« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月の15件の記事

本の紹介 黄帝内经十二时辰养生法

上海から買ってきた本の中で、今は黄帝内经十二时辰养生法を読み始めています。これは1日24時間を12分割し、それぞれの時間にあった養生法が紹介されています。

今はまだ最初の子の刻の部分です。これはPM11:00からAM1:00までの2時間です。

この時間にはぐっすり眠っていないといけないのですが、そのためには11時より前にベッドに入っておかないといけません。

本には、ベッドに入ってすぐに眠れる人は10:55に床につけばいいし、なかなか眠れない人は10:30にベッドにはいればいいと書いてあります。

臨機応変、具体的でいいですね(笑)。

読み終わったら、面白くて役に立つ内容をピックアップしますね。

| | コメント (0)

本の紹介 中医趣谈

ゴールデンウィークは良いお天気に恵まれていますね。

といっても、私は家でのんびり派ですが(笑)。

今はせっせと上海から持ち帰った本を読んでいます。

今日紹介するのは、中医趣谈です。

これは中医に関する小話が集められたものです。

半分くらい読んだのですが、歴史上名医と呼ばれる方のエピソードが集められています。

有名なところでいえば、張仲景が望診で40歳になったら眉毛が抜けて大病で死ぬから今のうちにこの薬を飲めといったのに、その指示に従わず、結果的に40歳になって診断通りになくなってしまう人の話や、病入膏肓の話(病気の王様が夢で2人の子供が名医が来たら追い出されてしまうから、1人は膏にもう1人は肓にかくれようと話しているのを聞き、その通り名医が病気はもう膏肓に入っているので治らないと診断したため、その名医の診断技術の高さに褒美を与えたという話)など、書き出すときりがありません(笑)。

その他に、医師の指示を守らずに子供を危険にさらした話などが書いてあると、病気を治すのは医師だけではなく、患者及びその家族の力が必要だということを改めて感じました。

勉強の合間に、こういう小話を読むとモチベーションが上がるのは私だけでしょうか(笑)。

| | コメント (0)

本の紹介 适用中药保健康シリーズ

荷物の片づけが一段落したので、早速買ってきた本を読んでいます。

といっても、写真がたくさん載ったレシピ?本に近いものからですが(笑)。

読み終わったのはこちら。

适用中药保健康 补中益气篇

适用中药保健康 安神助眠篇

119ページのミニブックです。

補中益気編だと、最初に気の説明があり、どうやって自分の気血の状態を確認するかという指標があり、気の病気、誤解されやすい点、補中益気の効能がある食物がピックアップされて、さらに気を減らす食物もピックアップされています。で、気を増やす養生法がさらっと書いてあった後、各論になり、中薬とそれを使った料理が紹介されています。

記載されている中薬はこちら。

燕窝, 太子参, 黄精, 荜茇, 人参, 党参, 伸筋草, 红枣, 山茱萸, 冬虫夏草, 杜仲, 五味子, 白术, 石斛, 肉桂, 海马, 灵芝, 升麻, 花旗参, 牛膝, 桂圆, 黑芝麻, 紫河车, 花胶, 北芪, 淮山, 玉竹, 蜜枣, 鹿茸, 川芎, 芡实

途中にコラムが載っていたりします。

安神助眠編も同じような構成で、不眠の原因や不眠の分類、足浴のすすめ、良い食べ物、安眠を妨げる食べ物が紹介されたあと、各論になります。

当然、補中益気編と安神助眠編では同じ中薬が取り上げられていたりしますが、ちゃんとレシピは違うものが紹介されていました。

このシリーズは10冊あるのですが、今回4冊だけ選んで買ってみました。

でも、全部欲しいかも・・・。

中国のアマゾンでチェックしてみます。

それでは、楽しいゴールデンウィークをお過ごしください。

私はお片付け(毎回言っている・・・)と読書に励みます(笑)。

| | コメント (0)

上海のお土産 食品の巻

おはようございます。

今日は、上海から持って帰ってきた食品のご紹介です。

春摘み龍井茶

菊花

紅棗

黒棗

香脆棗

サンザシ

マイカイ花

決明子

白きくらげ

黒木くらげ

玉竹

黄耆

竜眼肉

荷葉

ジャスミンの花

ハスの実

書いていて、よくこれだけ買ったなと思いました。

大体1月に行ったばかりなのに、またこんなに買ってという感じです。

悪くならないうちに使わないとと、昨日はストックの中華食材を使って、切干大根の煮物をつくりました。干しシイタケを黒きくらげにして、さらに金針菜を加えて、だし汁を少しとしょうゆ、みりんで味を付けてます。

