« 新しい本 | トップページ | 気づいたら。 »

和漢医薬学会

9月1日、2日と和漢医薬学会に参加してきました。

漢方系の学会に出るのはなんとこれが初めてです。

今回は、北里大学で開催されたので、自宅から行けるので助かりました。

個人的には、ランチョンセミナーが2日とも認知症のお話しだったのが印象的でした。

あとは、薬剤師向けのシンポジウムが1日目と2日目にあったのですが、2日目のシンポジウムで北里大学薬学部の漢方系のカリキュラムが紹介されて、やっぱり力の入れどころが違うと思いました。

ついでに、学会に行くとついつい本を買ってしまいますが、今回も新メンバー?がうちの本棚に加わりました(苦笑)。ちゃんと読まないと。本のことはまた改めて紹介します。

最後に、小曽戸先生の特別講演で、私が買おうかどうか悩んだ中国方剤大辞典」の揃いの写真が表示されて、「あー、これも買ってくればよかった・・・。」と自分のうちのスペースや自分の頭の具合も考えずにうらやましいなと思ってしまいました・・・。

でも、学会に行くと疲れますが、モチベーションは上がりますね。

|

« 新しい本 | トップページ | 気づいたら。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
和漢医薬学会って私は全然知らないのですが、
どうでしたか。
楽しかったですか。

今方剤学の改訂作業をしているので
中国方剤大辞典は私もよくお世話になっています。
でも自分では持っていないので
中医研の部屋にあるやつを使っています。
うちも置く場所ないですから(笑)


投稿: パロタン | 2012年9月 3日 (月) 23時29分

パロタンさん、コメントありがとうございます。
和漢医薬学会は今回で29回となるようです。基本コンセプトは「証」という概念ではなく、科学的なデータを積み重ねていこうというものだそうです。

私も今年初めて参加したのですが、大建中湯のアメリカでの臨床試験のお話しや、その他基礎的な話が多く、臨床の話題は少なかったです。あとは、国際化についてのシンポジウムが開催されていました。

方剤辞典、すごいですよね・・・。個人持ちするには勇気とスペースが必要ですね(苦笑)。上海へ行った時に1冊ずつ買ってくるかどうか、悩みは尽きません(笑)。

投稿: まー君 | 2012年9月 4日 (火) 08時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新しい本 | トップページ | 気づいたら。 »