« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月の7件の記事

仕事納めでした。

今日は、仕事納めでした。

明日から6連休になり、年始はきっと忙しいだろうからと、フルスピードで1月半ば始まりの処方箋の調剤まで終わらせたため、納会も出席できず、なんだかくたくたの一日になりました。

12月はお付き合いも多くて、ほとんど勉強をせずに終わってしまったので、冬休みに少し頑張りたいと思います。

でも、30日から旦那さんの実家に行くので、結局は明日しか自由時間はありません(泣)。

本当にできるんでしょうか、課題・・・。

明日もきっとばたばたして1日が終わりそうなので、ちょっと早いのですが、今日で今年のブログの更新は終わりにしたいと思います。

それでは皆様、良いお年を。

| | コメント (0)

目標1つ達成

月の初めに記事にした目標のうち、1つを達成できました。

読みかけの本、2冊とも読み終わりましたhappy01

特に、 The Emperor of all Maladiesはとても面白かったです。がん治療の歴史がてんこもりで難しかったのですが、自分が勉強していたころの内容がでてくると俄然面白くなりました。

これで、あとは課題の提出に心置きなく取り組めます(笑)。

| | コメント (2)

昨日は冬至でした。

昨日は、二十四節気の冬至でした。

ゆず湯、入りましたか?かぼちゃ料理を食べましたか?

私は、どちらもできませんでした・・・(泣)。

ということで、気分を切り替えて冬至の養生をご紹介します。

冬至のこの日は夜が一番長く、この日を過ぎると昼間の時間がだんだん長くなります。

陰極まれば陽に転ず、生まれたばかりの陽を大切に育てていかなければなりません。

この時期の食養生はやはり補が中心となりますが、体質によって取りたい食材が違います。

気虚:人参、ハスの実、山芋、棗などの補気の作用のあるもの。

血虚:ライチ(でも時期じゃないんですが・・・)、黒きくらげ、すっぽん、羊の肝など。

陽盛の人:果物、生野菜、ニガウリが良く、牛羊肉や酒などの辛熱物は避ける。

血瘀:桃仁、油菜、黒大豆など。

痰湿:大根、海苔、くらげ、玉ねぎ、扁豆、ぎんなんなど。

気郁:お酒を少々飲む、佛手、橙子、陳皮、そば、ウイキョウなど。

陰虚:ゴマ、もち米など。

陽虚:にら、羊肉など。

それから、寒さから身を守るには、背中を温めるのが一番です。背中には、膀胱経という一身の陽気を司る経絡があります。ここを温めることによって、体中が暖まりますし、風邪予防になります。

さらに、冬至のこの日、餃子を食べる風習があるようです。

これには、なんと医聖と呼ばれる張仲景も関係したお話しがあるんですよ。

昔、張仲景が故郷へ帰る途中、季節は丁度冬で、川の両岸にはやせ細って寒さに震える人たちがいました。耳には凍傷ができている人もいます。そこで、弟子に命じて、大なべに羊肉、トウガラシ、袪寒作用のある生薬などを入れて煮て、肉や薬剤を取り出し、適当な大きさに切り、まんじゅうの皮で包み、耳のような形にして、さらに煮た後、1人当たり2個のこの「耳」を入れたスープを振舞いました。このスープを飲んだ人々は、体中が暖かくなり、耳の凍傷も治ったとさ。

このスープは「袪寒嬌耳湯」と呼ばれています。

こういうお話を読むと、自分ももう少し頑張らないとなと思います。

ちなみに、私の好きな餃子の具はセロリと豚肉です。さっぱりしていくらでも食べられます(笑)。

クリスマスに餃子というのもなんですが、中身をいろいろ変えて、みんなでわいわいと包むのも楽しいのではないでしょうか?

| | コメント (0)

12月7日は大雪でした。

12月7日は二十四節気の大雪でした。

ぐっと寒さが厳しくなってきましたね。

参考にしている本によると、雪が地面を覆ってしまえば、地面の温度が下がりすぎることもなく、また雪解けの際に豊かな水を与えてくれるので、春の植物の成長にとっては大事な雪ということになります。

農民の方の言い伝えでは、「今年麦盖三层被,来年枕着馒头睡」というものがあり、簡単に言うと、今年は麦に雪が3層積もった、来年は豊作だから枕を高くして安心して寝られるという感じでしょうか?超意訳ですみません・・・。

で、人はというと、これから進補の季節です。

体をしっかり温め、気血を巡らせなければなりません。

そこで、取り入れたいのが、お粥です。何度も紹介していますが、消化が良くて、体を温めるお粥は冬には最適ですよね。

お勧めなのは、皮蛋鶏肉粥。

上海では、皮蛋と豚肉のお粥をよく食べていたのですが、今回は鶏肉で作ってみましょう。

米200~300g、鶏肉500g、皮蛋2個、生姜、ねぎ、塩など調味品適量

鶏肉を小さくきって、まず水で煮てチキンスープを作ります。鶏肉を取り出し、このスープで米を煮てお粥にして、鶏肉を再度戻し、皮蛋を加え、好みで生姜、ねぎ、塩で味を調えて出来上がり。

