« 明日は大雪です。 | トップページ | 生薬の覚え方9 »

生薬の覚え方8-3

さて、顧名思義の続きに入りたいと思います。

25.寒水石:寒水とは氷のように冷たい水のことで、清熱瀉火、除煩止渇の効能があることを表している。

26.竜胆草:竜胆の苦味のようなという意味で、苦味は清熱瀉火の作用がある。

27.決明子:目の明るさを決定する種で、清肝明目の効能があることを示している。

28.夜明砂:夜は視界が悪い、月明かりがあっても、よく見えないことがある。夜間の目盲を改善する効果があることを示している。

29.通草:通は通じるという意味です。通利下乳、通利水道の効果がある。

30.千年健:千年の間、丈夫であるという意味で、壮筋骨、キョ風湿の効果があり、長寿の効果があると考えられる。

31.百合:百脈が不和になると神思恍惚となり、いわゆる百合病といわれるものになる。この生薬は、百脈を調和し、清心安神の効果があると言われている。

32.合歓花:目が閉じ、安眠し、心情は快楽である様子を表し、安神解郁の効果があることを表している。

33.陽起石:陽痿は腎陽衰微の表れである。これは、補腎壮陽があることを示す。

34.大風子:大風癘疾、楊梅毒瘡のことを大風病という。この生薬は、キョ風燥湿、攻毒殺虫の効果があり、この病に効果があると言われている。

35.大腹皮:お腹が太鼓のように膨れて、腹水が溜まっている、気滞水停腹中の状態を改善できると考えられている。下気寛中、利水消腫の効果がある。

出典:新编 中药记忆法 金盾出版社

|

« 明日は大雪です。 | トップページ | 生薬の覚え方9 »

中薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日は大雪です。 | トップページ | 生薬の覚え方9 »