« 切干大根 | トップページ | 感情の整理ができる女は、うまくいく »

知ーらないうーちに

最近、ちょっと更新頻度を上げてみました(笑)。

タイトルは、今TVで流れている「なっちゃん」のCMから取っています。

うちの病院は、精神科なので、当然抗精神病薬というものが沢山そろっています。

その中で、リスパダールというお薬は色々な剤形があり、うちの病院は粉、錠剤、液、注射を取り揃えています。

この液なのですが、ちょっと苦みがあり、一説にはグレープフルーツ的らしいのですが、他の飲み物に混ぜて飲ませることもよく行われます。

しかし、この液剤、紅茶、ウーロン茶、緑茶及びコーラに混ぜると、ぐーんと有効成分の量が減ってしまうというデータがあります(コーラは外国のデータ)。

そのため、上記の飲み物には混ぜないように、外来でも患者さんには紹介しています。

が、なんとある病棟でずーっと緑茶に混ぜて飲ませていたことが判明!

発覚したのは、あるDrからの電話でした。

「もしもし、リスパダールの液ってたしかお茶に混ぜちゃいけないんですよね。」

「はい、そうです。一覧表があるので、ダメなものといいものを読み上げますね。」

「紅茶とウーロン茶と緑茶とコーラはだめです。牛乳や、オレンジジュースのなっちゃん、麦茶、ドリップコーヒーは特に含量の低下は見られないので、大丈夫です。」

「そうですか・・・。」

「あ、先生、○○さんに投与されるんですか?そういえば看護師さんからコーヒーに混ぜて飲ませていいか問い合わせがあったんです。」

「違うんです。○病棟では、全部緑茶に混ぜて飲ませているみたいなんです。薬局としてはそういうアナウンスはしていないんですか?」

「えー、多分採用の時に説明していると思いますが、とりあえず今は一覧表をコピーして○病棟さんへ渡しますね。ほかの病棟への対応は、薬局長に話してから行います。」

で、薬局長をつかまえて確認すると、「採用の時に、何回も説明会をやったのよ・・・。」

といっても、月日が経つと、看護師さんのメンバーも変わり、情報カードもなくなりと結局守られなくなっていたようでした。

意識していないと、人間楽な方に流されますので(笑)、知らないうちにルールが変わっていたなんてことになりかねません。

私も気をつけなきゃ。

|

« 切干大根 | トップページ | 感情の整理ができる女は、うまくいく »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 切干大根 | トップページ | 感情の整理ができる女は、うまくいく »