カテゴリー「グルメ・クッキング」の7件の記事

はまっています。

ただいまはまっているもの、それは「オクラチップス」です。

これ、うちの薬局長が乾きもの屋さんでみつけてきたのですが、オクラを素揚げして塩と麦芽糖でちょこっと味付けをしたものです。

外はカリカリなのですが、かむとオクラ特有の粘りが感じられます。甘さも塩も控えめです。

味見させてもらったのですが、とっても気に入ってしまい、お店を教えてもらって早速買いに行きました。

でも、売り切れだったんですね。残念すぎて、速攻で薬局長にメールをしてしまいました。

そしたら、うちの薬局長がお得意様だったらしく、お取り寄せをお願いしてくれて、次の日に無事購入できました。

ついでに、ミックスナッツ、ゴーヤチップス、かぼちゃの種、干しあんずなど色んなものを買い込み、おやつが充実しています(笑)。

でも、そのままにしておくと、ずーっと食べ続けるので、カフェオレボオルにそれぞれ少しずつ入れて、1日分のおやつの目安にしています。

今回は買わなかったのですが、松の実やなつめ、干しいちじくなどもあり、お気に入りのお店になりそうです。

しばらくは、自然派?おやつをお供にパソコンに向かう日々が続きます(笑)。

| | コメント (0)

切干大根

小さい頃からよく食べています。切干大根。

スーパーで見かけるパックされた切干大根は宮崎産が多いと思います。

が、なんだかちょっと茶色っぽかったり、量がちょっとしか入っていなかったりしますよね。

うちは、親戚から干し立て?のフレッシュなものを分けてもらっていて、白くて、戻し時間もほとんどいらないものを使っています。

母からは、冷凍しておけばフレッシュな状態が保たれると言われたので、保存バックに入れて冷凍庫で保管しています。

切干大根は冬の寒い時期に作るものなので、今年も1月に出来たてのものを送ってもらいました。

昨日は、買い出し担当の旦那さんが野菜をほとんど買ってきてくれなかったので、家にあったシメジ、にんじんの切れ端、切干大根、金針菜の戻したものを炒めて、きんぴら?にしました。

出しになるものを少し入れたかったので、これまた残っていたチャーシューの切れ端を刻んで入れてみました。

普通は、金針菜を食べない旦那さんも、切干大根に混ぜたら食べてくれました。

大量に作ったので、今週の常備菜にしたいと思います。

乾燥したての切干大根は、水でさっと戻して、なますにしても美味しいんです。是非、乾燥が進んでいないフレッシュな切干大根が手に入ったら、食べてみてくださいね。

| | コメント (0)

夏メニュー

最近、うちの食卓によく登場するのが、豚肉の冷しゃぶです。

特に、旦那さんがはまっていて、一週間に一度は作っています。

今日も冷しゃぶを作りながら、サブのおかずをどうしようと考えた結果、以下のメニューになりました。

冷しゃぶ:豚肉、レタス、大根

トマトと卵のスープ:トマト、卵、香菜

ゆでとうもろこし:とうもろこし

夏の体を冷やして、いたわってくれるものを多く取り入れました。

ちなみにこれは旦那さんメニューです。

私は、冷しゃぶではなく、豚肉、金針菜、黒きくらげ、ニンジンを使った炒め物です。

というのも、血虚らしき症状がでているんですね。汗と血も同源といいますから、気温が高めでさらに気虚の私は知らないうちに血虚になってきているのかもしれません。早めに対処しておかなければと思い、別メニューにしてみました。

夏はできればあまり火を使わない料理にしたいと思い、冷奴とか酢の物とかになってしまうのですが、やはり冷たいもののとりすぎは脾胃を傷めますので、ほどほどにしましょう。

| | コメント (0)

美味しいご飯

昨日は、上海の中国語学校で一緒に勉強したお友達が一時帰国したのにあわせて、先に帰国した人を誘い合わせてご飯を食べに行ってきました。

行ったのは、三井ガーデンホテルのランチビュッフェ。

メインはパスタ2品、お魚料理から1品を選ぶのですが、前菜とデザートはビュッフェになっています。

この前菜がもう、お野菜満載でとっても美味しかったです。とくに、ジャンボマッシュルームを鉄板焼にしたものをサーブしてくれるのですが、こんなにマッシュルームが美味しかったのかと思いました。

あと、めずらしいところでは、うるいというお野菜がサラダバーのコーナーにあって、初めて生で食べました。ねばりがあって美味しかったですよ。あとアフリカ?原産の見た感じはアロエに似てるのですが、噛むとさくっとして塩味がするお野菜もいただきました。

デザートはちょっと甘めだったのですが、すべて1口サイズになっていて、丁度良かったです。胡桃のスコーンがお気に入りhappy01

2時間といわれていたのですが、3時間近くおしゃべりして(お店の方からは何もいわれくて・・・、居座ってごめんなさい)、それでもまだ足りなくて、場所を移しておしゃべりをして、夕方に解散。

上海に行かなかったら、絶対ご縁が無かったお友達とこんな風にお付き合いが続いていくのは本当にうれしいですね。

お料理も美味しかったのですが、お友達とおしゃべりしながら食べるのと美味しさ倍増になったかも。

で、昨日は食べ過ぎたので、今日はちょっとお食事の量を抑えていますcoldsweats01

| | コメント (0)

サムゲタン

昨日は本当にどんよりして寒い1日でした。温かいものが美味しい季節ですね。

そこで、来週からの試験ウィークにも備えて、今日はお友達と古北エリアにお買い物&サムゲタンを食べに行ってきました。

まずは、真珠城と呼ばれるアクセサリーを売っているお店へGOdash

あんまり早すぎて、お目当てのお店はまだ開店していませんでした(笑)。

そこで、ふらふら他のお店を見ていたら、UGGっていうんですか、中に毛が張ってあるブーツを売っているお店があって(もちろん偽物・・・)、2人で値切ってお買い上げしました。

これで、冬も万全です。

それから、アクセサリーのお店に戻ると、他のお店は空いているのに、まだ閉店中・・・。

しばらく待つと老板娘(オーナー)がやってきました。

友達の欲しいものが品切れだったので、注文して届けてもらうことに。

そして、今日のメインのサムゲタンのお店へGOdash

2人で1つ注文し、ほかにチャプチェを頼んで待っていると、キムチや小菜が沢山並べられて幸せな気分happy01

サムゲタンもお肉がとろとろに煮えていて、とっても美味しかったです。中に詰められた米もとろっとしていかにもあったまる感じですconfident

床暖房になっていて、居心地もよく、まったりと過ごした後、パン、焼きそばの面、皮付き豚のばら肉(紅焼肉にする用)を買って帰ってきました。

家で鶏肉を煮ても味が抜けてぱさぱさした感じになるので、サムゲタンの秘訣が知りたいです・・・。

で、自分1人美味しいものを食べたので、本当はあまり食欲はないのですがcoldsweats01、今、紅焼肉を作っています。今日は、消化を助けるサンザシとブクリョウを入れて(これはお茶パックに詰めて煮終わったら取り出します)、ついでに気を補うために棗を加えたバージョンです。

皮付きのお肉はしっかり煮えるので、日本でも手に入る場合はそちらで豚の角煮を作ると美味しいと思います。

| | コメント (0)

羊!羊!羊!

昨日は、固い話題だったので、今日は柔らかめな話題をご紹介。

うちは週末はなるべく外食させてもらうことにしていますcoldsweats01

で、いつも行くのは超ローカルな中華料理が多いんです。しかもだいたい昼ごはんを外食にして、夜は家で軽くというパターン。

昨日は、お昼にめずらしく和食を食べて、その後旦那さんは急な用事で会社へrun

そんなわけで、夜は軽く食べようと味噌汁の準備をしてご飯を炊いていたら、帰ってきた旦那さんの挙動がおかしい・・・。

7時ごろ、地図をみていた旦那さま、「ご飯を食べに行こう!」

おお、夜の外食なんて、年に数えるほど。しかもホテルの場所を指差しています。

きゃー、高級中華か?と思い、うきうきで準備して、何気なく、「広東料理?北京ダック?」と聞くと「羊」。

sign02

嫌な予感がしながら、目的地へ向かうと、やっぱりホテルを通過して、地元の人満載の中華料理屋さんへ・・・。

なんでも寧夏料理といって、回族の住む自治区の料理でした。

クコ、棗、香菜の入った羊のスープ、羊の入ったトマト味ちょっと辛めのスープ、チンジャオロースの羊版?を頼みました。お店の人にはあまり辛くしないでと頼んで、待つことしばし。

ん、美味しいhappy01

でもこの日は、外食2回目、しかもご飯の前にビールを2本も開けていたので、さすがの私達もチンジャオロースはちょっと残してしまいました。

ちなみにこの寧夏はクコが特産です。そして、羊は体を温める作用があるので、夏の間は食べるのを禁止していました。

(うちの旦那様、寒がりの暑がり・・・。)

昨日は、夕方、少し秋風が吹いていて肌寒かったので、沢山羊を食べましたが、まあ大丈夫でしょう。

こちらに居て楽しいのは、日本で食べたことのない中華料理が食べられることです。

香菜と羊が大丈夫な方はチャレンジしてみてください、寧夏料理。

| | コメント (0)

いもがら

実家に帰ると、早寝早起きの健康的な生活を送ります。

今日も、朝の8時過ぎには、親戚のおばの家に遊びにGo!

すでにおばちゃんの茶飲み友達も来ていて、麦茶を飲みながら今年の新米の出来の話を聞きました。

ちなみに、今年の新米、本当に美味しいです。ぴかぴか光って、銀シャリとはこういうことかとつくづく感じています。

ところで、このおばちゃん、畑にいろいろと野菜を植えています。今日は、生のいもがらをもらってきました。

といもの茎というので、じゃがいもやさつまいもの茎をイメージしていたら、トトロが傘にしたような大きな葉をつけた、ふきのような茎でした。(ちなみにといもとは、里芋のことのようでした・・・。)

おばちゃん、酢の物もおいしいけど、缶詰と煮るといいというので、一瞬ツナ缶と煮るのかと思いましたが、鯖の水煮の缶詰でしたcoldsweats01

ということで、早速皮をむいて、水に浸してアクをぬき、サバ缶、醤油、みりん、砂糖、酒を加えて煮ました。

茎の中は、水を吸い上げる導管がたくさん通っているので、結構早く煮あがりました。心配したアクもそれほどきつくなかったです。

ちなみに、ネットでいもがらを調べたら、乾燥したものが主流で、生のものは産地に行かないと手に入らないということで、いなか育ちで良かったと思いました。

まだ、なす、にがうり、さつまいも、えだまめ、みかんなどもあるようで、沢山もらうのはうれしいのですが、お腹がついていきませんcatface

ああ、上海に持って帰りたいです・・・。

そうそう、里芋の茎ということは、中医的には里芋と一緒になるんでしょうかね。

でも中国で見たことないんですよね・・・。

| | コメント (0)