« お腹の風邪 | トップページ | 聴読中国語 »

お薬相談

土日、いとこの結婚式のために、実家に帰ってきました。

受付をお願いされていたので、朝一便で帰り、日曜日の最終便で東京に戻ってきました。

披露宴の後、幼なじみがこれまた入籍するということで、夜はこちらのお祝いに行き、一日中祝杯?を挙げていたような気がします(汗)。

日曜日は、披露宴で会えなかった親戚に挨拶に行くと、行く先々で薬の相談を受けることになりました。

自分が年を取った分、親戚も年齢を重ねているので、まあいろんな質問が出てきます。

1つ気になるのは、もうすぐ80歳になる叔母が、顔がほてり、真っ赤になっています。皮膚科で漢方薬をもらっているけれども、治らないとのこと。

ちなみに使った漢方薬は、黄連解毒湯→加味逍遥散→白虎加人参湯という感じなんだそう。

症状を細かく聞くと、更年期障害のような感じもあります。手足は冷えて、しもやけができています。他には傷が治りにくいとか、とにかく色んな不調ががあるようです。

色々お話しを聞いているうちに、「話を聞いてもらったら、なんだか落ち着いたわ。」ということになり、とりあえず皮膚科の先生には定期的に通って、気長に治療をしていくということになりました。その間に、色々調べていこうと思っています。

それにしても、色々質問されると勉強になりますね。模擬患者?さんが訓練してくれるみたいな感じで、ありがたいです。説明が分からないと、はっきり「わからん!」って言われますし(苦笑)。

|

« お腹の風邪 | トップページ | 聴読中国語 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お腹の風邪 | トップページ | 聴読中国語 »