そういえば、上の香脆棗はフリーズドライのさくさく棗です。袋に書いてある説明はこちら。

本品精选黄河流域地区的优质红枣为原料, 经去核, 分选, 真空浸渍, 速冻冰晶, 真空低温脱水, 微波杀菌等现代食品生产技术精制而成。

皆さんも中国に行ってスーパーに行く機会があったら、試してみてください。いつもの乾燥棗とは違った食感を楽しめますよ。

| | コメント (2)

上海のお土産 本の巻

今日2つ目の記事です。

今回は、上海で買ってきた本の紹介。

前の記事で書いていた9冊の本以外に買ってきたのはこちら。

汤饮粥膳养生祛病

黄帝内经养生堂

常用养生中草药

この3冊はポケットブックで小型で薄いものです。

花养女人美丽一生

こちらは生薬の中から花を集めて、その効能や使い方を紹介しています。後半にはアロマセラピーが取り上げられています。

黄帝内经十二时辰养生法

似たような本を持っているのですが、つい買ってしまいました。

破解中医治病密码 临证辨象

こちらは時々コメントを書いてくださるパロタンさんが読んでいるということで、本屋さんで探してきました。

結局15冊も買っています。薄くて軽い本ばかりなのですが、これだけ買うとスーツケースはぱんぱんです・・・。

良かったのは、アマゾンで先に買ってもらっていた适用中药保健康シリーズです。

ポケットブックで小さくて軽いのですが、生薬とそれを使った薬膳が分かりやすく載っています。さらに、この薬膳が日本人にも取り入れやすそうなものなんです。

近いうちに、少しずつレシピを紹介していきます。

| | コメント (0)

旅の思い出

今日はとりあえず今回の旅の思い出を書きたいと思います。

1日目は虹橋空港へ到着し、泊めていただくTさん宅へスムーズにタクシーで移動。その後、おめかししてホテルのレストランでお茶&お食事。

2日目は烏鎮へ観光。中国人の団体客が多く、2人ツアーの私たちのガイドさんは団体客のマイクを使ったガイドさんに負けずと声を出したので、声が枯れていました。手漕ぎの遊覧船に乗って、川遊びを楽しみました。ここで、春摘みの龍井茶を買いました。

3日目は東京から知り合いが来て、二胡の楽譜やCDなどのお買いもののお手伝いをしました。夜は夜景を見ながら、小龍包ディナー。

4日目はガイドブックに最近よく登場する田子坊を散策し、その後南京東路、上海書城などを見て、マッサージを受けました。ホテルに荷物を置いて、食事に出たのですが、オーダーした4品のうち2品がなかなか出てこないため、お店の人に言ってキャンセルし、お店を出るというトラブルに見舞われました・・・。こういう時はとりあえず中国語が話せて良かったと思いました。

5日目は、ちょっと早めに虹橋空港へ向かいました。メインの国際空港は浦東なので、こちらはお店がほとんどなく、店員さんもやる気なしな感じでした(苦笑)。おしゃべりをひとしきりして、飛行機に乗り込み、予定通りに羽田に到着。

お互い荷物が重く、ラッシュ時間帯に当たっていたので、宅配便でスーツケースは送りました。

今回は、中国語の聞き取りはできるけど、単語がなかなかでてこない、発音がちょっとあやしいといったことが分かり、とりあえず中国語の音読を再開しようと決心しました。

今回の上海旅行は盛りだくさんの内容になり、とても楽しく過ごし、良い思い出となりました。

次のチャンスまで、中医学だけでなく、中国語の勉強もがんばります(笑)。

| | コメント (0)

帰ってきました。

無事に上海から戻ってきました。

今回は(今回も・・・)、お買い物三昧の旅でした。

あ、でも烏鎮という水郷に連れて行ってもらい、観光もしっかりしてきました。

住んでいたときには行かなかったんですよね。

お買いものは、本となつめときくらげと、書ききれないくらいです(笑)。

あ、清明節明けの新茶も買ってきました。香りがいいんですよ。

前に買ったやつがちょっと残っていますが、しばらくは新茶を楽しみたいと思います。

という感じで、大荷物だったので、スーツケースは明日届きます(苦笑)。

買ったものについてはまたブログで紹介させていただきます。

それでは、今日はここまでで、お休みなさい。

| | コメント (0)

