚腹胀此方宜

4. 温化水湿

苓桂术甘汤

苓桂术甘化水剂, 温阳化饮又健脾, 饮邪上逆胸胁满, 水饮下行悸眩移

真武汤

真武汤壮肾中阳, 茯苓术芍附生姜, 少阴腹痛寒水气, 悸眩run惕保安康

实脾散

实脾苓术与木瓜, 甘草木香大腹加, 草果附姜兼厚朴, 虚寒阴水效堪夸

萆薢分清饮

萆薢分清菖蒲需, 萆薢乌药益智俱, 或益茯苓盐煎服, 通心固肾浊精驱

5. 祛风胜湿

羌活胜湿汤

羌活胜湿草独芎, 蔓荆藁本加防风, 湿邪在表头腰痛, 发汗升阳经络通

独活寄生汤

独活寄生艽防辛, 芎归地芍桂苓均, 杜仲牛膝人参草, 冷风顽痹屈能伸

出典:实用趣味方剂手册 上海中医药大学出版社

| | コメント (0)

方剤の歌訣(治燥剤)

さあ、方剤の歌訣の時間です(笑)。

今日は治燥剤のご紹介。

1. 轻宣外燥

杏苏散

杏苏散内夏陈前, 枳桔苓草姜枣研, 轻宣温润治凉燥, 咳止痰化病自痊

桑杏汤

桑杏汤中象贝宜, 沙参栀豉与梨皮, 干咳鼻燥右脉大, 辛凉甘润燥能医

清燥救肺汤

清燥救肺参草枇, 石膏胶杏麦胡麻, 经霜收下冬桑叶, 清燥润肺效可夸

2. 滋阴润燥

养阴清肺汤

养阴清肺是妙方, 玄参草芍麦地黄, 薄荷贝母丹皮入, 时疫白喉急煎尝

百合固金汤

百合固金二地黄, 玄参贝母桔甘藏, 麦冬芍药当归配, 喘咳痰血肺家伤

麦门冬汤

麦门冬汤用人参, 枣草粳米半夏存, 肺痿咳逆因虚火, 益胃生津此方珍

益胃汤

益胃汤能养胃阴, 冰糖玉竹与沙参, 麦冬生地同煎服, 温病须虑热伤津

增液汤

增液玄参与地冬, 热病津枯便不通, 补药之体作泻剂, 但非重用不为功

今日は、時間があるので、どんなふうに読むかをちょっとだけ紹介します。

例えば、麦门冬汤。日本語ではバクモントウドウと読みます。

中国語では、maimendongtang(マイメンドンタン)です。

歌訣のピンインはmaimendongtangyongrenshen, zaocaojingmibanxiacun, feiweikeniyinxuhuo, yiweishengjincifangzhen

カタカナ発音すると、マイメンドンタンヨンレンシェン、ザオツァオジンミーバンシャツン、フェイウェイカニインシュフォ、イウェイシェンジンツファンジェン

実際には四声とか色々あるので、なかなかカタカナで書きにくいのですが、まあお経のような読み方になると考えていただければ分かりやすいのではないでしょうかcoldsweats01

中医学を勉強されている方、中国語もやってみると面白いと思いますよ。

| | コメント (0)

今日から三連休

6月に働き始めて、夏休みが1日しかとれないということが判明し、がっくりきていたのですが、4週8休の休みを組み合わせて、今日から月曜日までお休みになりました。

小さい夏休みですhappy01

どこかにお出かけするのと聞かれるのですが、今回は家でのんびりです。

というよりも散らかった本の整理が最優先課題になっています・・・。

でも、今日は高校野球の決勝戦があるので、そちらを優先する予定coldsweats01

高校野球は、小さい頃からずっと見ています。高校3年生のときは、なんと自分の学校が甲子園に行きました。受験生なので、希望者だけ甲子園に応援に行くということでしたが、1回戦、見に行ってきました。スタンドで見るとまた違いますね。2回戦まで進んだのですが、さすがに2回目は許してもらえず、家でテレビで見てました。負けちゃって残念だったのを思い出します。

そのときの同級生とは昨年秋から幼馴染を通して、また付き合いが始まり、20年以上音信不通状態だったのに、あっという間に仲良く話せるようになったのはうれしい驚きでした。

さ、まずは8月中に終わらせようとしている方剤の歌訣の記事を書いて、その後お片づけに入ります。

| | コメント (0)

