« なかなか続きが書けません・・・。 | トップページ | 生薬の覚え方6-2 »

生薬の覚え方6ー1

寒くなりましたね。足元から冷えが迫ってきています。こうも寒くなると、ホットカーペットの上でごろごろするのが最高なのですが・・・。

さあ、覚え方の紹介の続きに入りましょう(笑)。

前回は五色での覚え方を紹介しましたが、今日は五味での覚え方です。

辛:肺に入る。主治:肺衛表証。解表薬が多い。

①麻黄:辛、微苦、温。発散風寒、平喘利水

②桂枝:辛、甘、温。疏風解表

③荊芥:辛、温。袪風解表

④防風:辛、甘、温。袪風勝湿

⑤白芷:辛、温。発表袪風、消腫止痛

⑥細辛:辛、温。発表散寒、温肺化痰

⑦辛夷:辛、温。通肺窮、散風寒

⑧生姜:辛、微温。発汗解表、温中止嘔

⑨薄荷:辛、涼。疏解風熱

⑩浮萍:辛、寒。発汗解表、行水消腫

酸:肝に入る。主治:肝経病変、滑泄

①木瓜:酸、温。舒筋活血

②白芍:酸、苦、微寒。養血柔肝、平肝抑陽、緩急止痛

③山萸肉:酸、澀、微温。補益肝腎、澀精止汗

④烏梅:酸、平。斂肺、澀腸、生津、安蛔

⑤訶子:苦、酸、平。澀腸止瀉

⑥五味子:酸、温。澀精、止瀉、止汗、止咳、止渇

⑦五倍子:酸、鹹、寒。収斂降火、澀腸止瀉、斂汗止血

⑧金櫻子:酸、平。澀精止遺

とりあえず、今日はここまでにします。

(頑張りすぎると続かないので・・・。)

出典:新编 中药记忆法 金盾出版社

|

« なかなか続きが書けません・・・。 | トップページ | 生薬の覚え方6-2 »

中薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なかなか続きが書けません・・・。 | トップページ | 生薬の覚え方6-2 »