明日からお出かけです。第2弾

明日から、上海へ遊びに行ってきます。

新しい職場になるとなかなか行く機会が作れないと思うので、今回も?思う存分遊んできたいと思います(笑)。

| | コメント (2)

今日は穀雨です。

久しぶりに二十四節気の話題です。本日は穀雨です。ちなみに中国語では谷雨と書きます。

二十四節気春部門?の一番最後の節気に当たります。

雨水生百谷といいまして、中国の北部は雨が多く、越冬作物が緑に復活したり、春に蒔いた種が芽を出すのに良い季節です。

陽気が高まってくるこの時期、熱症状がでる方もいますが、まずは外に出て、新鮮な空気を吸い、胸にたまっている熱を外に出しましょう。

食べ物に関して言えば、少し涼の作用がある内熱を取ってくれるものが良いでしょう。

たとえば、セロリなんかは浅漬けにしてもよし、炒めてもよし、餃子の具に入れてもよしという食材です。ちなみに昔はセロリだめだったのですが、セロリとイカの燻製の浅漬けを食べたらはまって、大好きな食材になりました。

あとは雨が多くなる時期なので、ハトムギなんかをご飯に混ぜてみるのもよいでしょう。

本をぱらぱらめくってみると、レタスの炒め物が紹介されていました。

材料&作り方

クコの実30g、豚肉500g、レタス100g、食用油、塩、砂糖、味精、料理酒、ごま油、しょうゆ、中華スープ適量。

豚肉とレタスは細切りにする。クコの実は洗っておく。鍋に油をひき、肉を炒め火が通ったところでレタスを加え、料理酒、クコの実、砂糖、しょうゆ、塩、スープ、味精、ごま油を加えて混ぜたらできあがり。

チンジャオロースーのレタス版です。チンジャオはピーマンの意味で、ロースーは肉の細切りの意味です。今回の料理の名前はゴーチーロースーとなっていました。これはクコがメインの肉の細切り炒めということになります。

赤と緑できれいだと思いますよ。レタスは火を通すとしなっとなっていくらでも食べられます。うちはお肉少なめ、レタス多めで作ります(笑)。

あ、冷やすものがいいといっても、昼間は暖かくても、夜はまだ寒かったりしますので、取りすぎはいけません。

なにごともほどほどに(笑)。

| | コメント (0)

すでに9冊購入

明後日から上海へ旅立ちます。

行くと、いつも本屋さんチェックをするのですが、今回は別のミッションがあり、あまり買つもりでした。

でも、私の本好きを知っている上海在住の先輩が「中国アマゾンバーゲン中」という情報を知らせてくれました。

で、会う予定があったので、お願いして本を購入してもらいました。

ああ、行く前から8冊も注文しちゃった・・・。

さらに、昨日から読み始めた方剤学の本で目にする本も気になって、追加でお願いしてしまいました。

ということは、全部で9冊!

この間、持っている本を読んでからと言っていたのが、舌も乾かないうちにこんなことになりました。

ということで、すでに購入した本はこちら。

脾胃论

妇科经验良方

伤寒明理论

中医趣谈

适用中药保健康 安神助眠篇, 补中益气篇, 润燥滋阴篇, 补血养颜篇

医学源流论

あとは現地に行ってから、ついつい目にしたものを買ってしまうパターンです。

今回は、行くときは荷物が少ないので、スーツケースがほぼ空の状態でいって、これに詰めて帰ってきます・・・。

多分、今年はこれから試験もあるし、新しい職場に移るので、上海へ遊びに行ける機会がなかなか作れないと思いますので、今回、思い切り楽しんできたいと思います。

(って、楽しいのは毎回ですが。)

| | コメント (0)

3冊目は。

おはようございます。

夕べ、無事に?東京へ戻ってきました。テレビで見ていると、関東地方が大荒れの天気ということで、心配していたのですが、着いたときは雨は止んでいました。

で、実家でのんびりする間に、2冊目の图解中医诊断入门を読み終わり、今日から新しい本に突入したいと思います。

で、選んだのは、方剂气味配伍 理论及应用です。

これは、上海から帰ってくるときに、方剤学の先生が勧めてくれたものです。最初の何ページかを読んだだけで、放置していましたので、今回チャレンジです。

ちなみに2冊目の診断入門ですが、弁証のところで医案が盛り込まれているので、分かりやすかったです。図解ということで、図がたくさん載っているのですが、若干微妙な絵柄です(笑)。