方剤の歌訣(治風剤)

今日は、記事をもう1つ、方剤の続きです。治風剤の紹介です。

1. 疏散外风

川芎茶调散

川芎茶调散荆防, 辛芷薄荷甘草羌, 目昏鼻塞风攻上, 正偏头痛悉能康

大秦艽汤

大秦艽汤羌独防, 芎芷辛芩二地黄, 石膏归芍苓甘术, 风邪散见可通尝

小活络丹

小活络丹南星充, 二乌乳没与地龙, 寒湿瘀血成痹痛, 搜风活血经络通

牵正散

牵正散是杨家方, 僵蚕全蝎白附襄, 服用少量热酒下, 口眼歪斜疗效彰

玉真散

玉真散治破伤风, 牙关紧急反张弓, 星麻白附羌防芷, 外敷内服一方通

消风散

消风散内有荆防, 蝉蜕胡麻苦参苍, 知膏蒡通归地草, 风疹湿疹服之康

2. 平息内风

羚角钩藤汤

羚角钩藤菊花桑, 地芍贝茹神草襄, 凉肝熄风又养阴, 热极动风急煎尝

镇肝熄风汤

镇肝熄风芍天冬, 玄参牡蛎赭茵供, 麦龟膝草龙川楝, 肝风内动有奇功

天麻钩藤饮

天麻钩藤石决明, 杜仲牛膝桑寄生, 栀子黄芩益母草, 茯神夜交神自宁

大定风珠

大定风珠鸡子黄, 三甲五味阿胶襄, 麦冬麻仁甘芍地, 阴虚风动此方良

出典:实用趣味方剂手册 上海中医药大学出版社

| | コメント (0)

看護師さんありがとう

今日は、午前中薬局のごみを捨てに倉庫に行ったら、突然ドアがしまってきて、アキレス腱のあたりをこすってしまいました。

痛い、と思いつつ、とりあえずごみをすてて戻ってみると、血が・・・。

バンドエイドくらいをもらえればと患者さんもいなかったので、外来にいくと看護師さんが「思ったより傷が深そうだから、まず流しで足を洗いなさい!」

椅子を台にして、自分の腰辺りの流しに足を乗っけて、血を洗い流しました。

その体勢のまま、抗生物質の軟膏をガーゼにつけて、さらに圧迫止血をしてくれました。

お礼をいって薬局に帰って仕事をしていると、ガーゼを何枚かとそれを止めるテープを持ってきてくれました。

本当にありがとうございます。

夕方みてみると、ガーゼが血に染まっていたので、新しいのに替えたのですが、家に帰るとそのガーゼも血で染まっている・・・。

今日はお風呂上りに抗生物質の軟膏をつけてガーゼを貼って寝ます。

でも処置が早かったので、ほとんど痛みもないんです。外来の看護師さん、ありがとうございました。

| | コメント (0)

方剤の歌訣(理血剤)

