« ハーブ | トップページ | 読書の夏 »

今日は立秋です。

今日は立秋です。

出勤するときに、外に出るとちょっと風が涼しく感じられたのですが、日中は暑くてばてばてになりました

秋が始まるということは、陽気がだんだん減ってきて、陰気が増えてくることになります。

この時期の生活習慣としては、早寝早起きがお勧めです。本によると、「夜9時から10時くらいに寝て、朝5時から6時に起きる」のが良いとのことですが、そうするとあと30分で寝なければなりません(苦笑)。

とりあえず、夜の11時くらいまでに寝て、朝は5時半くらいに起きる生活をしていますが。

ちなみに、この時期にお勧めの運動は太極拳だそうです。中国に居たときには習っていたのですが、すっかり忘れてしまいました。しかも剣は傘立てにささったまま・・・

さて、秋の食事で注意したいことは、辛いものを控えめにして、酸味のあるものを多めにとることです。

これは、秋は肺の季節で、普段どおりに生活していても、肺気が旺盛になります。そこで、辛味を多く取ると、ますます肺気を旺盛にしてしまい、相克関係にある肝を痛めつけてしまいます。そのため、辛味は少なめにして、肝の味である酸味を多めにとると良いということになります。

辛味には、葱、しょうが、ニンニク、ニラ、胡椒などの薬味といわれるものが当てはまります。これらを控えめにし、酸味のある果物を多めにとりましょう。

それから、夏の暑さで疲れた脾胃をいたわるため、お粥もお勧めです。サツマイモ粥、梨粥、大根粥などは潤う作用があるので、この時期にとりたいお粥です。

さて、さらにおすすめなのが、「蓮根」です。

摩り下ろして生食すると、清熱潤肺、涼血行瘀の作用になります。熱を加えると、健脾開胃、止瀉固精の作用となります。

自分で作るのは、簡単なきんぴらだけですが、和食では蓮根のすり流し?とか、蓮根のはさみ揚げなどが好きです(笑)。おうちで簡単にできる美味しいレシピがあったら、教えてください。

最後に、秋になるということで、急に肌寒くなることもありますので、衣類の調節はこまめにしましょう。

|

« ハーブ | トップページ | 読書の夏 »

二十四節気」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
昼間はまるで蒸篭で蒸されているかの様な暑さ(肉まんの気分?)ですね。
私はまだ秋を感じていないのですが、朝5時半に起きると涼風を感じる事ができるのですね!
今は日本でも、民間資格(というのでしょうか?)があるようで薬膳の勉強をされた方による薬膳関係の書物も多いですが、春は酸味、夏は苦味、、と言う様に五行の分類で季節に相応する味を多く摂る様に指導するものが多く、普段から少数派の私もさすがにブログで書くには肩身の狭い思いをしていたのですが、こちらで同じ様な内容を確認できてホッとしています(笑)。

蓮根美味しいですよね!
中国にある葛湯の様なインスタントの物を甘さ控えもしくは無糖で日本でも売り出して欲しいくらいです。
私は1cm程の輪切りにしたのを揚げ焼きにして塩こしょうで食べるか、すりおろして水や出汁を加え加熱してどろーっとした状態の物(形容しがたい)をスプーンですくって食べるのが好きです。
後者を好むのはかなり少数な気がしますが…
なんだか体が潤う様な気がして好きなのです。
まだまだ暑さは続きますが、秋を感じられる様に気をつけてみますね!

投稿: tikipon0707 | 2011年8月10日 (水) 14時02分

tikiponさん、こんばんは。
月曜日の朝は一瞬涼しかったのですが、また猛暑になりましたね。
最近は、本当に薬膳関係の本が沢山でていますが、どれが正しいかわからない時は、自分が納得できる理論のものを採用してます。そうすると、少数派になったりします(笑)。

私もすったレンコンの料理が大好きです。こちらも少数派ですね(笑)。中国で売っているあの粉は甘くなければ、最高ですよね。
まだまだ暑い日が続くので、お互い体調にきをつけましょうね。

投稿: まー君 | 2011年8月10日 (水) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハーブ | トップページ | 読書の夏 »