« 一通り終了! | トップページ | 弁証論治 13 »

弁証論治 12

今日のお題は、脇痛の肝陰不足です。

脇痛

肝陰不足

症状:脇にかすかな痛みが長く止まらずに、疲れると酷くなり、口、咽喉の乾燥、心中煩熱、めまい、舌が赤、苔が少ない、脈が細弦、数。

治法:養陰柔肝

方剤:一貫煎

北沙参10g、麦門冬10g、当帰10g、乾地黄30g、枸杞子12g、川楝子5g

|

« 一通り終了! | トップページ | 弁証論治 13 »

中医学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一通り終了! | トップページ | 弁証論治 13 »