« インフルエンザ | トップページ | 生薬の覚え方11の4 »

生薬の覚え方11の3

今日は、药性赋の熱性について紹介していきたいと思います。

こちらも長いので2回に分けて紹介しますね。

热性

药有温热, 又当审详. 欲温中以荜茇; 用发散以生姜.

五味子止嗽痰, 且滋肾水; 腽肭脐疗痨瘵, 更壮元阳.

原夫川芎祛风湿, 补血清头; 续断治崩漏, 益筋强脚.

麻黄表汗以疗咳逆; 韭子壮阳而医白浊.

川乌破积, 有消痰治风痹之功; 天雄散寒, 为去湿助精阳之药.

观夫川椒达下, 干姜暖中.

葫芦巴治虚冷之疝气; 生卷柏破癥瘕而血通.

白术消痰壅, 温胃, 兼止吐泻; 菖蒲开心气, 散冷, 更治耳聋.

丁香快脾胃而止吐逆; 良姜止心气痛之攻冲.

肉苁蓉填精益肾; 石硫黄暖胃驱虫.

胡椒主去痰而除冷; 秦椒主攻痛而去风.

吴茱萸疗心腹之冷气; 灵砂定心脏之怔忡.

盖夫散肾冷, 助脾胃, 须荜澄茄; 疗心痛, 破积聚, 用蓬莪术.

缩砂止吐泻安胎, 化酒食之剂; 附子疗虚寒反胃, 壮元阳之方.

白豆蔻治冷泻, 疗痈止痛于乳香; 红豆蔻止吐酸, 消血杀虫于干漆.

岂不知鹿茸生精血, 腰脊崩漏之均补; 虎骨壮筋骨, 寒湿毒风之并祛.

檀香定霍乱, 而心气之痛愈; 鹿角秘精髓, 而腰脊之痛除.

消肿益血于米醋; 下气散寒于紫苏.

扁豆助脾, 则酒有行药破结之用; 麝香开窍, 则葱为通中发汗之需.

尝观五灵脂治崩漏, 理血气之刺痛; 麒麟竭止血出, 疗金疮之伤折.

今日はここまでにします。

寒い日が続きますね。体を温める素材を上手に使っていきましょう。

|

« インフルエンザ | トップページ | 生薬の覚え方11の4 »

中薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インフルエンザ | トップページ | 生薬の覚え方11の4 »