« 生薬の覚え方6ー1 | トップページ | 明日は小雪です。 »

生薬の覚え方6-2

おはようございます。今日はちょっと温かく、過ごしやすい日になりそうですね。

お休みの日は少し時間に余裕があるので、ブログを更新できます

それでは、前回の続きの五味で覚えていく方法のご紹介です。

3.甘は脾に入る。主治:脾胃病変。補益薬が多い。

①甘草:甘、平。補脾益気、清熱解毒、緩急止痛

②大棗:甘、温。補脾和胃

③飴糖:甘、微温。補益建中

④黄精:甘、平。補脾潤肺

⑤扁豆:甘、微温。補脾止瀉、和中化湿

⑥白朮:甘・苦、温。補脾益気、燥湿健脾

⑦山薬:甘、平。補脾胃、益肺腎

⑧太子参:甘・微苦、温。補脾益気

4.苦は心に入る。主治:心経病変。清熱瀉火薬の中に多い。

①黄連:苦、寒。清心除煩、瀉火解毒

②蓮心:苦、寒。清心熱

③苦参:苦、寒。清心瀉火、燥湿殺虫

④牛黄:苦、涼。清心解毒

⑤連翹:苦、微寒。清心解毒

⑥遠志:苦、温。清心化痰、安神寧志

5.鹹は腎に入る。主治:腎経病変。補腎利水薬の中に多い。

①鹹蓯蓉:鹹、温。補腎壮陽、潤腸通便

②鹿茸:鹹、温。補腎壮陽、生精強骨

③蛤蚧:鹹、平。補益肺腎、納気定喘

④胎盤:鹹、温。補精益気

⑤塩水杜仲:補肝腎、壮筋骨

⑥陽起石:鹹、微温。温腎壮陽

⑦亀版:鹹、平。滋陰潜陽、益腎健骨

次回はまた別の記憶法をご紹介します。

出典:新编 中药记忆法 金盾出版社

|

« 生薬の覚え方6ー1 | トップページ | 明日は小雪です。 »

中薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生薬の覚え方6ー1 | トップページ | 明日は小雪です。 »