猛烈な暑さが続いていますね。ここでめげてしまいそうなのですが、終わりも見えてきたので、方剤の歌訣の紹介を続けます。

1. 活血祛瘀

桃核承气汤

桃核承气五般施, 甘草硝黄并桂枝, 瘀热互结小腹胀, 如狂蓄血功最奇

血府逐瘀汤

血府当归生地桃, 红花甘草壳赤芍, 柴胡芎桔牛膝等, 血化下行不作痨

补阳还五汤

补阳还五赤芍芎, 归尾通经佐地龙, 四两黄芪为君药, 血中瘀滞用桃红

复元活血汤

复元活血汤柴胡, 花粉当归山甲珠, 桃仁红花大黄草, 损伤瘀血酒煎服

温经汤

温经汤用吴萸芎, 归芍丹桂姜夏冬, 参草益脾胶养血, 调经重在暖胞宫

生化汤

生化汤是产后方, 归芎桃草酒炮姜, 消瘀活血功偏擅, 止痛温经效亦彰

失笑散

失笑灵脂蒲黄同, 等量为散酽醋冲, 瘀滞心腹时作痛, 祛瘀止痛有奇功

丹参饮

丹参饮中用檀香, 砂仁合用成妙方, 血瘀气滞两相结, 心胃诸痛用之良

桂枝茯苓丸

仲景桂枝茯苓丸, 桃仁芍药和牡丹, 等分为末蜜丸服, 缓消瘀积胎可安

鳖甲煎丸

鳖甲煎丸疟母方, Zhe虫鼠妇及蜣螂, 蜂窠石苇人参射, 桂朴紫葳丹芍姜 瞿麦柴芩胶半夏, 桃仁葶苈和硝黄, 疟缠日久胁下硬, 癥消积化保按康

2. 止血

十灰散

十灰散用十般灰, 柏茅茜荷丹榈煨, 二蓟栀黄各炒黑, 上部出血热势摧

咳血方

咳血方中诃子收, 瓜蒌海粉山栀投, 青黛蜜丸口噙化, 咳嗽痰血服之瘳

小蓟饮子

小蓟饮子藕蒲黄, 木通滑石生地襄, 归草黑栀淡竹叶, 血淋热结服之康

槐花散

槐花散用治肠风, 侧柏荆芥枳壳充, 为末等分米饮下, 清肠凉血逐风功

黄土汤

黄土汤用芩地黄, 术附阿胶甘草尝, 温阳健脾能摄血, 便血崩漏服之康

歌訣の形式はどれも似ているので、慣れてくるとリズム良く覚えられるかも(願望・・・。)

出典:实用趣味方剂手册 上海中医药大学出版社

| | コメント (0)

方剤の歌訣(理気剤)

さあ、頑張って、歌訣の続きをいってみようsign01(←自分に言っています・・・。)

1. 行气

越鞠丸

越鞠丸治六郁侵, 气血痰火湿食困, 芎苍香附兼栀曲, 气畅郁舒胸闷伸

枳实薤白桂枝汤

枳实薤白桂枝汤, 厚蒌合治胸痹方, 胸阳不振痰气结, 通阳散结下气强

半夏厚朴汤

半夏厚朴气滞疏, 茯苓生姜共紫苏, 加枣同煎名四七, 痰凝气滞皆能除

厚朴温中汤

厚朴温中陈草苓, 干姜草蔻木香停, 煎服加姜治腹痛, 寒湿胀满用皆灵

金铃子散

金铃子散止痛方, 玄胡酒调效更强, 疏肝泄热行气血, 心腹胁肋痛经匡

天台乌药散

天台乌药木茴香, 良姜巴豆青槟榔, 川楝更助疏肝痛, 寒疝腹痛是良方

暖肝煎

暖肝煎用杞茯归, 茴沉乌姜和肉桂, 下焦虚寒疝气痛, 温补肝肾显神威

2. 降气

苏子降气汤

苏子降气橘半归, 前胡桂朴草姜随, 上盛下虚痰嗽喘, 或加沉香去肉桂

定喘汤

定喘白果与麻黄, 款冬半夏白皮桑, 杏苏黄芩兼甘草, 表寒痰热哮喘尝

旋覆代赭汤

旋覆代赭汤人参, 半夏姜甘大枣临, 降逆化痰益胃气, 心下痞硬噫气频

橘皮竹茹汤

橘皮竹茹治呕逆, 人参姜枣甘草益, 胃虚有热失和降, 久病之后效更奇

丁香柿蒂汤

丁香柿蒂人参姜, 呃逆因寒中气伤, 温中益气又降逆, 胃气虚寒最相当

どちらも香りが良さそうなものが使われていますね。(どちらかというと行気薬のほうで。)

出典:实用趣味方剂手册 上海中医药大学出版社

| | コメント (0)

方剤の歌訣(安神剤&開竅剤)

今日は、安神剤と開竅剤についての紹介です。

まずは安神剤から。

1. 重镇安神

朱砂安神丸

东垣朱砂草归连, 清心泻火地黄研, 烦乱懊恼神不静, 怔忡失眠奏凯旋

2. 补养安神

天王补心丹

天王补心柏枣仁, 二冬生地与茯苓, 三参桔梗朱砂味, 远志归身共养神

酸枣仁汤

酸枣仁汤治失眠, 川芎知草茯苓煎, 肝血不足心烦乱, 养血除烦神自安

次に開竅剤を。

1. 凉开

安宫牛黄丸

安宫牛黄开窍方, 芩连栀郁朱雄黄, 犀角珍珠冰麝箔, 热闭心包功效良

紫雪

紫雪犀羚朱朴硝, 硝磁寒水滑石膏, 丁沉木麝升玄草, 热陷痉厥服之消

至宝丹

至宝朱砂麝息香, 雄黄犀角与牛黄, 金银二箔兼龙脑, 琥珀应同玳瑁良

2. 温开

苏合香丸

苏合香丸麝息香, 木丁朱乳荜檀襄, 犀冰术诃沉香附, 中恶急救莫彷徨

開竅剤の方は、今は救急の場合西洋医学で治療することが多いので、授業ではさらっと流していました。

ちなみに、涼開剤の3つをまとめて凉开三宝と言っていたそうです。

| | コメント (0)

方剤の歌訣(固澀剤)

今日は、方剤の歌訣の続き、固澀剤についてご紹介します。

気、血、精、津液などが出て行くのを止めるものです。

1. 固表止汗

玉屏风散

玉屏风散最有灵, 芪术防风鼎足形, 表虚汗多易感冒, 药虽相畏效相成

牡蛎散

牡蛎散内用黄芪, 小麦麻黄根最宜, 自汗阳虚或盗汗, 固表敛阴止汗奇

2. 敛肺止咳

九仙散

九仙散用乌梅参, 桔梗桑皮粟壳君, 贝母款冬胶五味, 敛肺止咳益气阴

3. 涩肠固脱

真人养脏汤

真人养脏木香诃, 粟壳当归肉蔻合, 术芍桂参甘草供, 脱肛久痢服之瘥

四神丸

四神故纸吴茱萸, 肉蔻姜枣五味须, 固肠止泻暖脾肾, 五更肾泻火衰虞

4. 涩精止遗

金锁固精丸

金锁固精芡莲须, 龙骨蒺藜牡蛎俱, 莲粉糊丸盐汤下, 补肾涩精滑遗去

桑螵蛸散

桑螵蛸散治便数, 参茯龙骨同龟壳, 菖蒲远志及当归, 补肾宁心健忘却

5. 固崩止带

固冲汤

固冲汤用芪芍术, 山萸海蛸倍龙牡, 茜棕健脾又摄血, 肝肾两虚崩漏服

固经丸

固经丸药龟板君, 黄柏椿皮香附芩, 滋阴清热固经血, 漏下崩中色黑殷

完带汤

完带汤中用白术, 山药人参白芍辅, 苍术车前黑芥穗, 陈皮甘草与柴胡

易黄汤

易黄白果与芡实, 车前黄柏薯蓣知, 能消带下粘稠秽, 补肾清热又祛湿

出典:实用趣味方剂手册

| | コメント (0)

お話好き?

今日は、中医学からちょっと離れたお話です。

うちの病院の先生でもう60を過ぎているのですが、探究心があって、講義好きの先生がいます。

最近色々と気になる患者さんがいるようで、ぶつぶつ言いながら薬局に来ます。

2、3日前は、動脈閉鎖症の患者さんに抗血栓薬を使うと下血するし、やめると痛がるしどうしようといいながら、結局はプロスタグランジン製剤を投与することで一件落着。

次は、別の医師たちがニューキノロン系の抗生剤を使いすぎるのが気に入らなかったようで、「ニューキノロンの作用機序、知ってる?DNAジャイレースとかトポイソメラーゼ阻害とか説明できる?」と質問しながら、答えを色々と説明して帰っていかれました。

今日は、中心静脈カテーテルの挿入部位が赤くなっていて、でも感染症を示す兆候はなくてなんだろうということになり、先生はカテーテルを抜いてしまったのですが、メーカーさんに聞くと、静脈炎の可能性が大きいので、本当は抜かないで、温めたりするのが良かったようです。

メーカーさんの説明を聞いた後、先生が「ああ、失敗した。患者さんに負担をかけちゃったな。勉強不足だな・・・。もっと勉強しないと」とつぶやいて病棟へ帰っていかれました。

で、夕方またやってきて、なぜ静脈炎になったかの原因を必死にさぐっていたようで、患者さんが顎をしきりに動かしていて、それが胸鎖乳突筋を伝わってカテーテルを動かして静脈を傷つけていた様子と分かったようです。報告ありがとうございました(笑い)。

それにしても、本当にすごいです。お年の割りにはきちんと勉強するし、薬剤師に色々と質問したり、講義してくれたりと腰も低いんです。

前からいる方は、色々言われてちょっとうるさいと感じているようですが、私は感動してしまいました。先生の話を聞いた後、家で関連する本をめくりましたし(笑)。

頑張って勉強して、先生とお話できるようになりたいなconfident

| | コメント (0)

今日は立秋です。

なんだかあっという間に時がすぎる気がします。今日は暦の上では立秋です。

朝起きて窓を開けると、風が少し涼しげに感じたのは、気のせいでしょうか(←暗示にかかりやすい?coldsweats01

で、いつも参考にしている二十四節気養生法を見てみると、この時期は暑さと湿気が同居している時期なので、膀胱経をメインに養生して、たまった汚れ?や湿気を取り去ろうと書かれています。

いつも経絡的な養生法、食養生、ヨガ的養生法の3つが紹介されているのですが、まず経絡養生法は、背骨の両脇を刮痧することです。

刮痧板が無い人はスプーンの縁を使ってできます。赤い刮痧線を出すように背中を上中下の三分割して、上から下へこすっていきます。そのときにオリーブオイルを少し塗るとよいでしょう。

でも、背中は自分ではできないですよね・・・。

では、食べものはというと、魚腥草梨湯。これどくだみを煮出して、その煮汁に梨と白糖を加えて軽く煮たものを食べるというものです。

どくだみは、清熱解毒、利尿作用などがあり、この時期にはよさそうです。が、これってどくだみ茶が甘くなってその中に梨が入るってことですよね・・・。味は???

この本、だいたい誰かが体のトラブルを訴えて、作者がそれに対する料理を紹介するという構成になっているのですが、今回は口内潰瘍(口内炎ですね)が出来ていた人がこの料理を食べた次の日、ニキビは減るし、トイレでの排泄もすっきりしたということが書かれていました。

実は、私ちょうど今口内炎に悩まされています。そこで、どくだみ茶をはとむぎ茶と一緒に煮出して夕べ飲んでみました。効果はちょっと痛みが引いたかなというくらいなので、続けてみますconfident

最後は、ヨガですが、今回は簡単。私好みのポーズです。床に仰向けになって、膝を抱えます。頭は膝にうずめるようにします。そして、起き上がりこぼしのようにゆらゆらゆれる動作です。

これは、督脈と膀胱経を刺激する動作になります。膀胱経の刮痧は1人ではできませんが、これなら一人でゆれることができますねhappy01

天気予報だとまだまだ暑い日が続くようです。もうすぐお盆休みという方も多いと思いますので、コロコロゆれて体調を整えましょう(笑)。

| | コメント (0)

方剤の歌訣(補益剤その2)

大暑を過ぎて暑さ真っ盛りという感じですね。今年は夏休みが無いので、お盆休みの混雑予想など聞くと、とってもうらやましいですweep

ぶつぶつ言っていてもしようがないので(切り替えが早い!)、補益剤の続きを書いてしまいます。今月末には歌訣の紹介が終わるといいな・・・。

4. 补阴

六味地黄丸

六味地黄益肾肝, 茱薯丹泽地苓专, 更加知柏成八味, 阴虚火旺自可煎. 养阴明目加杞菊, 滋阴都气五味先, 肺肾两调金水生, 麦冬加入长寿丸.

左归丸

左归丸内山药地, 萸肉枸杞与牛膝, 菟丝龟鹿二胶合, 壮水之主方第一.

大补阴丸

大补阴丸知柏黄, 龟板脊髓蜜成方, 咳嗽咯血骨蒸热, 阴虚火旺制亢阳.

一贯煎

一贯煎中用地黄, 沙参杞子麦冬襄, 当归川楝水煎服, 阴虚肝郁是妙方.

5. 补阳

肾气丸

金匮肾气治肾虚, 熟地淮药及山萸, 丹皮苓泽加桂附, 引火归原热下趋.

右归丸

右归丸中地附归, 山药茱萸菟丝桂, 杜中鹿胶枸杞子, 益火之源此方魁.

6. 阴阳并补

地黄饮子

地黄饮子山茱斛, 麦味菖蒲远志茯, 苁蓉桂附巴戟天, 少入薄荷姜枣服.

(教科書には聖済総録のものが載っていましたが、歌訣が見当たらなかったので、黄帝素問宣明論方のものを紹介しました。)

龟鹿二仙胶

龟鹿二仙最守真, 补人三宝精气神, 人参枸杞和龟鹿, 益寿延年实可珍.

七宝美髯丹

七宝美髯归首乌, 菟丝牛膝茯苓俱, 骨脂枸杞当归合, 专益肝肾精血虚

ちょっと動物系のものが出てくるようになりましたね。.

| | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »