« お届けもの | トップページ | お芋の季節 »

栗の季節

ちょっとだけ秋めいた一日になりました。

食欲の秋というとおり、美味しいものが出てくる季節ですね。

まずは栗!

実家にいるころは、いがぐりをもらって、必死にいが?をとり、茹でてもらって、半分に切ってスプーンですくって食べていました。おなかが膨れるからあまり食べ過ぎないようにといわれてました。

上海にいるときには、甘栗が出始めると最初は買い方が分からなくて、500g単位で買って食べ切れなかったのですが、中国人のお友達から5元なら5元出して、その分だけ計ってもらえばいいと教えてもらい、いつも5元分買っていました。

近所のお店では一番高いやつでも、500g14元くらいでしたので、日本より随分安かったんですね。

最近、はまっているのは、ドトールのマロンラテ。栗の香りがふんわりして美味しいんです。

で、栗の効能はというと、まず東方栄養新書から。

養胃健脾:胃腸などを丈夫にする

補腎強筋:腎を補養し、筋肉や関節を丈夫にする。

活血止血:血行を良くし、うっ血性出血を止める。

中医药膳学 中国中医药出版社から

益气健脾, 补肾强筋, 活血消肿, 止血

子供の腹下し、足腰の弱い場合に食べるとよいようです。老人の腰痛にもお勧めです。

でもお腹が張る人は量を少なめにしてくださいね。

余談ですが、マレーシア人の友達は、栗が木になることを知らなかったようです。暑い国では栗の木は無いみたいですね。親戚のうちにいって、いがぐりが落ちていて中に栗が入っていて、びっくりしたそうです。

|

« お届けもの | トップページ | お芋の季節 »

中医学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お届けもの | トップページ | お芋の季節 »