« 心腎不交の続き | トップページ | 弁証論治 7 »

弁証論治 6

今日は、不眠の肝血不足です。

不眠

肝血不足

症状:寝つきが悪い、夢が多い、驚きやすい、虚労、心悸寝汗、頭目眩暈、咽乾口燥、脈細弦。

治法:養血安神、清熱除煩

方剤:酸棗仁湯

炒酸棗仁15~18g、甘草3g、知母8~10g、茯苓10g、川芎3~5g

|

« 心腎不交の続き | トップページ | 弁証論治 7 »

中医学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 心腎不交の続き | トップページ | 弁証論治 7 »