« 本の紹介 适用中药保健康シリーズ | トップページ | 本の紹介 黄帝内经十二时辰养生法 »

本の紹介 中医趣谈

ゴールデンウィークは良いお天気に恵まれていますね。

といっても、私は家でのんびり派ですが(笑)。

今はせっせと上海から持ち帰った本を読んでいます。

今日紹介するのは、中医趣谈です。

これは中医に関する小話が集められたものです。

半分くらい読んだのですが、歴史上名医と呼ばれる方のエピソードが集められています。

有名なところでいえば、張仲景が望診で40歳になったら眉毛が抜けて大病で死ぬから今のうちにこの薬を飲めといったのに、その指示に従わず、結果的に40歳になって診断通りになくなってしまう人の話や、病入膏肓の話(病気の王様が夢で2人の子供が名医が来たら追い出されてしまうから、1人は膏にもう1人は肓にかくれようと話しているのを聞き、その通り名医が病気はもう膏肓に入っているので治らないと診断したため、その名医の診断技術の高さに褒美を与えたという話)など、書き出すときりがありません(笑)。

その他に、医師の指示を守らずに子供を危険にさらした話などが書いてあると、病気を治すのは医師だけではなく、患者及びその家族の力が必要だということを改めて感じました。

勉強の合間に、こういう小話を読むとモチベーションが上がるのは私だけでしょうか(笑)。

|

« 本の紹介 适用中药保健康シリーズ | トップページ | 本の紹介 黄帝内经十二时辰养生法 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本の紹介 适用中药保健康シリーズ | トップページ | 本の紹介 黄帝内经十二时辰养生法 »