風邪などの後の体には染み渡ると思います。なお、皮蛋にはお酒を覚ます作用もあるので、年末の忘年会シーズンにはぴったりの食材ですね。

あ、ただ少し冷やす性質があるので、取りすぎには注意しましょう。

そのほか、お勧めなのが、山芋を使った大学いもです。

山芋を油で揚げて、砂糖を煮詰めて作ったものに加え、からめた後、炒った黒ゴマをまぶして出来上がり。

私、大学いもが大好きなのですが、家では揚げ物系のお料理を禁止?されているので、幻の一品です。家では、揚げるのではなく、バター醤油で焼いてゴマを散らす風にアレンジします。

黒ゴマは補腎の力がありますので、この冬場に良く取ってほしい食材です。便秘気味の方にもお勧めですよ。

私は、今度上海に行ったら、黒ゴマとクルミを一緒に細かくしたものを買ってくる予定です。初日にお店に買いに行くことに決めてますので、買いそびれることはないはず(笑)。

今年の冬は節電の影響であったかグッズが沢山出ていますね。特に腰回りを冷やすと良くないので、女性は巻きスカートなどいかがでしょうか?私はユニクロの週末セールで買ってしまいました。

皆さんもお気に入りの防寒グッズを探して、寒い冬を楽しく過ごしましょう。

| | コメント (0)

Let's go 上海!

タイトルからして、浮かれているのが分かりますねcoldsweats01

なんと1月に上海に行くことに決めましたsign01

もう、チケットも購入済みです(笑)。

来年のことをいうと鬼が笑うといいますが、もうあと1か月を切りましたし、今年1年頑張ったご褒美として勝手に自分で決めましたhappy02

今から何を食べるか、買うか妄想中です。

さっき、コメントで家にある本をなんとかしないとと書いていたのですが、今回もまた色々買うかも(苦笑)。

断捨離への道は、まだスタートに立たないうちに挫折しそうです。あ、でも今月中に片付けてスペースを作ればいいんですね。

さあ、今晩は何から手を付けようかな。

| | コメント (2)

今月の目標

今年も残りわずかということで、年内に終わらせておきたいことをここに書いておきます。

1.通信講座の課題提出

前回の記事にも書きましたが、とりあえず課題は年内に提出しておきたいと思います。

2.読みかけの本の読了

今読みかけの英語の本が2冊あります。どちらもあと200ページくらい?1日10ページ読めば、余裕で読み終わるのですが、家に帰るとそんな力も残っておらず。

1冊は通勤電車専用、もう一冊は大型なので自宅で平日6ページ、休み10ページの計画で頑張る予定。(たぶん、これで読み終わるはず。)

3.単語帳の作成

11月に受けた翻訳のお仕事では専門用語がたくさん出てきたので、次回お仕事がくるかはわかりませんが、単語帳を作成して備えたいと思います。

必ずやっておきたいのは、この3つです。

余力があれば、家に放置してある上海で買いためた上海中医薬報?(週1回出ている新聞)の整理を少々。紙が劣化する前になんとかしないと(苦笑)。

あ、これ以外に大掃除が待っています。日ごろ溜め込んでいるものは整理してあげないといけませんね。

来年の運勢は地道に勉強することで開けるということなので、一番苦手なコツコツやるという習慣をこの12月に身に着けたいと思います。

3週間続けると習慣になるっていいますしね(笑)。

| | コメント (2)

今月は中医婦人科

急に寒くなりましたね。今朝は出勤の時にダウンコートを着るかどうか迷って、結局着ないで出かけたのですが、後悔しましたweep

仲良しの看護師さんは自転車通勤なのですが、手袋を忘れて大変だったそうです。小雨交じりだったし、かなり寒かったはず。

さて、今月の通信教育は中医婦人科です。先月まで中医小児科だったのですが、自分が子供がいない&患者さんも妙齢の方が多い(笑)ということで、なかなか勉強が進まなかったのですが、今月は自分に直結!することなので、頑張ってみようと思っています。

いつも、新しい教科を勉強するときには、必ず色んな本を準備します(形から入るタイプですcoldsweats01)。

今回用意したのは、こちら。

易学助考口袋丛书 中医妇科学 中国中医药出版社

中医妇科学 习题集 中国中医药出版社

中医妇科学 供中医类专业用 中国中医药出版社

中医精华丛书 中医妇科学 四川科学技术出版社

朱小南 妇科经验选 人民卫生出版社

自分で買ったものと、上海で勉強中のねこじゃさんに買ってもらって送ってもらったものと混ざってます。

とりあえず、最初日本語の教科書を読みつつ、でも中国語のほうがすとんと納得できるので、中国語も開きつつ、勉強を始めています。

お付き合いのある患者さんは圧倒的に女性が多いので、しっかり勉強したいと思います。

| | コメント (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »