« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月の3件の記事

志村ふくみさん

今週のプロフェッショナル仕事の流儀の主役、志村ふくみさん。

以前、ちくま文庫の「色を奏でる」という本を読んでから、とても気になる存在でした。

自分で勝手に思っているのですが、草木染と漢方って植物を使うということが共通していて仲間のような気がしています。

番組の中では、桜の枝で染めたものが思った色にでなかったこと、藍染などが紹介されていました。これも自然を相手にしている仕事だからでしょう。

恐らく、毎回毎回、染まり方も違うのでしょう。今度はどうなるかと思いながら作業をするのではと思います。だから年齢を重ねても、続けていけるのではないでしょうか。

ちなみに、このちくま文庫の本、写真も豊富でとってもきれいな本です。是非、手に取ってもらいたいと思います。

| | コメント (0)

言葉を選ぶ

最近、中医学以外の話題が多いのですが、今日も別の話題です。

今、薬局の仕事以外にやっているのが、他の方の翻訳原稿をチェックする仕事です。

この仕事をすると、「次はこうやって訳せばいいんだ」という自分の勉強になるので、なるだけ受けるようにしています。

とはいっても、お金をもらってする仕事ですので、きちんと正しい意味になっているかどうかを確認しなければなりません。

幸いなことに、医学的知識はあるし、製薬会社で働いていたので、薬の開発に関連する知識もなんとかなります。

でも、難しいんですよね。文章には、それを書いた人の感性が宿っているので、それを尊重しつつも、もっと分かりやすい表現にならないか、いつも考えています。

そのため、英語、中国語、日本語の本をなるだけたくさん読むようにしています。

自分の中にたくさんの言葉を持っていたら、選択肢も広がりますからね。

あとは、たくさん書くことでしょうか?

ということで、勉強を兼ねてブログの更新頻度も上げたいと思います。なんせ、毎日パソコンは開いていますから(笑)。

最近は、コミュニケーションに関する本も色々と出ているので、それも物色する予定です。なんだかやりたいことが多すぎて、ああ、1日が30時間くらいあればいいのに・・・。

| | コメント (2)

気づいたら!

気づいたら、前回の記事から約1か月経ってしまいました。

前回は、ちょうど副業の締切が終わって、ほっと一息ついてから、その後また次の仕事が入り、ゴールデンウィークは研修が入ったりと、なんだかあっという間に過ぎてしまいました。

じゃあ、この1か月に何をしたかというと、読みかけの中医学の本はなんとか読み終わり、今は黄帝内経を基にした24時間の過ごし方の本を読んでいます。

今週月曜日から、薬局に11週間実習予定の学生さんが2人やってきました。色々と面倒をみる役目になったので、気が抜けない毎日になりそうです・・・。

その他にもろもろと公表できない愚痴の数々があるのですが(笑)、まあここらで気分を切り替えて行こうかと思っています。

6月はイベントがあるので、楽しく迎えるためにも、5月はせっせと働きます(笑)。

| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »