« 立春の過ごし方 | トップページ | タアツァイ見つけた! »

生薬の覚え方11の6

やっと生薬の覚え方の続きを始めることが出来ました。

それでは、温性の続きを始めます。

姜黄能下气, 破恶血之积; 防已宜消肿, 去风湿之施.

藁本除风, 主妇人阴痛之用; 仙茅益肾, 扶元气虚弱之衰.

乃曰破故纸温肾, 补精髓与劳伤; 宣木瓜入肝, 疗脚气并水肿.

杏仁润肺燥止嗽之剂; 茴香治疝气肾病之用.

诃子生精止渴, 兼疗滑泄之疴; 秦艽攻风逐水, 又除肢节之痛.

槟榔豁痰而逐水, 杀寸白虫; 杜仲益肾而添精, 去腰膝重.

当知紫石英疗惊悸崩中之疾, 橘核仁治腰痛疝气之病.

金樱子兮涩遗精; 紫苏子兮下气涎.

淡豆豉发伤寒之表; 大小蓟除诸血之鲜.

益智安神, 治小便之频数; 麻仁润肺, 利六腑之燥坚.

抑又闻补虚弱, 排疮脓, 莫若黄耆; 强腰脚, 壮筋骨, 无如狗脊.

菟丝子补肾以明目; 马蔺花治疝而有益.

此五十四种药性之温者也.

次回は、いよいよ最後の平性になります。

(週末には記事にしたいです・・・。)

|

« 立春の過ごし方 | トップページ | タアツァイ見つけた! »

中薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 立春の過ごし方 | トップページ | タアツァイ見つけた! »