« 合格しました。 | トップページ | 本の虫復活! »

弁証論治の問題

合格していたということで、ここで国際中医ライセンスの試験について記載しておきます。

中医基礎理論、中医診断学、中薬学、方剤学、中医臨床の5科目はそれぞれ100問のマークシート式になっています。

こちらはほぼ問題集の中から出題されていました。問題集にはそれぞれ500問ずつ問題が載っているのですが、学校から今年の重点として300問の番号が発表されました。

実際に受けてみると、重点の300問以外に、他の200問からも出ていました。問題集以外からの出題は数題にとどまりました。

なので、受験される方は、問題集をしっかりやると良いと思います。

そして、弁証論治は4題出題されます。問題集の最後に50題の証が記載されているのですが、重点の20題が教えてもらえます。

その中から、今回は出ていました。以下の4つの証でした。

咳嗽 痰湿蘊肺証 二陳湯加減

不眠 心腎不交 天王補心丹

泄瀉 脾胃虚弱 参苓白朮散

眩暈 痰濁中阻 半夏白朮天麻湯

学校によって、受験日も異なりますし、対策も違っているのではと思うので、勉強される方はしっかり学校の方と連絡を取ると良いと思います。

|

« 合格しました。 | トップページ | 本の虫復活! »

中医学」カテゴリの記事

コメント

重点!!
なつかしいー!
学期末のテスト前に発表されてました!
もちろん、医師国家試験の前にもなんですが…
国試の方は、弁証論治で「小児科はまず出ないから、まあもし出たとしてらよっぽど運が悪いと思うしかないね」
と言われましたが…
ワタシ、小児の風邪か下痢か?でした(涙)
処方を組み立てるのに、6才児の体重って?薬何gくらい?とか悩みまくりました。
普段から重点はほとんど当てにしていない(信用できない)のですが、自分が子供苦手という事で小児科の弁証論治に関してだけは半分信じてしまったのです。
あれは本当に苦い思い出です~

誰が何の為に重点を発表しているのか?
本当にナゾです。

投稿: tikipon | 2012年12月27日 (木) 22時04分

今子供の受験のために物理を復習しているのですが、
やっぱり齢なので昔のようにはできませんね(笑)
もっとみじかに国際中医師を受ける人がいれば
勉強するかもしれませんが、なんかこのままの
ような気がします。
国際薬膳師の資格を持っている人はいるので
まずは薬膳師をめざすかも?
あ、来月も薬膳スイーツ食べにいきたいです。

投稿: パロタン | 2012年12月27日 (木) 22時42分

tikiponさん、おはようございます。
上海の大学時代は、学生が先生に重点は?と質問して、授業中に先生が重点を発表していました。
そのために問題集を買わされたことも・・・。
その時は、ほぼ重点から出ていたので、こんなのでいいのかなと思ったのですが、今回の試験では助けられました(笑)。
でも、もう試験はいいです(苦笑)。

投稿: まー君 | 2012年12月29日 (土) 06時51分

パロタンさん、コメントありがとうございます。
物理ですか・・・。私は大学時代に唯一落とした科目が物理でした(泣)。今でもトラウマです。
薬膳、美味しいし、勉強すると楽しいですよね。
私は、試験はもういいので、地道に勉強しようと思っています。
上海中医薬大学では、短期の講座をやっているようなので、もし興味があったらチェックしてみてくださいね。調理実習?みたいなものもあるようです。

投稿: まー君 | 2012年12月29日 (土) 06時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 合格しました。 | トップページ | 本の虫復活! »