« 弁証論治15 | トップページ | 弁証論治17 »

弁証論治16

本日のお題は、水腫の脾陽虚衰(陰水)です。

水腫

脾陽虚衰

症状:体の腫れが腰以下に甚だしく、抑えて陥凹が消えにくく、脘腹脹悶、食欲減退、溏便、顔色萎黄、精神倦怠、四肢の冷え、小便短少、舌質淡、苔白膩あるいは、白滑、脈沈緩あるいは沈弱。

治法:温運脾陽

方剤:実脾散

姜厚朴、白朮、木瓜、木香、草果仁、大腹皮、炮附子、茯苓、炮乾姜 各6g、炙甘草3g、生姜五片、大棗一枚を加えて水で煎じて服用する。

|

« 弁証論治15 | トップページ | 弁証論治17 »

中医学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 弁証論治15 | トップページ | 弁証論治17 »