この本はシリーズになっているので、中医学を習い始めた方、復習したい方、どちらにもおすすめです。

方剤学の本は、読み終わったら、また感想を載せたいと思います。

| | コメント (0)

明日からお出かけします。

明日から実家へ戻って、リフレッシュしてきます。

読みかけの2冊目も一緒に(笑)。

何を食べようかな・・・。

あ、まずは同窓会というか同級生の飲み会で焼酎三昧です。

| | コメント (0)

2冊目突入

1冊目の中医基礎理論を読み終わり、2冊目に突入しました。

選んだのは、「图解中医诊断入门」 一目瞭然シリーズ!です。

カラーで、舌の写真もきちんと載っていますし、図解と書いてある通りイラストが多くて読みやすいものになっています。

1冊目の中医基礎理論はポイントを押さえるための本なので、試験の前にまた活用できそうです。

私は進修班だったので、短い時間でしか基礎理論を習わなかったので、今回通しで本を読んで、良い復習になりました。

その他の病因の中に医过という項目があり、医者が処方を間違ったり、不用意な発言をして患者の精神状態を不安定にしたりすることを戒めた項目がありました。

人に関わるということは、それだけ責任があるということですね。

| | コメント (0)

中医学本読書レース

最近勉強時間がぐんと減ってきているので、ここらで自分にかつを入れたいと思います。

今月末に上海行きを控えているのですが、例によって、向こうに行くと本や茶葉、生薬など色んなものが欲しくなって、また断捨離どころではなくなります(笑)。

そのため、今家にある本をまずは読んでいこうというチャレンジをしたいと思います。

三日坊主が得意なので、こっそりやってもすぐに投げ出すので、とりあえずブログで宣言させていただきます。

さて、記念すべき1冊目は、「中医基础理论 歌诀便记口袋书」という薄い本です(笑)。

中医基礎理論の復習を兼ねて、再度読み直しています。これはウェブページの中医基礎理論で紹介しているのですが、暗記のための短い歌が載っていて、前は中国語で歌なんてと思って全然興味を持っていませんでした・・・。

しかし、よく見るとやはり簡潔に歌にしてあるので、知識の整理にはもってこいです。

140ページほどの本なので、目標は2、3日で読み終わることです。

さあ、今日からがんばるぞ!

あ、最後に本の中に載っている歌を紹介しますね。

心主血脉又藏神, 阳中之阳火为性。

在体合脉其华面, 志喜液汗夏气应。

という感じです。ちゃんと大事なところを網羅してますよね(当たり前か・・・)。

| | コメント (0)

本格漢方

最近、読書の時間が減っています。

とりあえず、6月の認定試験の勉強を始めたのですが、そっちに気を取られると楽しみの読書時間が少なくなってしまいます。

さらに、夕方疲れて帰ってくると本屋さんに寄る元気もない感じ・・・。

今週は、土日が休みだったので、ちょっと気分転換に書店に行くと、朝日新聞出版社から毎年でている「漢方2012 本格漢方」が置いてあるのに気づきました。

去年もその前も買っているので、どうしようかと思ったのですが、こういう雑誌を見て質問されることもあるので、やはり今年も買いました。

この雑誌は、生薬の写真が載っているので、薬膳などに興味がある方にも良いかもしれません。

今年は大学病院が紹介されているのが多いような・・・。

で、内容よりも気になったのは、台湾出身の先生の紹介のページに載っていた本棚の写真(笑)。

ああ、この本、私も持っている・・・、なんて思いながら、最近じっくり中医学の本を読んでいないことを反省しました。

もうすぐ辞める病院の先生に、漢方薬はエビデンスが無いので、保険から外せと言っている方がいます。その方は、アメリカで認可されたものしか認めないという態度です。

科学者として、信頼できるデータを入手し、分析し、有効となる薬を選んでいくことは大事なのですが、まだ解明できていないことも多いはずです。

将来的には、まだキチンと伝えられていない情報を整理して、伝えていく仕事がしたいですね。

そのためには、やっぱり勉強しなければ・・・。

| | コメント (2)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »