« 弁証論治 12 | トップページ | ブログお休みしていました。 »

弁証論治 13

本日のお題は、頭痛の風寒頭痛です。

頭痛

風寒頭痛

症状:頭痛が発作したり、治まったりし、痛みは項背部にひびき、悪風畏寒、風に当たると激しくなり、口渇なし、苔が薄白、脈が浮。

治法:疏散風寒

方剤:川芎茶調散加減

川芎、荊芥各120g、白芷、羌活、甘草各60g、細辛30g、防風45g、薄荷240g

粉にして、1日2回、毎回6gを茶とともに服用する。あるいは、原方の比率に従い、適宜加減して湯剤として服用する。

|

« 弁証論治 12 | トップページ | ブログお休みしていました。 »

中医学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 弁証論治 12 | トップページ | ブログお休みしていました。 »