« 今日は春分です。 | トップページ | 中医学的美容本 »

11公車活躍中

今日は、ちょっと笑い話というか、そういう考え方もあるかという話をお伝えします。

私が上海に住んでいるころ、大学に通う前に小さな中国語学校で勉強していました。

担当してくれた先生はものすごく頭が良くて、しかも毒舌!という若い女性の先生だったのですが、私は年の功か(笑)、何を言われてもふーんという感じで受け流していたのと、教科書以外のコネタを沢山教えてくれるのが楽しくて、結構好きな先生でした。

その先生が教えてくれたのが、「11公車」、または「11公交車」です。

公車、公交車というのは、バスのことです。

上海では、バスの前面には番号が表示されるだけで、行き先は表示されていません。

(郊外へ行くバスには出発地と到着地の頭文字を組み合わせた名前のバスもあります。)

よって、「11公車」、「11公交車」とは11番バスのことを表します。

ところが、これが違う意味のときもあるんです。

それは・・・。

なんと徒歩のこと。

1という数字を1本の足に見立てているんです。人間には2本足があるので、1を2つ並べて、11という数字で表しているんです。

会話の中で、「今日なんで来たの?」と聞かれたときに、マイカーを持つ人が増えてきた上海では、結構自慢げに「車で来たの。」なんて答えられたりするので、車を持たない人はちょっと引いてしまいますが、そこを軽く笑い話のように出来るのが「11公車」です。

ちなみに実際に使うときの会話をご紹介。

「你今天怎么来?」

「我坐11公车来的. 今天路上车太多, 但是坐11公车可以准时到这里了!」

「今日、どうやって来たの?」

「11公車に乗って来たの。今日は道路が込んでいたけど、11公車だったから時間通りにここに着いたわ!」

なんて感じです。

今週になって交通機関はなんとか安定してきましたが、地震発生以来、私の11公車は大活躍中です。

帰宅困難者で長時間歩いた人は、そんな笑い話なんてと思うかも知れませんし、今実際に徒歩で大変な思いをしている人も多いと思いますが、発想を転換して、自分の足が大事な交通機関だと思うと、少し気分も和らぐのではないでしょうか?

|

« 今日は春分です。 | トップページ | 中医学的美容本 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は春分です。 | トップページ | 中医学的美容本 »